Hatena::Groupbook

gobbledygook@book このページをアンテナに追加 RSSフィード

bookグループに関する意見などは、はてなダイアリーにお願いします。

2005-08-27

[] 2005-08-27 - gobbledygook@book を含むブックマーク

一水の短編集。というか、こういう形の短編集というのは、初めてじゃないのかな、一水は。

「ギャルナフカの迷宮」

体制の批判をした政治犯を収容する地下迷宮。始めは個々に獣の様な生活をしていたが、段々集団が出来、社会が形成され、最後にそこから脱出する。

と書けば終わりなんだが、疑心暗鬼の集団をまとめあげる処の展開はなかなか。だけど、無理矢理の様なラストの展開は、如何なモノかと。つか、ハッピーエンドに固執する必要性はないよなー。

「老ヴォールの惑星」

極端な環境で発生した知的生命体の進化と衰退?つか、SFだねー。久しぶりに頭の中のSFセンサーが作動した。

でも、ラストがなんか矮小化してしまっている。残念。

「幸せになる箱庭」

F.C.Sとネトゲーを足し合わせたらこうなりました的な感じが少々。ラストの引きは、一水っぽくなくて、なかなか。

「漂った男」

皮肉とブラックジョークの塊と思いきや、なんだあのラストは。つか、藻は前フリじゃないのかよ。

  • ★★★☆

2005-08-26

[] 2005-08-26 - gobbledygook@book を含むブックマーク

お気楽極楽のぬるいファースト・コンタクト・シミュレーションで始まった『あそびにいくヨ!』も、既に7冊目。ま、相変わらずのペースだな。

クーネを始めとするキャーティアの上層部の配慮(思惑?謀略?)により、キャーティアの母艦に、エリス、貴央、アオイを招待して、関係を促進させようという事なんだが、妙にほんわかしたペースで進む為に、三角関係が進行せずに足踏み状態。なんだかなー。

で、今回はアシストロイドの様々なパロディが非常に分かりやすかった。つか、やたら多いな。

  • ★★★☆

2005-08-24

[] 2005-08-24 - gobbledygook@book を含むブックマーク

『ブギー・ポップシリーズ』の中のシリーズというか、番外編的なビートシリーズも完結。

ビートと朝倉が別々に求めて、彷徨い歩くという処まではいいんだけど、再会後の展開が妙にアッサリ。いきなり完全体的な強さと突き放した感情表現。つか、言葉遊びをするタイプじゃないと思っていたのだが、妙にコネ繰り回した感じが。

凪が最後に出て来るが、んー、なんか強引。まあ、本編に戻るのは歓迎だが。

  • ★★

2005-08-11

[] 2005-08-11 - gobbledygook@book を含むブックマーク

クライマックスに向けての上中下の中に当たる六巻。普段は闘真と由宇のコンビがつかず離れずという感じでトラブルに対応するが、今回は奪われた由宇を取り戻すという一点のみを追及した感じかな。その為、漫才のような語り口もないし、妙に恥ずかしい関係も無い。

が、ラスト数ページは、ちょっと来た。今までタメにタメた想いが溢れ出る感じがキタ。謎解きは次の巻で明かされると思うが、再会した時の情景の方が楽しみかも知れない。

  • ★★★★☆

2005-08-09

[] 2005-08-09 - gobbledygook@book を含むブックマーク

  • 日日日『うそつき 〜嘘をつくたびに眺めたくなる月〜』ISBN:4797498226

デビュー後初の書き下ろしと言う事だが、全体的な印象がドンドン落ちて行くというか、新井素子の劣化コピーが純文を目指したけど、結局ラノベになっちゃったっていう感じかな?主人公の女の子に軽い文体でエゲツない事を言わせても、どうも中途半端な感じが抜けなかった。

やはり、彼は上手いのだけど、何も残らないな、私には。

  • ★☆

2005-08-08

[] 2005-08-08 - gobbledygook@book を含むブックマーク

『吉永さんちのガーゴイル』シリーズの田口仙年堂の新シリーズ。第一声はやはりうまい。確かにキャラクターの配置はお約束だけど、それを補って余りある程、キャラクターが生き生きしている。コッペしかり、P子、1号、2号等々。泣かせ所にクライマックス。素晴らしい。

  • ★★★★★

[] 2005-08-08 - gobbledygook@book を含むブックマーク

ま、GONZO作品のノベライズ。非常に視覚的な表現が多く、キャラクターも定番を通り越して、クドイ。つか、もう少し心理描写を入れてくれ。悩み所でいともアッサリ進んで行くと、拍子抜けする。

ちょいキツいかな。

2005-08-04

[] 2005-08-04 - gobbledygook@book を含むブックマーク

短編集。孤独と運命をテーマにしたこのシリーズも、短編になると単なる学園モノになってしまったか。ちょい残念。

でも、それはそれで、憐が嫉妬した所等は、かなりくる。ツンデレ寸前の雰囲気がなかなか良かった。

次回でなんか〆っぽい展開なので、一応次要チェック。

  • ★★★

2005-08-02

[]今月の三冊200507 今月の三冊200507 - gobbledygook@book を含むブックマーク はてなブックマーク - 今月の三冊200507 - gobbledygook@book

先月はダメだ。読んでいる冊数が少ない。

次点で、

少ない割に少々SFに偏っているね、先月は。つか、良かったモノが多かった。

2004|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|04|05|06|07|
2010|08|09|10|11|12|
2011|01|02|