Hatena::Groupbook

gobbledygook@book このページをアンテナに追加 RSSフィード

bookグループに関する意見などは、はてなダイアリーにお願いします。

2004-12-30

[] 2004-12-30 - gobbledygook@book を含むブックマーク

私は熱心なミステリ読みではないし、これがミステリとしてどうかなんてはどうでもいいんだけど、小動物が小動物している時もいいが、牙を剥く所はなお良い。

人も死なないし、財宝が盗まれるわけでもなく、極普通の日常が良い。つか、雰囲気が良い。ひどく抑えた表現で淡々としているし。可能なら続編出ないかな。

でも、創元のミステリというイメージからかけ離れてはいると思う。

  • ★★★☆

2004-12-29

[] 2004-12-29 - gobbledygook@book を含むブックマーク

西尾維新っぽさが変な方向に加速したな〜。つか、計算されていない戯言使いという感じか、スベっている箇所が多々ある。下ネタに走るのは、正直負けだと思うが。更に言うと、本になった状態でフォントいじりは最低の部類に入ると思うし、火事の描写でPREで書いた様な図は、文章で表す事を放棄している様に思えて、かなり萎えた。

あと、一人一人のキャラクターに要素を詰め込み過ぎで、その設定の為だけで文章がかさ上げされている感じ。使えていない要素が大半だし。

ともかくもう少しリズム感が欲しい。戯言でブチブチ切れている感じがちょいキツイ。それを考えると西尾維新のキレはナカナカなのかな。

[] 2004-12-29 - gobbledygook@book を含むブックマーク

  • 浅井ラボ『されど罪人は竜と踊る 6 追憶の欠片』ISBN:4044289069

『され竜』短編集の二冊目。

「朱の誓約」

普通の短編。まあ、やるせない感じはあるが、ラボたんにしては大人しい。

「覇者に捧ぐ禍唄」

竜の気高さに縛られたというか内なる規範というか、強者ゆえの弱さというか。逆に弱者の卑劣さとか。ガユスが強者に近い立場にいるから、まありキツくない。

「演算されし想い」

お話の基本はありふれた人工知能モノ。ただカユスが人工知能相手に「心」の定義を話すのだが、私が大学時代にSF研で「人工知能に心は宿るか」というテーマで議論した時とほぼ同じ展開で、ちょい驚いた。つか、私はラボたんと同じ思考をしているのか……。

「打ち捨てられし御手」

ガユスの誘導尋問とその後の展開はラボたんお約束の展開ですな。

「青嵐」

短編集のお約束になりつつある魔法少女ジャベイラにジヴの影に怯えるジャベイラというか多重人格がメインに……。ラルゴンギンとかはカッコいい台詞とかあるのに、ジャベイラが全部持って行っちゃう。でも、ちょい血生臭かったり、精神にダメージがあったりと、コメディータッチでもラボたんはラボたんですな。

  • ★★★★

2004-12-27

[] 2004-12-27 - gobbledygook@book を含むブックマーク

ひたすら「血」にこだわった巻だな。なんて事はない普通の描写なんだが、よーく読むと結構エグイ所が多々ある様な気がしないでもない。でも、それが良い。

  • 「血」を濃縮させる為だけの娼館。
  • シャム双生児
  • エルウィングがセドリックの本当の姉か?正体は?

色々謎を散りばめつつ、セドリックは戦場へ、アンは王宮へ。つか、結構バラバラで行動しているな。

  • ★★★☆

[] 2004-12-27 - gobbledygook@book を含むブックマーク

原作つきの横手美智子はやはり上手い。一応『げんしけん』内での設定は押さえているが、かなり脱線気味か?続く様なので、以後要チェック。

  • ★★★★

2004-12-26

[] 2004-12-26 - gobbledygook@book を含むブックマーク

短編集。いつものメンツ以外がメインとなっているモノが非常に良い。

「静かなる夜のまぼろし」

カニーナのマッチ売りの少女!百合度高し。

「ジョアナ」

瞳子視点の学園祭裏話。百合度低い。

「チョコレートコート」

全くの新キャラによる三角関係。嫉妬の炎が燃え上がる。百合度激高!

「桜組伝説」

お話の中のお話が良いけど、全体としてはインライブラリーにかかるだけのお話。

「図書館の本」

祐巳の母と祥子の母との微妙な関係。これも基本的にはインライブラリーにかかるお話だけど、今までの言動とちょいずれるんだよな。

「インライブラリー」

お話自体はつまらんが、祥子がうたた寝をしていたという一点の為にここまで引っ張るのに少々びっくり。

この中ではやはりチョコレートコートが最高だな。

  • ★★★☆

[] 2004-12-26 - gobbledygook@book を含むブックマーク

ツンデレヒロインがラブコメの王道を突き進むというか落ちるというか。いや、面白い。お約束の対抗馬は、正反対の脱いだらスゴいスタイルに料理が出来て積極的。コテコテの王道だけど、面白い。

お話的には、ルイスが「虚無」の魔法に目覚めて、伝説の使い魔に伝説の魔法が揃った訳で盛り上がってきたのだが、最後には恋愛に突き進んでしまう訳で。

結論。ツンデレが落ちる所は良い。

  • ★★★★☆

2004-12-25

[] 2004-12-25 - gobbledygook@book を含むブックマーク

久々の星界。半ば続きが出る事自体忘れていたが。あまりに久しぶりなので忘れている事が多い。

で、物語のアウトラインがぼやけてなにがなんだか。中途半端な所でブチ切れている割にやたら薄いし。正直、半年後でもいいから、もう少しどうにかならなかったのかと思う。

つか、架空戦記系の私が嫌いな所がなんか露骨に出ていて、かなりゲンナリ。

2004-12-24

[] 2004-12-24 - gobbledygook@book を含むブックマーク

紹介文やあおりを読んだ限りでは、マッチョな神父に拾われた少女という事で『レオン』っぽい印象があったが、意外にほのぼの系がメインで、それがかなり良い。挿入される日記の使われ方も、綺麗にまとまっているし、なかなか。

ホラー要素の「死なない女」「双子」「シスター大野」も非常に良い雰囲気なんだが、ラスト間近の神父のアクションシーンがちょい浮いた感じかな。

でも、全体として非常に良い雰囲気で、以後期待出来る感じですな。

  • ★★★☆

2004-12-23

[] 2004-12-23 - gobbledygook@book を含むブックマーク

繰り返される終わらない悪夢、というか時間。確かにツッコミ所は多いけど、繰り返す時間の中に同行者を持ち込んだのは、かなり大きなポイント。まあ、そのせいで破綻している部分がかなりあるのだが、その辺りは目を瞑ろう。

『よくわかる現代魔法』の時もそうだが、かなり導入が上手い。ただ、今回は殺伐系でなかなか良いかな。時間モノと考えると少々キツイかな。

  • ★★★☆

2004-12-21

[] 2004-12-21 - gobbledygook@book を含むブックマーク

最終巻にて最初に繋がる一冊。で、何というか、この一冊でみるといまいち。シリーズ全体がはじめに結末がありきの構成だから仕方がないのかも知れないが、もう少し何か足りない感じがした。

あと、ジークやノヴィア、レオニス、ドラクロアがメインなら良いんだが、大幅にレティーシャが食ってしまった。つか、大暴走だろ、これは。残りもトールとアリスハートの活躍が目立ってしまい、主役級の面々が霞んでしまった。パラレルに進む所も「なんでこんな構成?」と思わなくもない。

だけど、レティーシャは良いね〜。「ぶ」とか「ヴ」「ふんぐぐぐぐるるるらええががががおん」「むぎ」とかという反面*1、レオニスに向き合って話す時の照れた感じ。個人的にはこの話のヒロイン。

後書きは毎度の事ながらなかなか。やはり冲方は、暴走しているぐらいが丁度良いんじゃないかと思うな。

  • ★★★

*1:いや、これでは訳わからんんて。

2004-12-15

[] 2004-12-15 - gobbledygook@book を含むブックマーク

4Gと5Gを一度に扱う4だけど、実質的な相手は5Gだけ?4Gの「やくそく」も気になるが、基本的に前振りの巻だな〜。

しかしだ、エロイ。川上流に言うならマロい。スレが暴走するのも仕方が無かろう。

  • 評価保留

2004-12-13

[] 2004-12-13 - gobbledygook@book を含むブックマーク

ほぼ完全につなぎの一冊だな。前振りだけで終了。以後次巻。

  • 評価保留

2004-12-12

[] 2004-12-12 - gobbledygook@book を含むブックマーク

二巻終了時からシリアスモードに入ったスカイワード。ギャク要素が全く無いぞ。その辺りが非常に好感が持てる。

親に捨てられた事を再認識せざるをえないアケル。母が父が相次いで亡くなったマリン。疑人としての悲しみを打ち明けるアムレード。前線で散ったユリカ。マゴウを使わざるを得ない敵国将校の過去。そして、避難民を救うために承けてもいない託宣を告げるナナ。

最後のナナ以外、全然救いが無い。だが、それがいい。

禁書目録と比べるといまいち売り上げでは負けているようだが、今年の電撃デビュー組の中では一番じゃないかな〜。

それにしても半年で三冊か。一冊目はともかく年四冊ぐらいのペースで出るのは嬉しいね。

  • ★★★★

2004-12-10

[] 2004-12-10 - gobbledygook@book を含むブックマーク

  • 栗本薫『グイン・サーガ 98 蜃気楼の旅人』ISBN:4150307733
  • ジャンプで強引に次への展開にする様なラゴンとグインの闘い。
  • 足と説明役のウーラとザザ。やたら都合がいいな。
    • イヤ、本当に説明役でしかないザザ。
  • 何もないハズなグル・ヌーの周りで時間潰し。つか、今からまたノスフェラスに舞い戻って謎を説く時間は無いと思うのだが。
    • 記憶が戻りかけなのに、ルーンの聖句を唱えるのは……。
  • 伏線もへったくれもないイシュトとの再会。

まあ、辻褄があっていなかったり、さほど酷い描写は気にならなかったのだが、相手が人外だからかな?

それはともかく、後二冊。腐れトマトとしては、どうしてくれようと思う次第。

  • ★★

[] 2004-12-10 - gobbledygook@book を含むブックマーク

熱々バカップルにふさわしいバレンタインの大騒動。まあ、いつも通り。

  • ★★★☆

2004-12-07

[] 2004-12-07 - gobbledygook@book を含むブックマーク

全体的にこちらの方が完成度が高いような感じを受けるが、第二弾だし正確な比較は出来ないので、それはそれ。

特に面白かったのは、

  • 若手作家インタビュー
    • 特に今年の注目株の田口仙年堂、桜坂洋、沖田雅羽田奈緒子が入っていたし、なかなか新人に紙面を割く事が少ない中、一人一ページは良かった。
  • 少女小説特集
    • インタビューにコラム、年表と非常に読みごたえがある。なかなか。
  • 野田昌宏インタビュー
    • 宇宙軍大元帥のインタビューだ!つか、平井和正について話すのはかなり異例じゃないかな?
  • 私を変えたこの一冊
    • それぞれにそれなりの文字数があるから、面白い。つか、桜庭一樹がティプトリーを挙げたり、川上稔がX68の活用書を挙げたり、思わず肯く選択。
  • ジャンル別良書解説。
    • すごいの方では、本当に読んだ?という解説が多々あったが、納得のいく内容でした。

まあ、どうせ納得のいく内容になる訳がないので、ランキングはあまり興味がないのだが、ベスト20のうち、読んでいるモノが10とかなり少な目なんで、その穴を埋めるかどうか、悩ましい所ではある。

  • ★★★★

2004-12-06

[] 2004-12-06 - gobbledygook@book を含むブックマーク

  • 十文字青『薔薇のマリア 1 夢追い女王は永遠に眠れ』ISBN:4044717715

MMORPG的世界観の小説に当たり無し。というのは言い過ぎだが、限りなく当たりが少ないように思える。これもご多分に漏れずダメな口に思える。というか、読み続けるのがキツイ。何か光る部分があるのかと思って読み進めたが、何も無し。

同一シリーズなら次はないな。新シリーズに期待というか、それを読んでみるしかない。

2004-12-05

[] 2004-12-05 - gobbledygook@book を含むブックマーク

懐かしいですな。一応これでおしまいではないとの事だが、メイの成長物語としてみると、綺麗に終わっている。

これはこれで良いような気がする。が、続けるとなると、メイじゃなくてマージやロイドにスポットを当てたモノなら、読んでみたい気はする。

  • ★★★

2004-12-03

[] 2004-12-03 - gobbledygook@book を含むブックマーク

ちょっとつらいな。つか、コメディー部分はイラネェー。

前半はひたすらつまらない状況説明ばかり。人とロボットの設定も中途半端。だが、一転して後半は人の精神をコントロールしたりする話。なかなか良いんだが、あまりに唐突だし、その行為に至る精神の闇が見えない。つか、薄い。妄執が感じられない。

コメディーを全て消して暗い展開もしっかり書けば、鬱展開で面白くなりそうなキャラクターが多いだけに、次買うかどうか考えてしまう。

  • ★★

2004-12-02

[]今月の三冊200411 今月の三冊200411 - gobbledygook@book を含むブックマーク はてなブックマーク - 今月の三冊200411 - gobbledygook@book

ソノラマ、スーパーダッシュにMF。電撃と富士見以外という珍しいかも知れないセレクトになったかな?

2004|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|04|05|06|07|
2010|08|09|10|11|12|
2011|01|02|