Hatena::Groupbook

gobbledygook@book このページをアンテナに追加 RSSフィード

bookグループに関する意見などは、はてなダイアリーにお願いします。

2007-08-30

[][]『"文学少女"と慟哭の巡礼者』 『"文学少女"と慟哭の巡礼者』 - gobbledygook@book を含むブックマーク はてなブックマーク - 『"文学少女"と慟哭の巡礼者』 - gobbledygook@book

“文学少女”と慟哭の巡礼者 (ファミ通文庫)

“文学少女”と慟哭の巡礼者 (ファミ通文庫)

今回のモチーフは宮沢賢治の『銀河鉄道の夜』。ジョバンニ視点とカムパネルラ視点の両方までは予想通りだったけど、ブルカニロ博士までは気が回らなかった。だから、壊れ方も予想出来なくて、ラストはゾクゾクした。

やはりコンプレックスとか恨みとか憎しみとか絶望が物語のエッセンスになる『"文学少女"』シリーズは好きだな。

2007-08-29

[][]『ネクラ少女は黒魔法で恋をする 5』 『ネクラ少女は黒魔法で恋をする 5』 - gobbledygook@book を含むブックマーク はてなブックマーク - 『ネクラ少女は黒魔法で恋をする 5』 - gobbledygook@book

ネクラ少女は黒魔法で恋をする5(MF文庫J)

ネクラ少女は黒魔法で恋をする5(MF文庫J)

デビュー作が5冊まで続き完結と言う事は、まあそれなりに売れたと言う事かな。お話的には多少破綻していたし、登場人物に萌え系要素が少なかったが、なんとかなったというか、要するに"非モテ"で"非コミュ"の主人公の痛さが受けた訳かな。

で、三歩進んで、二歩どころか五歩ぐらい下がって、また三歩ぐらいにじり寄る的な"非モテ"で"非コミュ"の主人公が、"モテ"で"コミュ"に変わっていった。物語が進み、段々痛さが消えてゆくにしたがって、キャラクタの求心力が小さくなっていくから、ライトノベルの一要素である"成長"を書く時に"非モテ"で"非コミュ"の主人公は向かないのかも知れないな。

2007-08-28

[][]『ひぐらしのなく頃に 第一話〜鬼隠し編〜(上)』 『ひぐらしのなく頃に 第一話〜鬼隠し編〜(上)』 - gobbledygook@book を含むブックマーク はてなブックマーク - 『ひぐらしのなく頃に 第一話〜鬼隠し編〜(上)』 - gobbledygook@book

ひぐらしのなく頃に 第1話 鬼隠し編 上 (講談社BOX)

ひぐらしのなく頃に 第1話 鬼隠し編 上 (講談社BOX)

有名ヴィジュアルノベルの小説化というとなんだか馬から落馬的な言い回しで変だけど、要するにそういう事。

最近、DVDを借りて観始めたんだが、どうも怖くないし、狂気も伝わってこないんで、どうかな?と思ったら、小説で伝わってこないから、イロイロダメな気がするわ。どうもキャラクタの"欠け"ている部分の見せ方なのか、強調要素がダメなのかはわからん。

が、後輩が貸してくれるかも知れないなら、借りてみようかな、ヴィジュアルノベルの方を。

2007-08-27

[][][][][]『神曲奏界ポリフォニカ ぱれっと』 『神曲奏界ポリフォニカ ぱれっと』 - gobbledygook@book を含むブックマーク はてなブックマーク - 『神曲奏界ポリフォニカ ぱれっと』 - gobbledygook@book

シェアードワールドの短編集。ま、やりたい放題。

浅井ラボ

お目当ての一人。途中から「ガユスの30年後ってこんな感じかな」と思ってしまった。黒さは抑え気味だが、虚無感は相変わらず。

あざの耕平

普通のラノべ

神野オキナ

いつもの悪い癖

三田誠

普通のラノべ

2007-08-25

[][]『戦う司書と虚言者の宴』 『戦う司書と虚言者の宴』 - gobbledygook@book を含むブックマーク はてなブックマーク - 『戦う司書と虚言者の宴』 - gobbledygook@book

魂振の前奏曲 (集英社スーパーダッシュ文庫)

魂振の前奏曲 (集英社スーパーダッシュ文庫)

力無き者が強大な力を持つ者に知恵で勝つには?的な謎解きな一冊。司書側、教団側、そしてオリビアら、全てが面白い。謎と秘密と記憶と策略と想いが錯綜する。

ただ、"天国"に如何なる秘密があろうと、ハミはそれを楽しんでしまうのではないか?と言う点が気になるのだが、それすら押え込む"天国"が如何なるモノなのかが、これからの肝か?

2007-08-24

[][]『ゼロの使い魔 12 妖精達の休日』 『ゼロの使い魔 12 妖精達の休日』 - gobbledygook@book を含むブックマーク はてなブックマーク - 『ゼロの使い魔 12 妖精達の休日』 - gobbledygook@book

事実上エロエロな短編集。つか、二次小説というか、ヤマグチノボル名義じゃなくて山口昇一名義の仕事だよ、これは。MF文庫Jのエロ規制は確かにあまり聴かなかったが、要するに入れなきゃ大丈夫なのか?

とりあえず大暴走しすぎ。物語的には無かった事になりそうな勢い。

2007-08-22

[][]『ロケットガール 4 魔法使いとランデヴー』 『ロケットガール 4 魔法使いとランデヴー』 - gobbledygook@book を含むブックマーク はてなブックマーク - 『ロケットガール 4 魔法使いとランデヴー』 - gobbledygook@book

連載短編が三本に書下し一つの短編集。いつもののじりんだが、書いた年代がかなり違うので、ディティールの違いというか変化は否めない。

最後の書下しに関しては、ちょい頭の中でどんな軌道を描くのかわからんかったから、後で紙に描いてみよう。

2007-08-17

[][]『虐殺器官』 『虐殺器官』 - gobbledygook@book を含むブックマーク はてなブックマーク - 『虐殺器官』 - gobbledygook@book

虐殺器官 (ハヤカワSFシリーズ・Jコレクション)

虐殺器官 (ハヤカワSFシリーズ・Jコレクション)

読み終わった直後に読み直した一冊。理解出来ないとかじゃなくて、面白くて読み直すなんて、無茶苦茶久々な気がする。とりあえず今のところ今年No.1。

ジョン・ポールやルチィアとの会話は神林を彷彿とさせるが、神林とは違い感覚的に感じられる領域であるのも確かにある。つか、私のツボにハマったということか。

心にSFのある人全てにオススメの一冊。

2007-08-16

[][]『狼と香辛料 5』 『狼と香辛料 5』 - gobbledygook@book を含むブックマーク はてなブックマーク - 『狼と香辛料 5』 - gobbledygook@book

狼と香辛料〈5〉 (電撃文庫)

狼と香辛料〈5〉 (電撃文庫)

ホロの故郷近くまで到達しながらも、二人の揺れる恋心と残酷な優しさが互いを傷つけ、再び強く結び付けるラスト間近な一冊。

つか、ホロの可愛さは異常。老獪でわがままで嫉妬深く淋しがり屋で優しい。色んな面が出てくるけど、最終的には一人の臆病で弱い女の子になってしまう。まあ、それで保護されるだけではないのだが。

商売パートの完成度が巻を重ねる度に墜ちて行くのをどうにかして欲しいが、それを望んでいる層は殆どいないのかも知れないと思ったりするのも確かにある。

2007-08-15

[][]『護くんに女神の祝福を! 12』 『護くんに女神の祝福を! 12』 - gobbledygook@book を含むブックマーク はてなブックマーク - 『護くんに女神の祝福を! 12』 - gobbledygook@book

バカップルの甘甘ストーリーも終了。ま、こんなモノだろう。伏線というか条件が沢山あり過ぎて、物語の収束先が読めてしまったのは残念だが。

ちょうど昨日感想書いた『福音の少年』のアナと、このアド・アストラがかなり重なる部分が多い。物語的な結末は違うが、途中の展開も綺麗な相似形を描いていて、主役の少年が頼りないけど秘めたる力があるという一種のパターンなんだろうな。

ただ、番外編でビアトリス誕生編っぽい『銀のマリア』の過去を書いて、このシリーズを終わりにして欲しい。今のままでは中途半端な設定でおわってしまう。

2007-08-14

[][]『福音の少年 闇の王子』 『福音の少年 闇の王子』 - gobbledygook@book を含むブックマーク はてなブックマーク - 『福音の少年 闇の王子』 - gobbledygook@book

エヴァンゲリオンの二次小説『錬金術師ゲンドウ』を元にしたシリーズの第二弾。一巻目と違いここまでは読んで無いからか、それなりに新鮮に読めた。が、各所に伏線的にちりばめられた神話系ネタがほぼ全てわかる為か、展開が読め過ぎるのも事実。

でも、アツい展開であるのは事実か。引き込まれたし。

2007-08-10

[][]『灼眼のシャナ 15』 『灼眼のシャナ 15』 - gobbledygook@book を含むブックマーク はてなブックマーク - 『灼眼のシャナ 15』 - gobbledygook@book

灼眼のシャナ〈15〉 (電撃文庫)

灼眼のシャナ〈15〉 (電撃文庫)

5の倍数だから外伝。

過去の例からすると、外伝の方が面白い、特に先代炎髪灼眼の討ち手マチルダの外伝が素晴らしいのだが、その期待をアッサリ裏切って、ちょいイマイチな出来。"燃え"も"萌え"も半端だな。唯一、吉田さんの死亡フラグが補強された事ぐらいか。

2007-08-09

[][]『とらドラ! 5』 『とらドラ! 5』 - gobbledygook@book を含むブックマーク はてなブックマーク - 『とらドラ! 5』 - gobbledygook@book

とらドラ! (5) (電撃文庫 た 20-8)

とらドラ! (5) (電撃文庫 た 20-8)

大河の父親登場でイロイロあったけど、やはり大河はタイガー。序盤からミスコンまで時折挿入されるシリアス展開が、クライマックスをより一層盛り上げる。つか、ミスコンから福男にかけての盛り上がりは神だろ。流石電撃のラブコメの女王だ。

ま、竜児→みのりんラインもほぼ消えて、竜児→大河フラグがようやく芽吹いて来たかな?と思わなくもない。

2007-08-06

[][]『ガーゴイルおるたなてぃぶ 3』 『ガーゴイルおるたなてぃぶ 3』 - gobbledygook@book を含むブックマーク はてなブックマーク - 『ガーゴイルおるたなてぃぶ 3』 - gobbledygook@book

外伝というより本編では書けなくなってきたアクションを前面に押し出したシリーズになってきたな。

『ガーゴイル』から梨々やデュラハンが名前を出さずに登場したり、本編とのクロスオーバーを匂わせながらも、一応『おるたなてぃぶ』だけのアイテム"ラーの天秤"を軸に再構成しつつあるのかな?まあ、近接戦闘力が飛躍的に伸びたが、あまり主人公的な能力ではない様な気もするが。

そんな事より『コッペ』を出せ。

2007-08-04

[][]『流血女神伝 喪の女王 7』 『流血女神伝 喪の女王 7』 - gobbledygook@book を含むブックマーク はてなブックマーク - 『流血女神伝 喪の女王 7』 - gobbledygook@book

喪の女王〈7〉―流血女神伝 (コバルト文庫)

喪の女王〈7〉―流血女神伝 (コバルト文庫)

カリエを筆頭に、グラーシカ、エド等々の状況が語られる。中でもグラーシカの周囲の話がグッとくる。ま、女性の強い物語ではあるな。しかし、意外に話に登場しなかったラクリゼが影でイロイロ動いている模様。それが次の巻で実を結ぶのかな?

ある意味ジェットコースターの様な物語のクライマックスがどうなるか、次が気になる一冊。

2007-08-02

[][][]『操り世界のエトランジェ 第一幕 糸仕掛けのプロット』 『操り世界のエトランジェ 第一幕 糸仕掛けのプロット』 - gobbledygook@book を含むブックマーク はてなブックマーク - 『操り世界のエトランジェ 第一幕 糸仕掛けのプロット』 - gobbledygook@book

ISBN:9784044731714

スニーカーの奨励賞だったかな?ま、新人。

設定やキャラクタはさほど目新しくは無い。逆に使い古された趣もある。半ば壊れ気味だけど、壊れきれてないキャラクタに少々もどかしさを感じるが、オーラスでひっくり返したか。納得。的が絞りきれてない所には目を瞑るが、ナカナカじゃないかと。

イロイロ足りない所はあるが、もう少し壊れてくれると良いかも。文章がかなりアレな所もあるけど。

2007-08-01

[][]『黄昏色の詩使い 3 アマデウスの詩、謳え負者の王』 『黄昏色の詩使い 3 アマデウスの詩、謳え負者の王』 - gobbledygook@book を含むブックマーク はてなブックマーク - 『黄昏色の詩使い 3 アマデウスの詩、謳え負者の王』 - gobbledygook@book

今年の新人イチオシがまた良いモノを出してくれた。

前回は周囲のキャラを書いたが、今回はメインの二人を軸にしつつも、他のキャラクタがイキイキしてる。

気になる事が無いわけでは無い。強調する為の表現が段々ネタギれに陥りつつあるからか、次第に御大のナリスを思わせる部分がチラホラ。が、まあ、この人がそうなるのは後何十年も先だろうが。

2004|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|04|05|06|07|
2010|08|09|10|11|12|
2011|01|02|