Hatena::Groupbook

gobbledygook@book このページをアンテナに追加 RSSフィード

bookグループに関する意見などは、はてなダイアリーにお願いします。

2005-02-10

[] 2005-02-10 - gobbledygook@book を含むブックマーク

前回はウルクの巻だったので、今回はリセリナの巻かな?と思ったら、ちょい違う方向にお話が展開。つか、御柱の秘密というか、世界の秘密に触れ始めた感じかな。

しかし、やはり渡瀬。幼なじみのウルクの牙城はそう簡単に崩せない。小さい頃にもらったネックレスまで出てくる始末。

反面、リセリナは猫化で抱きつくというイベントがありながらも、150年前の肖像画とか、ちょっと違うかな?

フィリオが北方民族の血を引いている事は確実だし、神鋼の名匠はリセリナ達の製造者、御柱は、時間がずれる。北方民族は、リセリナ達と同類の子孫?等々謎が明らかになるにつれ、SF要素が強くなってきた。

  • ★★★★
2004|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|04|05|06|07|
2010|08|09|10|11|12|
2011|01|02|