Hatena::Groupbook

gobbledygook@book このページをアンテナに追加 RSSフィード

bookグループに関する意見などは、はてなダイアリーにお願いします。

2010-09-01

8月の読書メーター
読んだ本の数:20冊
読んだページ数:6448ページ

空色パンデミック3 (ファミ通文庫)空色パンデミック3 (ファミ通文庫)
一巻の内容に二巻でひっくり返し、三巻ではそれもまたひっくり返すとか。途中でこれはやり過ぎじゃねぇーか?と思ったが、ある程度まとめて終わった。しかしだ、メアリーの空想病のパラドクスをコントロール出来るというのは怖すぎる。
読了日:08月30日 著者:本田 誠
“文学少女”見習いの、卒業。 (ファミ通文庫)“文学少女”見習いの、卒業。 (ファミ通文庫)
見習いの卒業に桜の園。ラネーフスカヤと日菜では大きく違うと思いながらも、ラストシーンでの一体感。本編とは全く違う爽快感で〆た。
読了日:08月29日 著者:野村 美月
それがどうしたっ 1 悪魔に憑かれた時の、ステキな対策 (集英社スーパーダッシュ文庫)それがどうしたっ 1 悪魔に憑かれた時の、ステキな対策 (集英社スーパーダッシュ文庫)
悪魔=駄天使というネタは良いのだが、あとが色々致命的。
読了日:08月26日 著者:赤井 紅介
ベン・トー 6 和栗おこわ弁当310円 (集英社スーパーダッシュ文庫)ベン・トー 6 和栗おこわ弁当310円 (集英社スーパーダッシュ文庫)
弁当の旨そうな描写にスーパーでの熱い描写、日常のニヤニヤ描写。三者がこれでもかと詰まってる所にセガ魂まで。
読了日:08月25日 著者:アサウラ
シー・マスト・ダイ (ガガガ文庫)シー・マスト・ダイ (ガガガ文庫)
2/3は映画を意識しすぎた展開とイタタタな文章に幻滅するが、1/3の引っくり返し方はナカナカ。ラノベ的なモノを削ぎ落とした方が良いのかも知れないな。
読了日:08月24日 著者:石川 あまね
ARIEL09 (ソノラマノベルス)ARIEL09 (ソノラマノベルス)
クライマックス直前の本編と、ラスト後のハウザーと岸田博士の話。未来編はダイアナと由貴の話になるかと思ってたんだがなー。
読了日:08月24日 著者:笹本祐一
とある飛空士への恋歌 4 (ガガガ文庫)とある飛空士への恋歌 4 (ガガガ文庫)
表紙のままに主人公とヒロイン覚醒。空戦シーンの出来が今までと段違いに向上。
読了日:08月22日 著者:犬村 小六
氷結鏡界のエデン4  天上旋律 (富士見ファンタジア文庫)氷結鏡界のエデン4 天上旋律 (富士見ファンタジア文庫)
黄昏色との繋がりがちょい露骨でなんだかなー。物語的にはまとまりが出てきたが、文章がドンドン崩壊してきてる。中二はいいけどもう少し何かというか前作の様に時間掛けて欲しい。
読了日:08月20日 著者:細音 啓
本日の騎士ミロク5 (富士見ファンタジア文庫)本日の騎士ミロク5 (富士見ファンタジア文庫)
ゾンビ編というかアンデッド編完結。人との繋がりを重視する田口仙年堂らしい展開にラスト。全体的な話の流れも見えてきたか。
読了日:08月19日 著者:田口 仙年堂
絶対女王にゃー様 3 (ガガガ文庫)絶対女王にゃー様 3 (ガガガ文庫)
素晴らしい。ハッピーエンドはあまり好きじゃないけど、これは良い。これで綺麗に終わりだよね。何かは無いと思いたい。
読了日:08月19日 著者:J・さいろー
末代まで!  LAP3 心霊温泉トレイニング・キャンプ (角川スニーカー文庫)末代まで! LAP3 心霊温泉トレイニング・キャンプ (角川スニーカー文庫)
キャラクタの書き分けが出来てないんじゃない?物語ももう少し絞って書きたいものをハッキリさせないとボケボケで何がなんだか。
読了日:08月18日 著者:猫砂 一平
神の棘 1 (ハヤカワ・ミステリワールド)神の棘 1 (ハヤカワ・ミステリワールド)
須賀しのぶにしては誤字脱字が目立つのが非常に残念。表紙のBL臭さは本編に無い。ナチスとキリスト教の話で引き込まれるが、続編次第といった所か。
読了日:08月15日 著者:須賀 しのぶ
這いよれ!ニャル子さん 5 (GA文庫)這いよれ!ニャル子さん 5 (GA文庫)
最初から最後までネタで埋め尽くす勢い。たこ焼き作ってるルーヒーが何処で絡んでくるかと思ったけど、あれは後処理か。iaiaPadとiaiaPhone欲しい。
読了日:08月12日 著者:逢空 万太
アリスへの決別 (ハヤカワ文庫JA)アリスへの決別 (ハヤカワ文庫JA)
風刺SFをやろうとして殆どの作品が作者の主義主張が強すぎでお話として崩壊してる。最後の一篇だけはマシだけど、神林劣化コピーにしか思えない。なんだかなーという思いが一番強い。
読了日:08月10日 著者:山本弘
クロノ×セクス×コンプレックス〈2〉 (電撃文庫)クロノ×セクス×コンプレックス〈2〉 (電撃文庫)
タイムリープ要素が増大する一方、ミムラの無自覚な誘惑が。お話は、世界改変に繋がりそうな感じ。
読了日:08月08日 著者:壁井 ユカコ
ソードアート・オンライン〈5〉ファントム・パレット (電撃文庫)ソードアート・オンライン〈5〉ファントム・パレット (電撃文庫)
相変わらずというか輪をかけてチート過ぎて一体何がなんだかレベル。パターン化というよりはテンプレート化してる。
読了日:08月07日 著者:川原 礫
マルジナリアの妙薬 ( )マルジナリアの妙薬 ( )
星新一っぽいなぁと思ってたら、物語が読者を発見する?形作る物語になってゆく辺りでやられた気分に。メタな物語がやっぱり上手いんだな。
読了日:08月04日 著者:新城 カズマ
憧憬の先にあるもの (メディアワークス文庫)憧憬の先にあるもの (メディアワークス文庫)
一体何が書きたかったのかさっぱり伝わってこない。展開もこうしたらつまらんよなぁという通りに進んでいく様はどうにもフォローできないか。
読了日:08月03日 著者:水鏡 希人
魔王城五限目 (ファミ通文庫)魔王城五限目 (ファミ通文庫)
田口仙年堂らしいハッピーエンド。もう少し後日談が欲しいかな?と思うぐらいがちょうどいいのかも。
読了日:08月02日 著者:田口 仙年堂
まかでみックス しくすす 名探偵と呼ぶんじゃねえッ! (ファミ通文庫)まかでみックス しくすす 名探偵と呼ぶんじゃねえッ! (ファミ通文庫)
いろいろ伏線を張り巡らせながらも、エロはバカネタで突っ走るのがサクッと読めていつもの榊一郎という印象。
読了日:08月01日 著者:榊 一郎

読書メーター
8月の読書メーター読んだ本の数:20冊読んだページ数:6448ページ空色パンデミック3 (ファミ通文庫)一巻の内容に二巻でひっくり返し、三巻ではそれもまたひっくり返すとか。途中でこれはやり過ぎじゃねぇーか?と思ったが、ある程度まとめて終わった。しかしだ、メアリーの空想病のパラドクスをコントロール出来るというのは怖すぎる。読了日:08月30日 著者:本田 誠“文学少女”見習いの、卒業。 (ファミ通文庫)見習いの卒業に桜の園。ラネーフスカヤと日菜では大きく違うと思いながらも、ラストシーンでの一体感。本編とは全く違う爽快感で〆た。読了日:08月29日 著者:野村 美月それがどうしたっ 1 悪魔に憑かれた時の、ステキな対策 (集英社スーパーダッシュ文庫)悪魔=駄天使というネタは良いのだが、あとが色々致命的。読了日:08月26日 著者:赤井 紅介ベン・トー 6 和栗おこわ弁当310円 (集英社スーパーダッシュ文庫)弁当の旨そうな描写にスーパーでの熱い描写、日常のニヤニヤ描写。三者がこれでもかと詰まってる所にセガ魂まで。読了日:08月25日 著者:アサウラシー・マスト・ダイ (ガガガ文庫)2/3は映画を意識しすぎた展開とイタタタな文章に幻滅するが、1/3の引っくり返し方はナカナカ。ラノベ的なモノを削ぎ落とした方が良いのかも知れないな。読了日:08月24日 著者:石川 あまねARIEL09 (ソノラマノベルス)クライマックス直前の本編と、ラスト後のハウザーと岸田博士の話。未来編はダイアナと由貴の話になるかと思ってたんだがなー。読了日:08月24日 著者:笹本祐一とある飛空士への恋歌 4 (ガガガ文庫)表紙のままに主人公とヒロイン覚醒。空戦シーンの出来が今までと段違いに向上。読了日:08月22日 著者:犬村 小六氷結鏡界のエデン4  天上旋律 (富士見ファンタジア文庫)黄昏色との繋がりがちょい露骨でなんだかなー。物語的にはまとまりが出てきたが、文章がドンドン崩壊してきてる。中二はいいけどもう少し何かというか前作の様に時間掛けて欲しい。 読了日:08月20日 著者:細音 啓本日の騎士ミロク5 (富士見ファンタジア文庫)ゾンビ編というかアンデッド編完結。人との繋がりを重視する田口仙年堂らしい展開にラスト。全体的な話の流れも見えてきたか。読了日:08月19日 著者:田口 仙年堂絶対女王にゃー様 3 (ガガガ文庫)素晴らしい。ハッピーエンドはあまり好きじゃないけど、これは良い。これで綺麗に終わりだよね。何かは無いと思いたい。読了日:08月19日 著者:J・さいろー末代まで!  LAP3 心霊温泉トレイニング・キャンプ (角川スニーカー文庫)キャラクタの書き分けが出来てないんじゃない?物語ももう少し絞って書きたいものをハッキリさせないとボケボケで何がなんだか。読了日:08月18日 著者:猫砂 一平神の棘 1 (ハヤカワ・ミステリワールド)須賀しのぶにしては誤字脱字が目立つのが非常に残念。表紙のBL臭さは本編に無い。ナチスとキリスト教の話で引き込まれるが、続編次第といった所か。読了日:08月15日 著者:須賀 しのぶ這いよれ!ニャル子さん 5 (GA文庫)最初から最後までネタで埋め尽くす勢い。たこ焼き作ってるルーヒーが何処で絡んでくるかと思ったけど、あれは後処理か。iaiaPadとiaiaPhone欲しい。読了日:08月12日 著者:逢空 万太アリスへの決別 (ハヤカワ文庫JA)風刺SFをやろうとして殆どの作品が作者の主義主張が強すぎでお話として崩壊してる。最後の一篇だけはマシだけど、神林劣化コピーにしか思えない。なんだかなーという思いが一番強い。読了日:08月10日 著者:山本弘クロノ×セクス×コンプレックス〈2〉 (電撃文庫)タイムリープ要素が増大する一方、ミムラの無自覚な誘惑が。お話は、世界改変に繋がりそうな感じ。読了日:08月08日 著者:壁井 ユカコソードアート・オンライン〈5〉ファントム・パレット (電撃文庫)相変わらずというか輪をかけてチート過ぎて一体何がなんだかレベル。パターン化というよりはテンプレート化してる。読了日:08月07日 著者:川原 礫マルジナリアの妙薬 ( )星新一っぽいなぁと思ってたら、物語が読者を発見する?形作る物語になってゆく辺りでやられた気分に。メタな物語がやっぱり上手いんだな。読了日:08月04日 著者:新城 カズマ憧憬の先にあるもの (メディアワークス文庫)一体何が書きたかったのかさっぱり伝わってこない。展開もこうしたらつまらんよなぁという通りに進んでいく様はどうにもフォローできないか。読了日:08月03日 著者:水鏡 希人魔王城五限目 (ファミ通文庫)田口仙年堂らしいハッピーエンド。もう少し後日談が欲しいかな?と思うぐらいがちょうどいいのかも。読了日:08月02日 著者:田口 仙年堂まかでみックス しくすす 名探偵と呼ぶんじゃねえッ! (ファミ通文庫)いろいろ伏線を張り巡らせながらも、エロはバカネタで突っ走るのがサクッと読めていつもの榊一郎という印象。読了日:08月01日 著者:榊 一郎読書メーター - gobbledygook@book を含むブックマーク はてなブックマーク - 8月の読書メーター読んだ本の数:20冊読んだページ数:6448ページ空色パンデミック3 (ファミ通文庫)一巻の内容に二巻でひっくり返し、三巻ではそれもまたひっくり返すとか。途中でこれはやり過ぎじゃねぇーか?と思ったが、ある程度まとめて終わった。しかしだ、メアリーの空想病のパラドクスをコントロール出来るというのは怖すぎる。読了日:08月30日 著者:本田 誠“文学少女”見習いの、卒業。 (ファミ通文庫)見習いの卒業に桜の園。ラネーフスカヤと日菜では大きく違うと思いながらも、ラストシーンでの一体感。本編とは全く違う爽快感で〆た。読了日:08月29日 著者:野村 美月それがどうしたっ 1 悪魔に憑かれた時の、ステキな対策 (集英社スーパーダッシュ文庫)悪魔=駄天使というネタは良いのだが、あとが色々致命的。読了日:08月26日 著者:赤井 紅介ベン・トー 6 和栗おこわ弁当310円 (集英社スーパーダッシュ文庫)弁当の旨そうな描写にスーパーでの熱い描写、日常のニヤニヤ描写。三者がこれでもかと詰まってる所にセガ魂まで。読了日:08月25日 著者:アサウラシー・マスト・ダイ (ガガガ文庫)2/3は映画を意識しすぎた展開とイタタタな文章に幻滅するが、1/3の引っくり返し方はナカナカ。ラノベ的なモノを削ぎ落とした方が良いのかも知れないな。読了日:08月24日 著者:石川 あまねARIEL09 (ソノラマノベルス)クライマックス直前の本編と、ラスト後のハウザーと岸田博士の話。未来編はダイアナと由貴の話になるかと思ってたんだがなー。読了日:08月24日 著者:笹本祐一とある飛空士への恋歌 4 (ガガガ文庫)表紙のままに主人公とヒロイン覚醒。空戦シーンの出来が今までと段違いに向上。読了日:08月22日 著者:犬村 小六氷結鏡界のエデン4  天上旋律 (富士見ファンタジア文庫)黄昏色との繋がりがちょい露骨でなんだかなー。物語的にはまとまりが出てきたが、文章がドンドン崩壊してきてる。中二はいいけどもう少し何かというか前作の様に時間掛けて欲しい。 読了日:08月20日 著者:細音 啓本日の騎士ミロク5 (富士見ファンタジア文庫)ゾンビ編というかアンデッド編完結。人との繋がりを重視する田口仙年堂らしい展開にラスト。全体的な話の流れも見えてきたか。読了日:08月19日 著者:田口 仙年堂絶対女王にゃー様 3 (ガガガ文庫)素晴らしい。ハッピーエンドはあまり好きじゃないけど、これは良い。これで綺麗に終わりだよね。何かは無いと思いたい。読了日:08月19日 著者:J・さいろー末代まで!  LAP3 心霊温泉トレイニング・キャンプ (角川スニーカー文庫)キャラクタの書き分けが出来てないんじゃない?物語ももう少し絞って書きたいものをハッキリさせないとボケボケで何がなんだか。読了日:08月18日 著者:猫砂 一平神の棘 1 (ハヤカワ・ミステリワールド)須賀しのぶにしては誤字脱字が目立つのが非常に残念。表紙のBL臭さは本編に無い。ナチスとキリスト教の話で引き込まれるが、続編次第といった所か。読了日:08月15日 著者:須賀 しのぶ這いよれ!ニャル子さん 5 (GA文庫)最初から最後までネタで埋め尽くす勢い。たこ焼き作ってるルーヒーが何処で絡んでくるかと思ったけど、あれは後処理か。iaiaPadとiaiaPhone欲しい。読了日:08月12日 著者:逢空 万太アリスへの決別 (ハヤカワ文庫JA)風刺SFをやろうとして殆どの作品が作者の主義主張が強すぎでお話として崩壊してる。最後の一篇だけはマシだけど、神林劣化コピーにしか思えない。なんだかなーという思いが一番強い。読了日:08月10日 著者:山本弘クロノ×セクス×コンプレックス〈2〉 (電撃文庫)タイムリープ要素が増大する一方、ミムラの無自覚な誘惑が。お話は、世界改変に繋がりそうな感じ。読了日:08月08日 著者:壁井 ユカコソードアート・オンライン〈5〉ファントム・パレット (電撃文庫)相変わらずというか輪をかけてチート過ぎて一体何がなんだかレベル。パターン化というよりはテンプレート化してる。読了日:08月07日 著者:川原 礫マルジナリアの妙薬 ( )星新一っぽいなぁと思ってたら、物語が読者を発見する?形作る物語になってゆく辺りでやられた気分に。メタな物語がやっぱり上手いんだな。読了日:08月04日 著者:新城 カズマ憧憬の先にあるもの (メディアワークス文庫)一体何が書きたかったのかさっぱり伝わってこない。展開もこうしたらつまらんよなぁという通りに進んでいく様はどうにもフォローできないか。読了日:08月03日 著者:水鏡 希人魔王城五限目 (ファミ通文庫)田口仙年堂らしいハッピーエンド。もう少し後日談が欲しいかな?と思うぐらいがちょうどいいのかも。読了日:08月02日 著者:田口 仙年堂まかでみックス しくすす 名探偵と呼ぶんじゃねえッ! (ファミ通文庫)いろいろ伏線を張り巡らせながらも、エロはバカネタで突っ走るのがサクッと読めていつもの榊一郎という印象。読了日:08月01日 著者:榊 一郎読書メーター - gobbledygook@book

2004|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|04|05|06|07|
2010|08|09|10|11|12|
2011|01|02|