Hatena::Groupbook

gobbledygook@book このページをアンテナに追加 RSSフィード

bookグループに関する意見などは、はてなダイアリーにお願いします。

2007-09-04

[][]『螺旋のプリンセス 1 ぼくと自転車の騎士』 『螺旋のプリンセス 1 ぼくと自転車の騎士』 - gobbledygook@book を含むブックマーク はてなブックマーク - 『螺旋のプリンセス 1 ぼくと自転車の騎士』 - gobbledygook@book

『バイトでウィザード』が打ち切りというか途中で放置されて続編が出て無い状態での新シリーズ開始。

『バイトで〜』の後半に表面化した椎野美由貴の良い所を一切取り払って、癖もアクも無くなってしまい、無味乾燥な一冊が出来上がってしまった様だ。

もしかしたら、DQN的行動と鬱展開がセットになっているのかも知れないので、あまり世間的なウケは少ないかも知れないが、『バイトで〜』以上の鬱展開希望。

2006-08-21

[][][] 2006-08-21 - gobbledygook@book を含むブックマーク

  • こばやしゆうき『純情感情エイリアン 1 地球防衛部と僕と桃先輩』ISBN:404472301X

スニーカーの新人。光画部とSOS団を足して『ゼロの使い魔』風に仕上げると、こうなるんじゃないかと。成田の様なザッピングをやろうとしている様だが、それは完全に失敗。あれは構成力の産物。

一つ一つのシーンはそれなりにいいんだけど、全体としてのクオリティが低いので、そこをなんとかしたなら、そこそこ良さそう。

2006-03-02

[][] 2006-03-02 - gobbledygook@book を含むブックマーク

特殊な趣味に目覚めてしまいそうなシリーズの二冊目。

前回の破壊力は流石に薄れたが、やはり強烈ですな。その反面、暗く救い様の無い設定がどんどん前面に出てきて、個人的にはかなり好みに。つか、一歩間違うとラボの様に化けそうで怖い。

ま、それはおいといて、今回の一番印象的な所は、七夕を巡る解釈の相違。一年に一度しか会えない事を改善しようとしないのは悪だと主張するアイゼルのひたむきさは、一種感動的だ。

まあ、今月末に続きが出る様なので、期待するか。

  • ★★★☆
2004|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|04|05|06|07|
2010|08|09|10|11|12|
2011|01|02|