Hatena::Groupbook

gobbledygook@book このページをアンテナに追加 RSSフィード

bookグループに関する意見などは、はてなダイアリーにお願いします。

2010-08-10

7月の読書メーター 7月の読書メーター - gobbledygook@book を含むブックマーク はてなブックマーク - 7月の読書メーター - gobbledygook@book

読んだ本の数:10冊
読んだページ数:3600ページ

アンチ・マジカル ~魔法少女禁止法~ (一迅社文庫 い)アンチ・マジカル ~魔法少女禁止法~ (一迅社文庫 い)
ウォッチメン+魔法少女で破綻せずにまとまってるという怪作。噂に違わず良い出来でした。
読了日:07月29日 著者:伊藤 ヒロ
蒼路の旅人 (新潮文庫)蒼路の旅人 (新潮文庫)
『精霊の守り人』シリーズの中でも『虚空の旅人』に次いで二冊目になるチャグム主人公の一冊。ファンタジーから歴史絵巻になりチャグムの成長と逡巡がじっくり描かれる。/それにしても周囲の人物やそれを取り巻く世界がそこにあるという描写力はスゴい。/文庫落ち待てるかなあ。
読了日:07月28日 著者:上橋 菜穂子
宇宙のみなしご (角川文庫)宇宙のみなしご (角川文庫)
中高生の夏休みの課題図書という印象がぴったり。柔らかい描写と中学生のもどかしさが非常に良い。
読了日:07月27日 著者:森 絵都
永遠虹路 (メディアワークス文庫)永遠虹路 (メディアワークス文庫)
ヒロインの七虹の半生をその周囲の人物から描く。構成やお話は良いんだけど、前二作に比べると少々インパクトに劣るか。綺麗な話ではあるんだけど、七虹の苦悩の描写が薄く感じるのかも。
読了日:07月27日 著者:綾崎 隼
テルミー きみがやろうとしている事は (集英社スーパーダッシュ文庫)テルミー きみがやろうとしている事は (集英社スーパーダッシュ文庫)
『超人間・岩村』の人。綺麗で感傷的。少し表現で?と思う所もあったけど、三章の『tell me why』はいいねー。宮沢賢治の詩をモチーフにした歌とかもあるけど、綺麗という言葉に尽きる。
読了日:07月26日 著者:滝川 廉治
ザ・ジャグル―汝と共に平和のあらんことを〈4〉 (ハヤカワ文庫JA)ザ・ジャグル―汝と共に平和のあらんことを〈4〉 (ハヤカワ文庫JA)
どうもシリアス展開だと作者の軽妙さが発揮されないのか、読むのにちょっとつっかえる感じが。
読了日:07月25日 著者:榊 一郎
ひとりぼっちの王様とサイドスローのお姫様〈2〉 (メディアワークス文庫)ひとりぼっちの王様とサイドスローのお姫様〈2〉 (メディアワークス文庫)
前作の主人公とヒロインがメインのようでメインではない。ヒロインの親友の蘭の野球をする心と少女の心の揺れ動きがいいねー。
読了日:07月25日 著者:柏葉 空十郎
ゼロの使い魔 19 始祖の円鏡 (MF文庫)ゼロの使い魔 19 始祖の円鏡 (MF文庫)
幸せ製造機とデルフ復活の巻。デレしか残ってない所に火種投入とも。
読了日:07月24日 著者:ヤマグチノボル
ただ、災厄を狩る剣のように ナイツ・オブ・ザ・フリークス first act (ファミ通文庫)ただ、災厄を狩る剣のように ナイツ・オブ・ザ・フリークス first act (ファミ通文庫)
悪い意味で厨二病のテンプレートすぎて、時間の無駄。情動の理由付けも希薄でテンプレート化してるモノの流用っぽい。フォロー不可。
読了日:07月22日 著者:アズサヨシタカ
されど罪人は竜と踊る9 (ガガガ文庫)されど罪人は竜と踊る9 (ガガガ文庫)
ジヴと別れ、アナピヤ無き後、ボロボロになってるかと思いきやなんか表面的には娼婦のお姉さんとくっついたりしてるが突き落とす前振りにしか読めないガユスと意外に人間ぽい面が残ってるパンハイマ。ザッハドの使徒達がわらわらと。ラルゴンキンの皆さんというかジャベイガとかが居ないと全体的に重すぎる。けど前振りなんだよな、多分。
読了日:07月19日 著者:浅井 ラボ

読書メーター

2004|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|04|05|06|07|
2010|08|09|10|11|12|
2011|01|02|