高森太郎の日記。@B-g 本の虫の書庫

 ライトノベルを中心に読む本の虫で専門学生の、書籍に関する日記であります。

 このページについて、about it?を、できましたらはじめにお読みください。はてなアンテナにこのページを追加(ログイン中のみ有効) I-knowへこのページを追加(ログイン中のみ有効)

ご案内

高森太郎の日記」というものもございます。そちらもよろしくおねがいします!
評価について。たぶん一般的な基準と違います。一度読んでいただけるとうれしいです。

日記を絞込み

<< 2006/03 >>
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

2006年03月14日(火曜日)

[][]渡瀬草一郎『空の鐘の響く惑星で(10)』

空ノ鐘の響く惑星で〈10〉 (電撃文庫)

『空の鐘の響く惑星で(10)』

著/渡瀬草一郎 イラスト/岩崎美奈子

発行/メディアワークス 電撃文庫

 長い旅の末、神殿勢力の盟主であるジラーハ、ウイータ神殿へたどり着いたフェリオたち一行。ここで、タートムとの停戦協定が結ばれるのである。 そして、ここはウルクの故郷でもある。

 到着し直後に、ウルクのまた別の面を見て驚いた一行だったが、その翌日、フェリオは申請をしたわけでもないのに、神姫との面会が許される。神姫ノエル。彼女は、ウルクの姉でもある。 そして、フェリオが通されたのは、謁見の間ではなく、神姫の自室だった。そこでフェリオとウルクは、意外な、しかし避けては通れない人物とも、出会うことになり……。

 『陰陽ノ都』の“幼馴染作家渡瀬草一郎最新刊。 10巻目。もちろん、氏の一番の長編シリーズ最新刊であります。

 今回はタートムとの争いが終り、アルセイフからジラーハへと舞台を移し、次への動き、そして最後のためのためのイントロダクションという感じであります。 少しずつ明かされていく世界の秘密と新たななぞと……。そこらへんは、なんというか文章の安定感と共に、安心してわくわくできるというか、浸ることができる。

 そして……前巻9巻は、大きな物語が最後に行くためのインターミッションでありましたが、あんまりフェリオたちがどう、という話があんまりなかったのだけれど、今回はまた、あらなた事件とのかかわりと、いろいろ書かれています。さて、どうなるだろうかと……。

 さらに、新しいキャラクターも登場して、なんというか物語りはどんどん加速しているというかなんというか。というかなんでこんなにキャラクターが魅力的に映るのだろう。

以下、ネタバレ含む。

 さて。特筆べき点。それはこの物語の中で、おそらくだれもかなう人はいないだろうという意味でのラスボス「神姫ノエル姉さん」の登場でありましょう(ぉ いや、あーいう方だとは思わなかった。だけれど、普段は謁見の間ですーっとしているんだろうなーと想像がつくというかなんと言うか。

 それから、使者としてきた二人も。なかなか。

 主要なキャラクターを除いて、結構キャラクターが入れ替わって大きく物語りが場面を変えた巻でした。次の巻で、ここでうまれた種が物語を形作るのだと思います。

評価は10中8.5。安定して出してくれる渡瀬草一郎氏だからこそ待てます。たのしみにしつつ。

ゲスト



トラックバック - http://book.g.hatena.ne.jp/TakamoriTarou/20060314

最近の日記の見出し

bookグループキーワードの検索
 
-広告-

↑adsenseモジュールです。(javasprctが使用できない方は見えません。)

 
2000 | 01 |
2004 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 |
2005 | 01 |
2006 | 03 |

Valid CSS!

306178 pagerank anniversaireRSS feed meter for http://book.g.hatena.ne.jp/TakamoriTarou/