Hatena::Groupbook

gobbledygook@book このページをアンテナに追加 RSSフィード

bookグループに関する意見などは、はてなダイアリーにお願いします。

2005-12-31

[][] 2005-12-31 - gobbledygook@book を含むブックマーク

  • 椎野美由貴『バイトでウィザード 沈めよ恋心、と雨は舞い降りた』ISBN:4044287120

暗くて、どうしようもなく救いのないお話に一直線というか、あの序盤のバカっぷりのかけらもない程の変貌はちょっとどうかと思うが、まあ、暗い話は好きだから良いけどさ。

前回、敵になってしまった元恋人を救ったのだが、取り返しの利かないラインの一歩手前まで傷ついてしまった主人公。辛うじて動けるレベルまで回復した所で、イロイロと。

しかし、そのラストの駆け引きは極悪やな、マジで。でも、この路線で行って欲しいな。

  • ★★★☆

[][] 2005-12-31 - gobbledygook@book を含むブックマーク

すちゃらかバカSFも5巻目。かなり安定して楽しい。今回は特にメタ視点のパロディのキレが良い。

  • ★★★★

2005-12-27

[][] 2005-12-27 - gobbledygook@book を含むブックマーク

  • 月見草平『魔法鍵師カルナの冒険 3 流転の粉』ISBN:4840114722

非常に安定した新人の三冊目。微妙に方向転換したかと思ったが、最後には軌道修正していつも通りに。やはり伏線の回収の仕方とか、ナカナカじゃないかと。でも、盛り上がりのピークが妙に分散してしまった様な感じも少々。

が、そんな事より、この巻には前に手に入れたエクセラの日記に記されたエクセラの本性が所々に挿入され、ちょっとドキっとする仕上がりになっている。

どちらにしても、システィマティックに組み上げた世界は好きだな。

  • ★★★☆

2005-12-26

[][] 2005-12-26 - gobbledygook@book を含むブックマーク

公海上に設置された軌道エレベーターを沖縄の米軍キャンプ内に移動させるという話。

相変わらずの三角関係がバレンタインのイベントをこなして、イロイロ入り乱れて少々ややこやしい状況に。そんな中、上記のおひっこし。やっている事は無茶苦茶だけど、話の筋はしっかりしている辺りは、流石といった所か。

ちょう惜しいのは、沖縄における米軍キャンプの位置がどの辺りなのか、海からの距離はどのくらいなのかがわからん事だ。挿絵で地図ぐらい欲しい所だった。

  • ★★★

2005-12-23

[][] 2005-12-23 - gobbledygook@book を含むブックマーク

未だ妹が決まらんのかー。引っ張り過ぎやで、これは。

とりあえず、紅薔薇妹レースは、ドリルが一歩リードという事か。その裏で三年生の進学や黄薔薇の妹の話や、イロイロと。つか、ドリルの話が宙に浮いたままだ。

で、今回一番驚いたのは、作中に携帯電話が出てきた事だが、その辺りは考証サイトの仕事か。

  • ★★

2005-12-22

[][] 2005-12-22 - gobbledygook@book を含むブックマーク

一水の初期作品の復刊。当時はあまり良い印象を持たなかったというか、読みづらかった記憶がある。

で、何年か振りに読み返すと、所々に奇妙な表現が目に付くモノの、意外に読める。それほど大きく書き直した訳ではないから、一水の文体に私が慣れたという事なのかも知れない。

内容は、変わらず。『回転翼の天使』、『群青神殿』、『第六大陸』に繋がる現場主義の第一冊目らしいいつもの一水。

2005-12-21

[][] 2005-12-21 - gobbledygook@book を含むブックマーク

『電波的な彼女』の雰囲気をそのままで「それなんてエロゲ?」という違和感ありまくり展開なんだが、妙にしっくりくる不思議さ。登場人物の名前は『電波的な彼女』の苗字と被るモノが多いが基本的に別世界?微妙に『戯言シリーズ』っぽさもあるな、これは。

というか、恋に恋する少女が恋を自覚し恋に目覚め、真っ直ぐ突き進むという意味では、ちょう王道なラブストーリーだな。ただ、雰囲気がちょいアレですし、少女の年齢が7歳ではな……。でも、面白い。つか、これはツンデレではないが、こういうパターンって、結構あるよね。

  • ★★★★

2005-12-20

[][] 2005-12-20 - gobbledygook@book を含むブックマーク

復刊第二弾。とはいえ、書き下ろしが30ページ程プラスされて、更に細部がかなり変更されている感じかな。

何処にでもありそうな設定なのだけど、実は誰もやっていなかったし、現時点でも私が知る限りは無いんだよな、このパターン。そこに笹本らしい正義感と悪役の美学が加わってこうなっている訳だ。

今回、微調整をやったけど、後10年後は、ほとんど書き直しになってしまうのかな。

2005-12-19

[][] 2005-12-19 - gobbledygook@book を含むブックマーク

『9S』をロードムービー化というか、超常現象とバトル系をバッサリ切り落としたら、こうなる。良くも悪くも葉山透ですな。

ただ、沖縄を描きたかったのか、二人の関係性を描きたかったのかが、イマイチボケてしまっている様な気がしないでもない。ちょっともどかしいかも。

  • ★★☆

2005-12-16

[][] 2005-12-16 - gobbledygook@book を含むブックマーク

『スカイワード』の次じゃなくて新シリーズを出すハメになってしまった様だ。

で、内容と言えば、(『灼眼のシャナ』+『LOVELESS』)/2という感じ。要するに異能力バトルモノに契約の概念で縛られる力。んー、目新しい所は無い。お話もかなりありきたりかな。

個人的には、『スカイワード』の様に屈折した主人公の方が好きだな。このシリーズの続きは買わない。『スカイワード』出せ。

  • ★☆

2005-12-13

[][] 2005-12-13 - gobbledygook@book を含むブックマーク

番外編で0を付けるパターンですな。つばさとはじめが入れ替わるまでと、二人があまり絡まずに周囲との関係を書いたりと、時間軸が前後している番外編。

特に何かある訳でもないが、普通に良いのではないかな?

  • ★★★

2005-12-12

[][] 2005-12-12 - gobbledygook@book を含むブックマーク

越佐大橋シリーズの完結編の一冊目。相変わらずの成田節で、上巻では話が進まない。まあ、ケリーの「ヒァッハー」があれば、このシリーズは良いんだけど。

どちらにしても、下巻が出るまで評価保留。

2005-12-08

[][] 2005-12-08 - gobbledygook@book を含むブックマーク

タートムとの戦争も終結し、一休みと場面転換の一冊。

ウルクとリセリナの間で揺れるフィリオだが、ようやくその事に理解を示し始め、二人を明確に意識し始める様に。が、その裏で、クラウスとベルナルフォンのニナを巡る会話や、ブラドーとソフィアの不器用な二人やら、それが楽しい。

幕間的な一冊だが、今後の展開に向けて、メビウスというラトロアの敵が出てきたし、やはり安定して面白い。

  • ★★★★

2005-12-06

[][] 2005-12-06 - gobbledygook@book を含むブックマーク

  • 水口敬文『憐 Ren 遠いキモチと風色のソラ』ISBN:4044708045

デビューシリーズが完結。

『時の意思』の支配下から離脱した憐が、未来の世界から完全に決別し、現在の世界で生きて行くという結末。ま、今までの憐の役を眞依を当てはめている所なんかは計画的だな。

最終的に『時の意思』が単なる小悪党の振る舞いになってしまった事は残念だが、概ね及第点じゃなかろうか。ツンデレのデレの始まりで終わっちゃったのは、更に少々残念。

  • ★★★☆

2005-12-05

[]今月の三冊200511 今月の三冊200511 - gobbledygook@book を含むブックマーク はてなブックマーク - 今月の三冊200511 - gobbledygook@book

読んでいる冊数も少ないが、当たりも少ない一ヶ月だったかな?

2004|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|04|05|06|07|
2010|08|09|10|11|12|
2011|01|02|