Hatena::Groupbook

gobbledygook@book このページをアンテナに追加 RSSフィード

bookグループに関する意見などは、はてなダイアリーにお願いします。

2008-05-30

[][]『神曲奏界ポリフォニカ エターナル・ホワイト』 『神曲奏界ポリフォニカ エターナル・ホワイト』 - gobbledygook@book を含むブックマーク はてなブックマーク - 『神曲奏界ポリフォニカ エターナル・ホワイト』 - gobbledygook@book

『白ポリフォニカ』、所謂過去編。高殿円だから、グロ寄りかコメディー寄りのどちらかかと思ったが、意外にどちらでも無く、サラリと書いている感じ。

過去編というだけあって、榊一郎の書いてる赤ポリに出てくるキャラクタがそのまま出てるな。数百年生きる精霊だから出来る事だが。

眼鏡なメイドが刀を振り回してご主人様が美少女で共依存。色んな意味でガード不能な属性な人がいてもおかしくないが、私はそれらの属性に強い感度が無いから、その辺りはスルー。が、高殿円だから、やはりイロイロ上手いわ。

手持ちで興味を惹かれる新刊無ければ、こちらを読み進めようかな。

2008-05-29

[][]『神曲奏界ポリフォニカ ウェイワード・クリムゾン』 『神曲奏界ポリフォニカ ウェイワード・クリムゾン』 - gobbledygook@book を含むブックマーク はてなブックマーク - 『神曲奏界ポリフォニカ ウェイワード・クリムゾン』 - gobbledygook@book

ようやく『ポリフォニカ』シリーズに手をつけようかと思ったり。

設定自体は短編集の『ま〜ぶる』で理解してるからスムーズに入ってゆけるから構わない。まあ、榊一郎だから一定以上のクオリティがあるし、この辺りの新しい設定の説明とかは上手いな。

物語的には成長物語だが、全体的には世界と舞台の説明がメインで、次から本番かな?

2008-05-28

[][]『ふたかた』 『ふたかた』 - gobbledygook@book を含むブックマーク はてなブックマーク - 『ふたかた』 - gobbledygook@book

ふたかた (一迅社文庫)

ふたかた (一迅社文庫)

新しいライトノベルレーベル立ち上げに何故かじゅぶナイルポルノ作家のわかつきひかるがいる理由がお色気担当かと思ったら、キス迄ですか。後発なのに意外と倫理規定が高そうだ。

話としては不慮の事故で亡くなった双子の姉が弟に乗り移り、イロイロあってミスコンにまで出るとか。ツボを押さえて、そつなく上手いんだけど、それだけかな。特に残らないが、悪くも無い。

2008-05-27

[][][][]『絶対可憐チルドレン THE NOVELS B.A.B.E.L.崩壊』 『絶対可憐チルドレン THE NOVELS B.A.B.E.L.崩壊』 - gobbledygook@book を含むブックマーク はてなブックマーク - 『絶対可憐チルドレン THE NOVELS B.A.B.E.L.崩壊』 - gobbledygook@book

絶対可憐チルドレン・THE NOVELS~B.A.B.E.L.崩壊~ (ガガガ文庫)

絶対可憐チルドレン・THE NOVELS~B.A.B.E.L.崩壊~ (ガガガ文庫)

原作の漫画は一度も読んだ事無い。TVアニメはニコニコでオープニングを観たぐらいで設定も内容も全く知らない状態で、各所の評判に惹かれて読んでみた。

スゴく丁寧な作りに、キチンとまとまった話。これは各所で評判になる訳だ。原作の設定がしっかりしているから、とあとがきで三雲が書いていたが、しっかりした設定に綺麗に話が乗っかれば間違い無いという良い例だ。つか、原作を読んでみようかと思いかけてしまった。

ナカナカ良いノベライズでした。

2008-05-26

[][]『あそびにいくヨ!11 こねこたちのぎんこーごーとー』 『あそびにいくヨ!11 こねこたちのぎんこーごーとー』 - gobbledygook@book を含むブックマーク はてなブックマーク - 『あそびにいくヨ!11 こねこたちのぎんこーごーとー』 - gobbledygook@book

エリス騎央アオイの三角関係は緩やかに続いているが、今回そちらの話はあまり無い。キャーティア側からのトラブルというのが今まで記憶に無いからか、多少違和感を感じてしまったり。最終的にアシストロボの"光になれー"が久々登場でオシマイ。

でも、今回一番気になったのは、キャーティアの社会体制。理想的な社会という事なんだが、停滞するという事。栗本薫の『レダ』とか理想社会の閉塞感はキャーティアの人達から感じられないが、ちょい疑問に思った。思考をある程度社会的に教育でコントロールしてる感じも受ける。恋愛感情とかも希薄になりそうだが、意外に積極的だから、その辺りでトラブル起きないのかな?と思ったりした。

2008-05-25

[][]『ゼロの使い魔 14 水都市の聖女』 『ゼロの使い魔 14 水都市の聖女』 - gobbledygook@book を含むブックマーク はてなブックマーク - 『ゼロの使い魔 14 水都市の聖女』 - gobbledygook@book

前巻ラストで故郷にサイトを送り返したけど、ルイズとサイトの関係はグダグダな展開で、なんだかどうでもよくなってきた。つか、同じ事を繰り返してる気がするんだが。

その代わりに"虚無"とか"始祖"関係は多少話が進んできたから、そちらから話を引っ張ってゆく展開を期待するか。

2008-05-23

[][]『されど罪人は竜と踊る 1 Dance with the Dragons』 『されど罪人は竜と踊る 1 Dance with the Dragons』 - gobbledygook@book を含むブックマーク はてなブックマーク - 『されど罪人は竜と踊る 1 Dance with the Dragons』 - gobbledygook@book

されど罪人は竜と踊る 1 ~Dances with the Dragons~ (ガガガ文庫)

されど罪人は竜と踊る 1 ~Dances with the Dragons~ (ガガガ文庫)

スニーカー時代担当が姿を消したとかイロイロ話題に事欠かないラボたんのガガガ移籍ですが、デビュー作をただ出すんじゃなくて、気合いの入ったリメイクになってる。

新キャラクタとして、新聞記者や塾の生徒が投入されたが、今のところ深く物語に介入してない。が、今後ラボたんの餌食になるんでしょうか。基本的な話は同じだけど、殆どリライトと言って良い感じ。構成も変えてる。過去多くの作家レーベル変えて全く同じモノを出して来たが、これはそれらとは違う。これなら序盤の数冊はリライトして欲しい気もするな。

2008-05-21

[][]『ANGEL+DIVE 1.STARFAKE』 『ANGEL+DIVE 1.STARFAKE』 - gobbledygook@book を含むブックマーク はてなブックマーク - 『ANGEL+DIVE 1.STARFAKE』 - gobbledygook@book

ANGEL+DIVE〈1〉STARFAKE (一迅社文庫)

ANGEL+DIVE〈1〉STARFAKE (一迅社文庫)

スニーカーで『薔薇のマリア』を書いてた人が新レーベル発足の初期にはいったか。MMO的世界感が嫌いで切ってしまったのだが『薔薇のマリア』自体は結構売れてる様な気がしてたのだが、違ったのかな?

学園異能というか現代ファンタジーというかそっち系の様だが、ひたすら人間関係と日常にページを費やす。が、それが良い。物語は辛うじてプロローグが終わった程度だけど、何だかこの続きが読みたい。

2008-05-20

[][][]『僕がなめたいのは、君っ!』 『僕がなめたいのは、君っ!』 - gobbledygook@book を含むブックマーク はてなブックマーク - 『僕がなめたいのは、君っ!』 - gobbledygook@book

僕がなめたいのは、君っ! (ガガガ文庫)

僕がなめたいのは、君っ! (ガガガ文庫)

去年の創刊時の新人の地雷っぷりに泣かされた記憶も癒えぬままに出た今年の新人。

去年よりはマシかと思う。かなりキツい部分は多々あるが、途中からはそこそこの勢いで読み切る事が出来たんだから、去年よりはマシ。が、記憶に残らないな。タイトルのインパクトが一番強いまま、ラストになってしまった。

キャラクタ設定とかは、何処かでみた様な感じで外れは無いが、新鮮味も無い。このままでは次は無いな。

2008-05-19

[][]『アストロノト!3』 『アストロノト!3』 - gobbledygook@book を含むブックマーク はてなブックマーク - 『アストロノト!3』 - gobbledygook@book

アストロノト!3 (MF文庫J)

アストロノト!3 (MF文庫J)

新人のデビューシリーズとしては結構良い線いった気がするが、どんな感じだろうか。

今回の舞台は火星。更に救出ミッション。相変わらず詰め込み過ぎで各所に書き足りない所があるが、概ねこなしてしまった感じがある。三角関係もグダグダと決着したし。

今回ので明らかになったのは、ペンダントは一個しかないって事だ。読み終わった直後「緑ミスリルのペンダントは10年の時の輪の何処で発生したんだ?」と思ったが、そういえば交換してるんだな。これだけ設定にこだわる人がそういう落度は無いか。

一応、次のシリーズも買うかな。

2008-05-16

[][]『突撃彗少女マリア 出撃の章』 『突撃彗少女マリア 出撃の章』 - gobbledygook@book を含むブックマーク はてなブックマーク - 『突撃彗少女マリア 出撃の章』 - gobbledygook@book

突撃彗少女マリア (ガガガ文庫)

突撃彗少女マリア (ガガガ文庫)

日本とその近海のエリアで処女に限り箒に乗って空を飛べる世界。で、海からは巨大な蛸やイセエビが襲ってくる。舞台は南の島の全寮制の女子高。そこに華奢だけどボーイッシュな子が転校生としてやってくる。

詰め込み過ぎだろ。学園モノとしては一通りの伏線はクリアしてるが、設定の謎は殆ど消化しきれてない。これが長く続くモノならこれでも良いが、続いても読むかと言われるとかなり微妙かな。

基本的にコテコテだから、それが好きなら良いかも知れないが。

2008-05-15

[][]『ウェスタディアの双星 2 幸運の女神(?)降臨の章』 『ウェスタディアの双星 2 幸運の女神(?)降臨の章』 - gobbledygook@book を含むブックマーク はてなブックマーク - 『ウェスタディアの双星 2 幸運の女神(?)降臨の章』 - gobbledygook@book

丁寧な作りのスペオペ。一巻と同様、前線の二人組、後衛の大臣と女王を対比させながらやるためか、バランスが取れてる感じがする。

で、初登場の女性キャラクタ。ちょい中途半端な感じがするかな。部下が心酔してる描写や祭り上げてる描写があると良かったかも。

良くも悪くも丁寧過ぎてインパクトに欠けるのが、この人の特徴なのか?これで渡瀬みたいに何か特徴があれば、化けそうな人何だけどな。

2008-05-13

[][]『龍盤七朝 DRAGONBUSTER 01』 『龍盤七朝 DRAGONBUSTER 01』 - gobbledygook@book を含むブックマーク はてなブックマーク - 『龍盤七朝 DRAGONBUSTER 01』 - gobbledygook@book

龍盤七朝 DRAGONBUSTER〈01〉 (電撃文庫)

龍盤七朝 DRAGONBUSTER〈01〉 (電撃文庫)

古代中華風+ボーイミーツガール+武術要素で、まいじゃーの人の言う武侠とは全く違うが、これはこれで。

いつもの秋山らしい切なさ全開にはなって無いが、世界と人間関係の紹介に、話の触り程度の前巻。次でオシマイと言う事だが、期待大。

2008-05-12

[][]『狼と香辛料 8 対立の町(上)』 『狼と香辛料 8 対立の町(上)』 - gobbledygook@book を含むブックマーク はてなブックマーク - 『狼と香辛料 8 対立の町(上)』 - gobbledygook@book

狼と香辛料〈8〉対立の町(上) (電撃文庫)

狼と香辛料〈8〉対立の町(上) (電撃文庫)

故郷に帰る事より、ロレンスと共にいる事を選んだホロ。で、とうに物語としては終わりかけてるんだが、ちっこいの拾って、更に"狼の骨"とか北を思い出すアイテムを投入して命を長らえてる状態だが、何となく息を吹き返してきたかな?

メインのホロとロレンスの掛け合いは既にマンネリ化してしまってる為、本来の経済話で話を盛り上げられるかどうか後半に掛かってくるんだが、そこで色惚けな話を挟む雰囲気。それが続くと流石に寒い気がするんだけど、伏線的には三つか四つぐらいの展開が想像出来てしまうが、それ以外であって欲しい。

2008-05-09

[][]『レンズと悪魔 7 魔神決壊』 『レンズと悪魔 7 魔神決壊』 - gobbledygook@book を含むブックマーク はてなブックマーク - 『レンズと悪魔 7 魔神決壊』 - gobbledygook@book

半ばコメディーよりな中編二本。可もなく不可もなくという微妙な感じになってしまったが、これはエルバが活躍したからそうなるんじゃないかと思ってしまうのはなんでだろ。ハッキリ言うと、もっとテッキやサクラを出して欲しい。

まあ、一応最後までは付き合う予定かな。

2008-05-07

[][]『"文学少女"と神に臨む作家 上』 『"文学少女"と神に臨む作家 上』 - gobbledygook@book を含むブックマーク はてなブックマーク - 『"文学少女"と神に臨む作家 上』 - gobbledygook@book

“文学少女”と神に臨む作家 上 (ファミ通文庫)

“文学少女”と神に臨む作家 上 (ファミ通文庫)

ラストに向けての人間関係総さらえ。遠子が何故心葉のデビュー作の初稿を読んだ事があるのかから始まって、心葉の知らない遠子の生い立ちが明らかになるんだけど、その経過がみんな壊れていて、もうなんだか素晴らしい過ぎるだろ。

心葉に小説を書かせたいという遠子の"思い"に、沢山の人の利害と思惑が絡み合い、もう読み終わった直後に「次は何時だ!」と喚きたくなる程。

ホントに次は何時なんだろ。

2008-05-06

[][]『シアンとマゼンタ 13階段』 『シアンとマゼンタ 13階段』 - gobbledygook@book を含むブックマーク はてなブックマーク - 『シアンとマゼンタ 13階段』 - gobbledygook@book

陰神を祓う力を持つ元気印の剣道娘と陰神を見る事が出来る片目が義眼の女の子ペアの物語。

途中ちょいダレた感じはあったのだけど、何かを抉る感じ展開にドキッとした。が、それよりもこの結末から次が出るのか?この結末自体はアリだと思うんだけど、ここから繋げて『シアンとマゼンタ』という名前でやるというのに驚いた。どうなるか知りたいから次も読まないと。

2008-05-04

[][]『塔の町、あたしたちの街 2』 『塔の町、あたしたちの街 2』 - gobbledygook@book を含むブックマーク はてなブックマーク - 『塔の町、あたしたちの街 2』 - gobbledygook@book

塔の町、あたしたちの街2 (ファミ通文庫)

塔の町、あたしたちの街2 (ファミ通文庫)

なごみと華多奈の関係性が綱引きの様になっていた一巻とは違い、ひたすらなごみ一人に焦点を当てながらも、基本は二人の話。街一個巻き込んでしまったが。皆理とか強いキャラクタもいたが、かなり強引な展開だけど綺麗に終わった。

何だかんだあるけど、何処までもなごみという一人の少女の視点を貫いたのは良かったんじゃ無いかな。

あと、バッドエンドだけど、これはこれで。あそこからグッドエンドは気持ち悪いだろ。

2008-05-02

[][]『スプライトシュピーゲル 4 テンペスト』 『スプライトシュピーゲル 4 テンペスト』 - gobbledygook@book を含むブックマーク はてなブックマーク - 『スプライトシュピーゲル 4 テンペスト』 - gobbledygook@book

先日の『オイレンシュピーゲル』と対になる一冊。こちらは半ばメインが鳳と固定されている感じが強いし、そのキャラクタで『オイレンシュピーゲル』の様に無茶苦茶アツくなる事は少ない。が、雛や乙が空港に向かい、涼月と出合った時のアツさは素晴らしい。乙の言葉を借りれば"ワザモノ"だ。

作中で"世界統一ゲーム"というTRPGをやるんだが、結構面白そうだけど、マスターは難しいだろうし、プレイヤーに関係が如実に現われるだろうな。

あと2冊(という事は自動的に4冊か)でお終いらしいが、必ず最後まで付き合うだろうな。

2004|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|04|05|06|07|
2010|08|09|10|11|12|
2011|01|02|