Hatena::Groupbook

gobbledygook@book このページをアンテナに追加 RSSフィード

bookグループに関する意見などは、はてなダイアリーにお願いします。

2008-07-31

[][]『スカイ・クロラ』*1 『スカイ・クロラ』*1 - gobbledygook@book を含むブックマーク はてなブックマーク - 『スカイ・クロラ』*1 - gobbledygook@book

スカイ・クロラ (中公文庫)

スカイ・クロラ (中公文庫)

普段は森博嗣は読まないんだけど、押井で映画化という事だから、一応予習しておいたほうが理解の助けになるだろう的な感じで読んでみた。

映画の予習ということで、押井ならこうするよな、という視点で読みすぎた為か、キルドレの内面とか存在意義とか歴史とかそういう所を重視しすぎた。カンナミ、クサナギの意識の移り変わりなんかは、押井が好きそうなテーマだろうな。

ただ、森博嗣の視点と押井の視点ではかなり違う部分があるだろうから、映画はキツそうだな。エンジンとかの細かな描写は多分ゴッソリ抜け落ちそうだ。まあ、あの描写で何を言ってるのかわかる人のほうが少ないだろうけど。

*1:The Sky Crawlers

2008-07-30

[][]『ギャルゴ!!!!!3 地上最強G級大全』 『ギャルゴ!!!!!3 地上最強G級大全』 - gobbledygook@book を含むブックマーク はてなブックマーク - 『ギャルゴ!!!!!3 地上最強G級大全』 - gobbledygook@book

ギャルゴ!!!!!3 地上最強G級大全 (MF文庫J)

ギャルゴ!!!!!3 地上最強G級大全 (MF文庫J)

バカで良いなー。地伝で女性の胸が大きくなる風邪が流行るって、阿呆臭くてその後の展開が想像の範疇である意味ハズレ無しか。ラスボスっぽく思わせてる人がそのままラスボスなのかな?そうだと拍子抜けかも知れない。

そういうバカな展開もさる事ながら、妙にかま子が可愛く書かれてるな。喋れないという点と元犬の習性が妙にポイントを押し上げている様だ。

2008-07-29

[][]『神曲奏界ポリフォニカ えきさいと・ぶるう』 『神曲奏界ポリフォニカ えきさいと・ぶるう』 - gobbledygook@book を含むブックマーク はてなブックマーク - 『神曲奏界ポリフォニカ えきさいと・ぶるう』 - gobbledygook@book

所謂『青ポリ』なのかな?

この世界観で寒いコメディーを前面に出してこられると流石に引く。が、シェアードワールドで互いにネタ被りしてるから、読まないとダメな部分があるという罠か。もう一冊は買ってあるから読むが、それでとりあえずはスルーさせてもらおうかな。

最後のシリアス展開がとってつけた感じがするんだけど、築地俊彦じゃあ仕方ないか。

2008-07-28

[][]『生徒会の一存 碧陽学園生徒会議事録1』 『生徒会の一存  碧陽学園生徒会議事録1』 - gobbledygook@book を含むブックマーク はてなブックマーク - 『生徒会の一存  碧陽学園生徒会議事録1』 - gobbledygook@book

噂のグダグダ日常系ライトノベル。ホントにグダグダで生徒会の部屋から全然物語が出て行かないし、メインの五人以外のキャラクタが殆ど出て来ない。何か事件が起る訳でも何かと戦う訳でもラブコメが始まる訳でも無い。(一応ラブコメ路線は残っているかも知れないが。)ホントに五人が生徒会の部屋でグダグダダラダラだべっているだけ。やったもん勝ちな気がするが、面白かった。

[][]『めしあのいちにち』 『めしあのいちにち』 - gobbledygook@book を含むブックマーク はてなブックマーク - 『めしあのいちにち』 - gobbledygook@book

めしあのいちにち (電撃文庫)

めしあのいちにち (電撃文庫)

デビュー作の痛々しさに『護くん』のベタ甘な関係を家族視点で導入してみましたが、如何でしょうか的な何か。大きな風呂敷を広げている割にはやってる事がちっこい。

多分続くんだろうが、ちょいキツいかな。

2008-07-25

[][]『CODE-E 遥かなる囁き』 『CODE-E 遥かなる囁き』 - gobbledygook@book を含むブックマーク はてなブックマーク - 『CODE-E 遥かなる囁き』 - gobbledygook@book

CODE-E 遥かなる囁き (ガガガ文庫)

CODE-E 遥かなる囁き (ガガガ文庫)

何かのノベライズらしいが、そんなの全然知らずに購入且つ読了。たまに見掛けるオープニングで結末を描いて、そこに至る過程を描くというパターン。それがスゴく綺麗にハマッてる。ただ、エピローグでヒロインの変貌が激しすぎるから、ちょい面食らう部分がある。

[][]『戦場のエミリー 鉄球姫エミリー第四幕』 『戦場のエミリー 鉄球姫エミリー第四幕』 - gobbledygook@book を含むブックマーク はてなブックマーク - 『戦場のエミリー 鉄球姫エミリー第四幕』 - gobbledygook@book

素晴らし過ぎます。グレンとエミリーの二本立てな主人公が綺麗に確立してる。そっから二人の関係も微妙に思わせつつも、いつものエミリーの口調と素に戻った口調。ツンデレとは何か違う様には思えるが、それに類する何かがある。

しかし、化けた。ドンドン良くなってくるぞ、このシリーズ。

2008-07-24

[][]『灼熱のエスクード 2 LAST STARDUST』 『灼熱のエスクード 2 LAST STARDUST』 - gobbledygook@book を含むブックマーク はてなブックマーク - 『灼熱のエスクード 2 LAST STARDUST』 - gobbledygook@book

イロイロな謎と伏線が一気に解消され、二つのネタが新たに産まれたラストスパート前の準備の様な一冊。全体的な構成も文章も良いんだけど、妙に残らない。そつが無いからかも知れない。榊一郎みたいな上手さとは違うけど、あっさりした感じかな。

[][]『暗く、深い、夜の泉』 『暗く、深い、夜の泉』 - gobbledygook@book を含むブックマーク はてなブックマーク - 『暗く、深い、夜の泉』 - gobbledygook@book

暗く、深い、夜の泉 (一迅社文庫 は 1-2)

暗く、深い、夜の泉 (一迅社文庫 は 1-2)

元はホワイトハートか何かで出てたモノを加筆修正らしい。が、全体的な雰囲気が少女向けホラーな空気をまとっているのは変わってないのかな?ライトノベルとしては意外な終わり方をして先に繋がるみたいだから、ちょい注目しておく。

2008-07-20

[][]『AURA 魔竜院光牙最後の戦い』 『AURA 魔竜院光牙最後の戦い』 - gobbledygook@book を含むブックマーク はてなブックマーク - 『AURA 魔竜院光牙最後の戦い』 - gobbledygook@book

AURA ~魔竜院光牙最後の闘い~ (ガガガ文庫)

AURA ~魔竜院光牙最後の闘い~ (ガガガ文庫)

10ページに一回ぐらいのペースで邪気眼コピペが頭の中を右往左往するぐらい特定層にはダメージがデカいらしいですが、ヒロイン登場直後から厨二病な長門のスレ*1を思い出してしまい、そちらの方でフルフルと悶えながら読み進めてしまった。

そんな感じに読んで行くと、至極真っ当で直球な恋愛モノというラインを思い至らずにサックリ足元を掬われてしまう。つか、ヤラレタ。教室の半数を占める厨二病患者の雑多な雰囲気が物語をダメな内輪受けのライトノベル的なごちゃごちゃした印象を与えるが、中盤のイジメから過去を引摺だしての脅迫、そしてラストの屋上に至るまでの物語は今現在の青春且つ恋愛モノとしてかなりな出来かと。

ラストの〆のダメな大人はある意味自虐と見做して良いのかな?

[][]『武林クロスロード 3』 『武林クロスロード 3』 - gobbledygook@book を含むブックマーク はてなブックマーク - 『武林クロスロード 3』 - gobbledygook@book

武林クロスロード 3 (ガガガ文庫)

武林クロスロード 3 (ガガガ文庫)

武侠モノというかただのエロラノベ。今回もエロエロ。ただ、格闘シーンは上手いんだよな。その辺りのなんとも言えなさがなんとも。

2008-07-18

[][]『晴れた空にくじら 浮船乗りと少女』 『晴れた空にくじら 浮船乗りと少女』 - gobbledygook@book を含むブックマーク はてなブックマーク - 『晴れた空にくじら 浮船乗りと少女』 - gobbledygook@book

晴れた空にくじら 浮船乗りと少女 (GA文庫)

晴れた空にくじら 浮船乗りと少女 (GA文庫)

潜水艦の様な飛行船で冷たい方程式を繰り返す架空戦記っぽい大西科学の新刊。不自由さを残す設定が物語の自由度の足枷になってるが、それ故の物語で充分に元をとってるな。

小型で硬式飛行船な仕組みに出来る訳だから、もう少し"船"的やイメージから自由になれるハズがガチガチに船で固まってるのは、レトロな雰囲気を出す為なのかな?

イロイロ書いたけど、ラストのセーラー服のイラストの為の一冊と言っても間違いではないと思うぞ。

[][][]『ブラック・ラグーン シェイターネ・パーティ』 『ブラック・ラグーン シェイターネ・パーティ』 - gobbledygook@book を含むブックマーク はてなブックマーク - 『ブラック・ラグーン シェイターネ・パーティ』 - gobbledygook@book

ブラック・ラグーン シェイターネ・バーディ (ガガガ文庫)

ブラック・ラグーン シェイターネ・バーディ (ガガガ文庫)

『ブラック・ラグーン』としては初ノベライズ化かな。アニメ化第三部も決まったし。

オリジナルストーリーだけど、無茶苦茶面白かった。レヴィやロックが途中から脇役になっちゃうのは致し方ない。だってバラライカ達の過去に関係する人が張の兄貴の命を狙う訳で、相変わらず二人のかっこよさは異常。

で、敵役。バラライカの過去に関係ある狙撃兵はやたらシリアス。レヴィに執着するブロガーなガンマン。忍者ファルコン。なんと言っても、忍者ファルコン。深夜に読んでて横隔膜が引きつる程笑った。番外編な小説じゃなくて本編に出して欲しいわ、彼。

ナカナカ良いノベライズでした。原作に対する愛があるよ。

2008-07-17

[][]『神曲奏界ポリフォニカ ジェラス・クリムゾン』 『神曲奏界ポリフォニカ ジェラス・クリムゾン』 - gobbledygook@book を含むブックマーク はてなブックマーク - 『神曲奏界ポリフォニカ ジェラス・クリムゾン』 - gobbledygook@book

神曲奏界ポリフォニカ ジェラス・クリムゾン (GA文庫)

神曲奏界ポリフォニカ ジェラス・クリムゾン (GA文庫)

赤ポリ。ダンテの奏始曲の密売やら反精霊組織やら精霊嫌いの学生やらイロイロシリアス展開なファクター目白押しなのに、やたらとコメディーよりになってるのはちょい気にかかるのだが、なんだかんだで読めてしまうクオリティは相変わらず。

やたら分厚い癖に、各所でパラレルで進行する物語の為か、メインの事件が起きる前のちょっとしたトラブルで終わってしまったが、ホントにあと一冊でこの事件が終わるのかな?これ以上に分厚くなりそうな予感。

2008-07-16

[][]『オオカミさんと長ブーツを履いたアニキな猫』 『オオカミさんと長ブーツを履いたアニキな猫』 - gobbledygook@book を含むブックマーク はてなブックマーク - 『オオカミさんと長ブーツを履いたアニキな猫』 - gobbledygook@book

短編集。イロイロあるけど、アリスさんと頭取の話は萌え死ぬかと思った。表題作の長靴を履いた猫のパロは、ストレートな作りだったけど良かったかな。あとはサクッと読んでオシマイ。

2008-07-15

[][]『9S 9』 『9S 9』 - gobbledygook@book を含むブックマーク はてなブックマーク - 『9S 9』 - gobbledygook@book

9S(ナインエス)〈9〉 (電撃文庫)

9S(ナインエス)〈9〉 (電撃文庫)

長かったADEM編もこれで決着。余りに綺麗とは言えない終わり方にちょい唖然。つか、上空を飛ぶ海星にまで深海のメタンハイドレードが気化してメタンガスになり爆発可能な濃度で届く時間がそんなに早いって、イロイロ無理がある。一応魔法じゃないんだから流石にその辺りが引っ掛かる。

最後の最後でギミックが不足してしまった様だが、そんな事は深海で閉じ込められた二人には関係無く、"意識の外"と言うか"世界の外"という概念使いまくりで、怖かったり切なかったり。真耶達や他のラインがかなり放置プレイ状態のまま終わっているので、次はその辺りの回収から始めて欲しいな。

2008-07-14

[][]『輪環の魔導師 3 竜骨の迷宮と黒狼の姫』 『輪環の魔導師 3 竜骨の迷宮と黒狼の姫』 - gobbledygook@book を含むブックマーク はてなブックマーク - 『輪環の魔導師 3 竜骨の迷宮と黒狼の姫』 - gobbledygook@book

いつもの渡瀬節がちょい雰囲気違う。幼馴染みの思わせぶりな謎が何時まで経っても謎なままで、これが何処まで引っ張るんだろうか。まあ、ヤンデレに進む路線はこの作者では無いと思うが、どうなるんだろ。この巻のラストでようやく対立軸がハッキリし始めたな。セロも前面に立ったし。

全体的な破壊力は無いけど、物語としてのクリアランスは相変わらず安定。

2008-07-13

[][]『シフト 2 -世界はクリアを待っている-』 『シフト 2 -世界はクリアを待っている-』 - gobbledygook@book を含むブックマーク はてなブックマーク - 『シフト 2 -世界はクリアを待っている-』 - gobbledygook@book

シフト〈2〉世界はクリアを待っている (電撃文庫)

シフト〈2〉世界はクリアを待っている (電撃文庫)

この巻ではシフトしている世界というより現実世界に強く結びつきを感じたな。二重に物語を語るのではなく、なんというか捩れの様な構造?で微妙にどっちつかずな感じだな。それが狙いなのか。

セラがメインな雰囲気もラケルが主役な感じももう一歩なんだよな。それでいて、次からはまた主人公が変わるとか。少し足りないぐらいのもどかしさが物語の不透明感を増している。このもどかしさが後に解消される事を望む。

2008-07-11

[][]『きみとぼくが壊した世界』 『きみとぼくが壊した世界』 - gobbledygook@book を含むブックマーク はてなブックマーク - 『きみとぼくが壊した世界』 - gobbledygook@book

きみとぼくが壊した世界 (講談社ノベルス)

きみとぼくが壊した世界 (講談社ノベルス)

メタとネタで作者本人が日常系スピンアウト二次小説を書いちゃいました的な何か。批評を皮肉ったりとかライトノベルに冷たく当ったりとシニカルな雰囲気を漂わせてるつもりが、滑るすべる。それに折角の病院坂黒猫というキャラクタをなんという勿体ない使い方だ。

個人的にもう西尾維新は良いかな。メタなネタでくすりとも鼻でも笑えないし、ドン引きする訳でも無いってかなりな事だし。要するに無理。

2008-07-10

[][]『<本の姫>は謳う 3』 『<本の姫>は謳う 3』 - gobbledygook@book を含むブックマーク はてなブックマーク - 『<本の姫>は謳う 3』 - gobbledygook@book

“本の姫”は謳う〈3〉 (C・NOVELSファンタジア)

“本の姫”は謳う〈3〉 (C・NOVELSファンタジア)

バラバラに流れていた物語が次第に現在のあり様にあった形に流れつつある三巻。悔しいけど、物語が予想を越えて展開し、且つ面白い。起承転結の転に当るだけあって、イロイロラストスパートに向けて足場を堅め直した感じがある。

一つ違和感があるのが、セラが喋れる様になったら、何かキャラクタが変わってしまった様に感じるんだけどな。

で、次は何時出るんだ。

2008-07-09

[][]『<本の姫>は謳う 2』 『<本の姫>は謳う 2』 - gobbledygook@book を含むブックマーク はてなブックマーク - 『<本の姫>は謳う 2』 - gobbledygook@book

“本の姫”は謳う〈2〉 (C・NOVELSファンタジア)

“本の姫”は謳う〈2〉 (C・NOVELSファンタジア)

一巻では二本の時間軸が流れていたが、二巻では三本の時間軸が平行に流れている。その一つ一つが示唆に富み、相互に影響してるんじゃないかと思わせる部分が小憎らしい演出だ。

ただ、一巻の時もそうだが、何でここで終わるんだ?的な感じ。三つの物語を平均に流してるから、やはり全部の区切りが良い所は難しいか。

2008-07-08

[][]『<本の姫>は謳う 1』 『<本の姫>は謳う 1』 - gobbledygook@book を含むブックマーク はてなブックマーク - 『<本の姫>は謳う 1』 - gobbledygook@book

“本の姫”は謳う〈1〉 (C・NOVELSファンタジア)

“本の姫”は謳う〈1〉 (C・NOVELSファンタジア)

いちせさんとかの評判がナカナカ良さげな雰囲気なので、ちょい手を出してみた。

全体が違う時間軸の二重構造で物語を紡いでゆく。その感じは非常に丁寧で良いのだが、ストーリー自体の進みがちょい遅い感じがする。が、長編の導入部としてはこんな感じかなあ。

二巻に手を出してるが、未だ物語の二重構造はあるけど、何故かピッタリハマり始めてきたから、一巻は完全に導入と考えるしかないかな。

2008-07-03

[][]『レンズと悪魔 8 魔神変光』 『レンズと悪魔 8 魔神変光』 - gobbledygook@book を含むブックマーク はてなブックマーク - 『レンズと悪魔 8 魔神変光』 - gobbledygook@book

JOJO系異能バトルがコテコテのジャンプ系引き伸ばし工作してるとしか思えない"魔神"に対する"鬼神"。一応前々から伏線はあったと言えばあったけど、それは必要な展開なのかな?起承転結の結に向かうと思っていたが、実はまだ転の始めでしか無かったと言えば、その通りなんだけど。

これで三巴な構造の二重構成になって、どう綱引きをして展開してゆくのかは非常に興味を惹く所ではある。

2008-07-02

[][]『空の中』 『空の中』 - gobbledygook@book を含むブックマーク はてなブックマーク - 『空の中』 - gobbledygook@book

空の中 (角川文庫)

空の中 (角川文庫)

メディアワークスハードカバーが角川で文庫落ち。

ライトノベル的に少年少女と一般っぽく二十代の青年技術者と女性戦闘機乗りのペアを担ぎ出してみました的な何か。でも、一般向けじゃない。明らかにライトノベルだ。

ダブル主人公という事だが、結局は立場は違うが何か似てる感じで、物語の振り幅というかスケール感が縮んでる気がするな。大人側をもう少し社会的に束縛してしまえば良かったのに。

全体的な印象はSF的嘘のつき方の下手な笹本が一水的な物語を書いたという感じだ。もう一歩も二歩も踏み込んで書いて欲しかったな。

2008-07-01

[][]『姫宮さんの中の人 5』 『姫宮さんの中の人 5』 - gobbledygook@book を含むブックマーク はてなブックマーク - 『姫宮さんの中の人 5』 - gobbledygook@book

姫宮さんの中の人5 (MF文庫J)

姫宮さんの中の人5 (MF文庫J)

月見草平の三つ目のシリーズの最終巻。ある程度の冊数を書いてて三つ目のシリーズを終わらせたのは、かなり早い方なのかな。結構筆が早い方に思えるし。

で、作者本人も言ってる様に甘アマなハッピーエンド。それが嫌いならこの人のは読むなと言うぐらいだな。

この作者の場合、基本的に世界観とか設定がカッチリ固まってるシリーズばかりの様に思えるから、ある程度のクオリティは確保されていると考えても良いかな。あとは人の内面を抉る様な描写があれば言う事無いんだがな。

2004|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|04|05|06|07|
2010|08|09|10|11|12|
2011|01|02|