高森太郎の日記。@B-g 本の虫の書庫

 ライトノベルを中心に読む本の虫で専門学生の、書籍に関する日記であります。

 このページについて、about it?を、できましたらはじめにお読みください。はてなアンテナにこのページを追加(ログイン中のみ有効) I-knowへこのページを追加(ログイン中のみ有効)

ご案内

高森太郎の日記」というものもございます。そちらもよろしくおねがいします!
評価について。たぶん一般的な基準と違います。一度読んでいただけるとうれしいです。

日記を絞込み

<< 2006/03 >>
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

2006年03月19日(日曜日)

[][]小野敏洋『ROOTねこねこ』

Rootねこねこ (電撃コミックス)

『ROOTねこねこ』

著/小野敏洋

発行/メディアワークス 電撃コミックス

『ここは、猫が人語を解する世界 かつては魔法文明が栄えていたが、魔法元素が減った今、今は見る影も無い、そんな日本の物語 - イントロダクションより

 サダノブは、旅の猫。 旅の途中で立ち寄った学校で、人間の少女と出会う。 彼女は気持ちよくねていたサダノブを乱暴に起こすと「わたしはネコになりたいの、ネコの国につれてって」「ねぇよそんなもん!」

 そして二人はなんとなく海へ。そこでひとしきり遊んだあと、嵐の夜。 どーんという音に二人は驚き、外にでる。そこには、シーサーペントの子どもが浜に打ち上げられているのを目撃する。

 「助けてあげよう!」そういう少女。そして人々の力をあわせて手を尽くすが……しかし、その甲斐も無く……。そして、夜……

 (第三話 ネコになりたい少女)

 『バーコードファイター『甲殻機神ヤドカリくん』小野敏洋氏、『ネコの王』の番外ストーリー、最新刊! であります。

 主人公はネコ。 そして世界は魔法で栄えた文明のあとに、弱まった魔法のを保管するように生まれた現代社会であります。ネコの王でおなじみの世界でありますな。

 が、ネコの王とは違うのは、あんまりえっちじゃないというところであります。が、これは、なんというかなぁ、旅と出会いがなんともすがすがしく描かれているのであります。

 自分はヤドカリくん、バーコードファイターからの小野敏洋氏のファンでありますが、やっぱり少年誌モードのときの氏の描くさわやかな登場人物と主人公、そして旅の感覚がすばらしくいい! それを改めて感じます。

 自分は数あるポケットモンスターのマンガ版のなかで一番すきなのが、おのとしひろ(ひらがなでした)版のポケットモンスターなのでありますが、そのときに、世界を旅する主人公っていうのが一番描かれていて、すごくよかったんであります。

 一番は、やっぱり主人公がちゃんと「旅になれている」って感じがあることであります。それで、無闇に田舎ばかり旅をさせたりむやみに「旅をしてますよー」といようなシーンを出さない、現代的な、いわば「バックパッカー」みたいな感じがいい。


 それから絵柄。やっぱり小野敏洋氏がかく、現代、ちょっと未来、ちょっと違う世界、っていうのはすっごくバランスがよくって……読者がそういうことを言うのはなんですが……ちゃんと「わかってる」感じがちゃんとあります。

 小野敏洋氏といえば、いわば「上連雀」よりなほうが最近多かったであります。自分はそっちのほうも大好きなんですが……そっちのほう、たとえば、G-onライダースのぱんつはいてないにとことんこだわったときとか、そういうのを主に知っている方でも、小野敏洋氏の絵が好きならば、おすすめしたいです。

 なんていうかなー「甲殻機神ヤドカリくん」の小野敏洋氏が再びっ、という感じなのでありますよ。

評価は10中8.5。えー! 一冊のみかよっ。 残念だ……無理矢理でもいいので続きが読みたい。読みたいー!

 そういえば、復刊.comで甲殻機神ヤドカリくんが100票をついに達成いたしました。祝! というわけで復刊校章開始だそうであります。

 といってもまだまだなので、気になる方は投票をお願いします。

 すでに、原作であるSTUDIO ZODIACの方も同意っていうか応援していたし、小野敏洋氏はすでにバーコードファイターの例があるので、結構とんとん拍子にいくんじゃないかと期待しつつ。期待しつつー! 本日は。昨日は友人と遅くまでカラオケ、だったのにもかかわらず、おきた時間が結構早くて、なんかうまいこと二度寝しようとおもっても眠れないし、なんかテンションが変な日であります。

 なんというかうとうとしながら、本読みながら、と妙な……でもまぁ、昨日のよるは、結構しっかりストレス解消が出来た感じなので、まぁいいのだけれど。

[][][]小野敏洋『ROOTねこねこ』

Rootねこねこ (電撃コミックス)

『ROOTねこねこ』

著/小野敏洋

発行/メディアワークス 電撃コミックス

『ここは、猫が人語を解する世界 かつては魔法文明が栄えていたが、魔法元素が減った今、今は見る影も無い、そんな日本の物語 - イントロダクションより

 サダノブは、旅の猫。 旅の途中で立ち寄った学校で、人間の少女と出会う。 彼女は気持ちよくねていたサダノブを乱暴に起こすと「わたしはネコになりたいの、ネコの国につれてって」「ねぇよそんなもん!」

 そして二人はなんとなく海へ。そこでひとしきり遊んだあと、嵐の夜。 どーんという音に二人は驚き、外にでる。そこには、シーサーペントの子どもが浜に打ち上げられているのを目撃する。

 「助けてあげよう!」そういう少女。そして人々の力をあわせて手を尽くすが……しかし、その甲斐も無く……。そして、夜……

 (第三話 ネコになりたい少女)

 『バーコードファイター『甲殻機神ヤドカリくん』小野敏洋氏、『ネコの王』の番外ストーリー、最新刊! であります。

 主人公はネコ。 そして世界は魔法で栄えた文明のあとに、弱まった魔法のを保管するように生まれた現代社会であります。ネコの王でおなじみの世界でありますな。

 が、ネコの王とは違うのは、あんまりえっちじゃないというところであります。が、これは、なんというかなぁ、旅と出会いがなんともすがすがしく描かれているのであります。

 自分はヤドカリくん、バーコードファイターからの小野敏洋氏のファンでありますが、やっぱり少年誌モードのときの氏の描くさわやかな登場人物と主人公、そして旅の感覚がすばらしくいい! それを改めて感じます。

 自分は数あるポケットモンスターのマンガ版のなかで一番すきなのが、おのとしひろ(ひらがなでした)版のポケットモンスターなのでありますが、そのときに、世界を旅する主人公っていうのが一番描かれていて、すごくよかったんであります。

 一番は、やっぱり主人公がちゃんと「旅になれている」って感じがあることであります。それで、無闇に田舎ばかり旅をさせたりむやみに「旅をしてますよー」といようなシーンを出さない、現代的な、いわば「バックパッカー」みたいな感じがいい。


 それから絵柄。やっぱり小野敏洋氏がかく、現代、ちょっと未来、ちょっと違う世界、っていうのはすっごくバランスがよくって……読者がそういうことを言うのはなんですが……ちゃんと「わかってる」感じがちゃんとあります。

 小野敏洋氏といえば、いわば「上連雀」よりなほうが最近多かったであります。自分はそっちのほうも大好きなんですが……そっちのほう、たとえば、G-onライダースのぱんつはいてないにとことんこだわったときとか、そういうのを主に知っている方でも、小野敏洋氏の絵が好きならば、おすすめしたいです。

 というか小野敏洋氏は両極端で行くべきではないかと思うんです。ROOTねこねこ的なものと、G-onらいだーす的なものと。

 なんていうかなー「甲殻機神ヤドカリくん」の小野敏洋氏が再びっ、という感じなのでありますよ。

評価は10中8.5。えー! 一冊のみかよっ。 残念だ……無理矢理でもいいので続きが読みたい。読みたいー!

 そういえば、復刊.comで甲殻機神ヤドカリくんが100票をついに達成いたしました。祝! というわけで復刊校章開始だそうであります。

 といってもまだまだなので、気になる方は投票をお願いします。

 すでに、原作であるSTUDIO ZODIACの方も同意っていうか応援していたし、小野敏洋氏はすでにバーコードファイターの例があるので、結構とんとん拍子にいくんじゃないかと期待しつつ。期待しつつー!

ゲスト



トラックバック - http://book.g.hatena.ne.jp/TakamoriTarou/20060319

最近の日記の見出し

bookグループキーワードの検索
 
-広告-

↑adsenseモジュールです。(javasprctが使用できない方は見えません。)

 
2000 | 01 |
2004 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 |
2005 | 01 |
2006 | 03 |

Valid CSS!

308541 pagerank anniversaireRSS feed meter for http://book.g.hatena.ne.jp/TakamoriTarou/