Hatena::Groupbook

gobbledygook@book このページをアンテナに追加 RSSフィード

bookグループに関する意見などは、はてなダイアリーにお願いします。

2007-09-26

[][][]『鉄球姫エミリー』 『鉄球姫エミリー』 - gobbledygook@book を含むブックマーク はてなブックマーク - 『鉄球姫エミリー』 - gobbledygook@book

鉄球姫エミリー (集英社スーパーダッシュ文庫)

鉄球姫エミリー (集英社スーパーダッシュ文庫)

今年の大賞。主人公のエミリーの無茶苦茶な言動とガチな戦闘描写がかみ合わないし、軽妙なやり取りのハズが、字面が重い漢字を多用しているせいか文章にリズムが無い。あと、一人を24時間護衛するのに、その人数は無い。

とまあ、イロイロあるけど、ガチンコなバカ系か。途中から無闇にアツい展開。破天荒な主人公の言動がほぼ同じペースと言うのが、ただのバカにしか見えないので、たまに女らしくなると落差があって良かったかも?

とりあえず、リズム感が無い文章だよな。

2007-09-25

[][][]『量産型はダテじゃない!』 『量産型はダテじゃない!』 - gobbledygook@book を含むブックマーク はてなブックマーク - 『量産型はダテじゃない!』 - gobbledygook@book

量産型はダテじゃない! (富士見ファンタジア文庫)

量産型はダテじゃない! (富士見ファンタジア文庫)

富士見でなんか賞を採った新人のデビュー作。

無駄にアツくて、カッコいい。つか、気合いと根性でなんとかなっちゃうシステムをAIが使う時点で、イロイロ思う所はあるけど、そんなの無視。飛び道具的な面白さかも知れないが、一応、次回作も要チェック。

でも、下手に次回作に続けるのは良くないかも?

2007-09-22

[][][]『カラブルワールド 緑の闇』 『カラブルワールド 緑の闇』 - gobbledygook@book を含むブックマーク はてなブックマーク - 『カラブルワールド 緑の闇』 - gobbledygook@book

カラブルワールド ~緑の闇~ (ガガガ文庫)

カラブルワールド ~緑の闇~ (ガガガ文庫)

ガガガ文庫の新人と言うと地雷率100%だったけど、ようやく読める代物が出てきた。まあ、スチームパンク的世界観時代背景+異能バトルに分かりやすいキャラクタを配置して、一言で言うと「安定」であまり冒険をしていないのも確か。

でも、途中のグロ描写は結構良かった。多少のコンプレックスを表面化すれば、化けるかも知れない。あと、ひと味何か欲しいのは確か。

一応要観察な新人と言う事で。

2007-09-21

[][]『姫宮さんの中の人 2 夏盛りオレンジシャンプー』 『姫宮さんの中の人 2 夏盛りオレンジシャンプー』 - gobbledygook@book を含むブックマーク はてなブックマーク - 『姫宮さんの中の人 2 夏盛りオレンジシャンプー』 - gobbledygook@book

ラブコメ的展開からエロゲ的展開にシフトし過ぎな気がする。つか、攻略対象を増やし過ぎ。

  • パーフェクト系(中はロリ)
  • ボクっ娘+幼馴染
  • 無口系(敵)

『カルナ』の頃の緻密さは無いけど、こういう市場があるのも確かだろう。でも、もうちょい落ち着いて書いて欲しいな。

2007-09-20

[][][]『地を駆ける虹』 『地を駆ける虹』 - gobbledygook@book を含むブックマーク はてなブックマーク - 『地を駆ける虹』 - gobbledygook@book

地を駆ける虹 (MF文庫J)

地を駆ける虹 (MF文庫J)

メディアファクトリーの新人。何か賞をとっているみたいだ。

よくあるファンタジーのスタンド系アクションバトルモノ。闘いの途中で能力が目覚めるなんてコテコテ過ぎて呆れる。つか、スタンド系能力の開花が絶望って、手垢がつきまくり。

ま、オリジナリティーの幻想はともかく、もう少し"タメ"が欲しい。孤児院での残虐なシーンはそれなりに良いのだが、それ以前の描写が足りなすぎる。だから"絶望"も薄っぺらい。個々のメンバーに対する描写も序盤に説明口調の紹介があって、チョコチョコ日常に絡んでくるけど、やけに薄い。

メディアファクトリーのページ数制限がアダになってしまったか?次はどうかな?

2007-09-19

[][][][]『らき☆すた らき☆すた殺人事件』 『らき☆すた らき☆すた殺人事件』 - gobbledygook@book を含むブックマーク はてなブックマーク - 『らき☆すた らき☆すた殺人事件』 - gobbledygook@book

らき☆すた―らき☆すた殺人事件 (角川スニーカー文庫)

らき☆すた―らき☆すた殺人事件 (角川スニーカー文庫)

『らき☆すた』のノベライズというか外伝の小説というか。とりあえずカオスという評判だったから読んでみる。

原作のコミックは未読だが、TV版のカオスは十分に表現出来てるんじゃないかな。ミステリとか謎解きとかは意味が無いというかわからない人がいるのだろうかというレベル。

まあ、こんなモノでしょ。

2007-09-18

[][]『嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん 2 善意の指針は悪意』 『嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん 2 善意の指針は悪意』 - gobbledygook@book を含むブックマーク はてなブックマーク - 『嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん 2 善意の指針は悪意』 - gobbledygook@book

新人二冊目。まあヤンデレとか言われてるけど、ただのパロディに墜ちてしまった様な気がしないでもない。今更「インド人を右に」とかリアルタイムでメストを読んでいた世代が喜ぶと思うかな?ネタに走るにしては、早すぎる気がする。

やはり壊れ方が中途半端なんだよな。行為と思考、嗜好と理性、何か一つで良いから突き抜けた壊れ方をしてれば、もう少し私が好きなモノになると思うが、売れるにはこのぐらいが良いのかも知れないが。

2007-09-14

[][]『不確定世界の探偵物語』 『不確定世界の探偵物語』 - gobbledygook@book を含むブックマーク はてなブックマーク - 『不確定世界の探偵物語』 - gobbledygook@book

不確定世界の探偵物語 (創元SF文庫)

不確定世界の探偵物語 (創元SF文庫)

二十年以上前に『SFアドベンチャー』で連載されていたモノの復刊というか文庫化というか。まあ、古典に入れるモノだけど読んだ事が無いモノの一つ。

"ワンダーマシン"というタイムマシンが実用化されていて、それが一人の思惑で運用されている世界というある意味ワンアイデアなSFに、ライトノベル的なキャラクタというか時代的には平井和正的なキャラクタを突っ込んでみたらこうなりますよって感じかな。

"ワンダーマシン"がワイルドカード過ぎて、物語を上手く収束出来て無い短編が数多く見受けられるが、発想は素晴らしかった。でも、今読むとイロイロツッコミ所が多々あるから、どうしたモノかと思ったり。

2007-09-10

[][]『悪魔のミカタ666 3 スコルピオン・デスロック(上)』 『悪魔のミカタ666 3 スコルピオン・デスロック(上)』 - gobbledygook@book を含むブックマーク はてなブックマーク - 『悪魔のミカタ666 3 スコルピオン・デスロック(上)』 - gobbledygook@book

運動会+生徒会会長選の紅白祭の午前の部終了まで。なんとも中途半端な所でぶった切られている感じ。来月後半が出るくらいなら、小編をくっつけて薄っぺらい本を二冊出すより、本編だけで分厚い一冊の方が遥かに良いと思うのだが、まあ来月の後編を読んでみない事には評価保留。

しかし、"熱血化"とはかなり使いやすいシチュエーションを見付けたな。ストーリー的に無理な選択肢も簡単にそれを選ぶ事が出来る。ま、破綻もしやすいけど。

2007-09-06

[][]『疾走する思春期のパラべラム デイドリーム』 『疾走する思春期のパラべラム デイドリーム』 - gobbledygook@book を含むブックマーク はてなブックマーク - 『疾走する思春期のパラべラム デイドリーム』 - gobbledygook@book

疾走する思春期のパラベラム デイドリーム (ファミ通文庫)

疾走する思春期のパラベラム デイドリーム (ファミ通文庫)

疾走感というかスピードが無くなってしまった様だ。全体的に以前に比べれば読みやすくなった代償だろうか。だから、こじんまりした印象を受ける。

もうちょい色んな意味で痛さを前面に出して欲しいかな。

2007-09-04

[][]『螺旋のプリンセス 1 ぼくと自転車の騎士』 『螺旋のプリンセス 1 ぼくと自転車の騎士』 - gobbledygook@book を含むブックマーク はてなブックマーク - 『螺旋のプリンセス 1 ぼくと自転車の騎士』 - gobbledygook@book

『バイトでウィザード』が打ち切りというか途中で放置されて続編が出て無い状態での新シリーズ開始。

『バイトで〜』の後半に表面化した椎野美由貴の良い所を一切取り払って、癖もアクも無くなってしまい、無味乾燥な一冊が出来上がってしまった様だ。

もしかしたら、DQN的行動と鬱展開がセットになっているのかも知れないので、あまり世間的なウケは少ないかも知れないが、『バイトで〜』以上の鬱展開希望。

2007-09-03

[][][]『さちの世界は死んでも廻る』 『さちの世界は死んでも廻る』 - gobbledygook@book を含むブックマーク はてなブックマーク - 『さちの世界は死んでも廻る』 - gobbledygook@book

さちの世界は死んでも廻る (ガガガ文庫)

さちの世界は死んでも廻る (ガガガ文庫)

ガガガの新人=地雷という図式が成立しつつある昨今、読むのは時間の無駄かと思ったのだが、一応新人は読まないとな。

でも、やはりダメだ。一体何がしたいのか何が書きたいのか一向にわからないまま話は続いていき、次第にバトルモノになってしまった時は流石に想像の斜め上過ぎてポカーンとしてしまったが。でも、やはり上手く繋がってない。

「ガガガの新人=地雷」の可能性は否定しないけど点

2004|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|04|05|06|07|
2010|08|09|10|11|12|
2011|01|02|