高森太郎の日記。@B-g 本の虫の書庫

 ライトノベルを中心に読む本の虫で専門学生の、書籍に関する日記であります。

 このページについて、about it?を、できましたらはじめにお読みください。はてなアンテナにこのページを追加(ログイン中のみ有効) I-knowへこのページを追加(ログイン中のみ有効)

ご案内

高森太郎の日記」というものもございます。そちらもよろしくおねがいします!
評価について。たぶん一般的な基準と違います。一度読んでいただけるとうれしいです。

日記を絞込み

<< 2017/06 >>
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

2006年03月19日(日曜日)

[][]小野敏洋『ROOTねこねこ』

『ここは、猫が人語を解する世界 かつては魔法文明が栄えていたが、魔法元素が減った今、今は見る影も無い、そんな日本の物語 - イントロダクションより

 サダノブは、旅の猫。 旅の途中で立ち寄った学校で、人間の少女と出会う。 彼女は気持ちよくねていたサダノブを乱暴に起こすと「わたしはネコになりたいの、ネコの国につれてって」「ねぇよそんなもん!」

 そして二人はなんとなく海へ。そこでひとしきり遊んだあと、嵐の夜。 どーんという音に二人は驚き、外にでる。そこには、シーサーペントの子どもが浜に打ち上げられているのを目撃する。

 「助けてあげよう!」そういう少女。そして人々の力をあわせて手を尽くすが……しかし、その甲斐も無く……。そして、夜……

 (第三話 ネコになりたい少女)

 『バーコードファイター『甲殻機神ヤドカリくん』小野敏洋氏、『ネコの王』の番外ストーリー、最新刊! であります。

 主人公はネコ。 そして世界は魔法で栄えた文明のあとに、弱まった魔法のを保管するように生まれた現代社会であります。ネコの王でおなじみの世界でありますな。

 が、ネコの王とは違うのは、あんまりえっちじゃないというところであります。が、これは、なんというかなぁ、旅と出会いがなんともすがすがしく描かれているのであります。

 自分はヤドカリくん、バーコードファイターからの小野敏洋氏のファンでありますが、やっぱり少年誌モードのときの氏の描くさわやかな登場人物と主人公、そして旅の感覚がすばらしくいい! それを改めて感じます。

 自分は数あるポケットモンスターのマンガ版のなかで一番すきなのが、おのとしひろ(ひらがなでした)版のポケットモンスターなのでありますが、そのときに、世界を旅する主人公っていうのが一番描かれていて、すごくよかったんであります。

 一番は、やっぱり主人公がちゃんと「旅になれている」って感じがあることであります。それで、無闇に田舎ばかり旅をさせたりむやみに「旅をしてますよー」といようなシーンを出さない、現代的な、いわば「バックパッカー」みたいな感じがいい。


 それから絵柄。やっぱり小野敏洋氏がかく、現代、ちょっと未来、ちょっと違う世界、っていうのはすっごくバランスがよくって……読者がそういうことを言うのはなんですが……ちゃんと「わかってる」感じがちゃんとあります。

 小野敏洋氏といえば、いわば「上連雀」よりなほうが最近多かったであります。自分はそっちのほうも大好きなんですが……そっちのほう、たとえば、G-onライダースのぱんつはいてないにとことんこだわったときとか、そういうのを主に知っている方でも、小野敏洋氏の絵が好きならば、おすすめしたいです。

 なんていうかなー「甲殻機神ヤドカリくん」の小野敏洋氏が再びっ、という感じなのでありますよ。

評価は10中8.5。えー! 一冊のみかよっ。 残念だ……無理矢理でもいいので続きが読みたい。読みたいー!

 そういえば、復刊.comで甲殻機神ヤドカリくんが100票をついに達成いたしました。祝! というわけで復刊校章開始だそうであります。

 といってもまだまだなので、気になる方は投票をお願いします。

 すでに、原作であるSTUDIO ZODIACの方も同意っていうか応援していたし、小野敏洋氏はすでにバーコードファイターの例があるので、結構とんとん拍子にいくんじゃないかと期待しつつ。期待しつつー! 本日は。昨日は友人と遅くまでカラオケ、だったのにもかかわらず、おきた時間が結構早くて、なんかうまいこと二度寝しようとおもっても眠れないし、なんかテンションが変な日であります。

 なんというかうとうとしながら、本読みながら、と妙な……でもまぁ、昨日のよるは、結構しっかりストレス解消が出来た感じなので、まぁいいのだけれど。

[][][]小野敏洋『ROOTねこねこ』

Rootねこねこ (電撃コミックス)

『ROOTねこねこ』

著/小野敏洋

発行/メディアワークス 電撃コミックス

『ここは、猫が人語を解する世界 かつては魔法文明が栄えていたが、魔法元素が減った今、今は見る影も無い、そんな日本の物語 - イントロダクションより

 サダノブは、旅の猫。 旅の途中で立ち寄った学校で、人間の少女と出会う。 彼女は気持ちよくねていたサダノブを乱暴に起こすと「わたしはネコになりたいの、ネコの国につれてって」「ねぇよそんなもん!」

 そして二人はなんとなく海へ。そこでひとしきり遊んだあと、嵐の夜。 どーんという音に二人は驚き、外にでる。そこには、シーサーペントの子どもが浜に打ち上げられているのを目撃する。

 「助けてあげよう!」そういう少女。そして人々の力をあわせて手を尽くすが……しかし、その甲斐も無く……。そして、夜……

 (第三話 ネコになりたい少女)

 『バーコードファイター『甲殻機神ヤドカリくん』小野敏洋氏、『ネコの王』の番外ストーリー、最新刊! であります。

 主人公はネコ。 そして世界は魔法で栄えた文明のあとに、弱まった魔法のを保管するように生まれた現代社会であります。ネコの王でおなじみの世界でありますな。

 が、ネコの王とは違うのは、あんまりえっちじゃないというところであります。が、これは、なんというかなぁ、旅と出会いがなんともすがすがしく描かれているのであります。

 自分はヤドカリくん、バーコードファイターからの小野敏洋氏のファンでありますが、やっぱり少年誌モードのときの氏の描くさわやかな登場人物と主人公、そして旅の感覚がすばらしくいい! それを改めて感じます。

 自分は数あるポケットモンスターのマンガ版のなかで一番すきなのが、おのとしひろ(ひらがなでした)版のポケットモンスターなのでありますが、そのときに、世界を旅する主人公っていうのが一番描かれていて、すごくよかったんであります。

 一番は、やっぱり主人公がちゃんと「旅になれている」って感じがあることであります。それで、無闇に田舎ばかり旅をさせたりむやみに「旅をしてますよー」といようなシーンを出さない、現代的な、いわば「バックパッカー」みたいな感じがいい。


 それから絵柄。やっぱり小野敏洋氏がかく、現代、ちょっと未来、ちょっと違う世界、っていうのはすっごくバランスがよくって……読者がそういうことを言うのはなんですが……ちゃんと「わかってる」感じがちゃんとあります。

 小野敏洋氏といえば、いわば「上連雀」よりなほうが最近多かったであります。自分はそっちのほうも大好きなんですが……そっちのほう、たとえば、G-onライダースのぱんつはいてないにとことんこだわったときとか、そういうのを主に知っている方でも、小野敏洋氏の絵が好きならば、おすすめしたいです。

 というか小野敏洋氏は両極端で行くべきではないかと思うんです。ROOTねこねこ的なものと、G-onらいだーす的なものと。

 なんていうかなー「甲殻機神ヤドカリくん」の小野敏洋氏が再びっ、という感じなのでありますよ。

評価は10中8.5。えー! 一冊のみかよっ。 残念だ……無理矢理でもいいので続きが読みたい。読みたいー!

 そういえば、復刊.comで甲殻機神ヤドカリくんが100票をついに達成いたしました。祝! というわけで復刊校章開始だそうであります。

 といってもまだまだなので、気になる方は投票をお願いします。

 すでに、原作であるSTUDIO ZODIACの方も同意っていうか応援していたし、小野敏洋氏はすでにバーコードファイターの例があるので、結構とんとん拍子にいくんじゃないかと期待しつつ。期待しつつー!

トラックバック - http://book.g.hatena.ne.jp/TakamoriTarou/20060319

2004年08月11日(水曜日)

[][]上山徹郎『隻眼獣ミツヨシ?(2)』

『隻眼獣ミツヨシ?(2)』

著/上山徹郎

発行/メディアワークス 電撃コミックス

 江土城にて、御奉納の義がせまる……。奉納を執り行う姫、祠千代はそのための稽古二余年が無く、そして胸冬は、その警備を整えるために動いていた。

 そしてミツヨシも……。しかし、ミツヨシは、それによって防げるとは思ってはいなかった。そしてそれは当たることになる……

 『電人ファウスト』『ランポ』の上山徹郎最新シリーズ、最新刊。8月発売電撃コミックス新刊。

 日本であり、しかし日本では無い。江土とよばれ、そして忍が生きる、剣士が生きる世界を舞台に、一人の姫と、一人のはぐれ女剣士を中心とした物語。そして、主人公は女剣士でありまして、主要登場人物たちはみんな女性。じゃあ、なんか甘い展開になるのかと言うと、そうではなく、本格的なアクション漫画でありまして、硬派です。すごく硬派。そして独特の……奇才というにふさわしい上山徹郎氏の漫画であります。

 そして今回は……ついに江土城を舞台にした戦いが始まります。胸冬たち、祠千代の師範たちも、実践で戦うことになります。そして隻眼を自ら封じたその父親も……。


 自分は、コロコロコミック時代から上山徹郎氏のファンであります。氏の本で、現在入手可能な本はすべて800円以上する、A5版なのですが、しかし、それでも確実にファンが買う。そういう本です。

 また、絵は、非常に動きがある絵です。戦いのシーンの一部、一番動いている決定的瞬間を、ぱちり、とそのまま切り出したような、時を抜いたような絵で……コマとコマが、激しい戦いのシーンにもかかわらずきっちりとつながっていて、すごく読んでいて映画のようにぱーっと動く。飛沫、波動、それらに特徴があります。

 会話のシーン一つでも、止まっていて、キャラクターがカメラ目線と言うか、そういう目線はなく、いつも動いている感じです。

 また、出てくる女性はすごくむっちり……なんか唇なんかすごく魅惑的という不思議なかんじでありまして……ふとももが!

 そしてそれが動く!戦う!


 すべてがすごく濃いです。絵も美しい。だけどそのすごく強い個性で、結構好みが分かれるかもしれません。そのせいかどうかは……あれなんですが、戦っているときにぱんちらとか、そのサービスカット的なものが含まれています。が、それがすげえ生々しい。正装のまま戦えばそりゃあぱんちらにもなりますっていうか、あそこまで緊迫している中で、あえてそれを出すと言うのが、すごく生々しい。(といいつつ……もしこれがその本気でサービスカットのためだけにあるのなら……個人的には無くてもいいかな(^^;)という気もしなくもないかも(汗))

評価は10中8。『蟲忍』『ブラックロッド』など古橋秀之作品のダークな部分の雰囲気が好きな方は、気に入っていただけるかも!

トラックバック - http://book.g.hatena.ne.jp/TakamoriTarou/20040811

2004年07月18日(日曜日)

[][]矢上裕『GO West!? (2)(3)』

『GO West!?(2)(3)』

著/矢上裕

発行/メディアワークス 電撃コミックス?

行方不明の両親を探すために西へ西へと進んでいる少女、ナオミだったが、“自称”兄ちゃんと父親に付きまとわれ(?)なんだかんだいってけんかして破壊活動をするは大迷惑。 というわけで、ナオミは二人の手を握らせ、「仲良くしてちょうだい。」と言ったのだが……?(第6話)

 『エルフを狩るモノたち?』の矢上裕、最新シリーズ。スカッとするさわやかなギャグ漫画であります。

 一巻では、ナオミが旅立って、そしてなんか妙なメンバーに付きまとわれるはまでの話でしたが、2巻、3巻は、ナオミが探すということを考え、「なんとなく付きまとわれるやつら」から「パーティー」へと変化していく過程、というかんじであります。

 西へ、西へ、どこまでもまっすぐな感じ。ばっかばかしくって、やたらとスケールがでかくて、なんかすげーさわやかな奴らの話でありまして、それが全力疾走してるかんじ。この疾走感とかと含めて大笑いできる。やっぱりいーなー。無条件に楽しめます。

評価は10中8。なんか本棚に並べると目立つな~この背表紙。

[][]矢上裕『住めば都のコスモス荘? (3)』

『住めば都のコスモス荘? (3)』

著/矢上裕 原作/阿智太郎

発行/メディアワークス 電撃コミックス?

 (一応)ドッコイダーの宿敵であるクリーカこと栗華は、ある日、鈴雄と小鈴に、絵本を見せられて「泣ける話ですよね?」と言われるが……アンドロイドである彼女は、なく機能を持っていなかった。そのことに対して少し考える彼女だったが……そのとき、「お涙頂戴星人ゴキューン」が来訪し……ッ

 著/阿智太郎、イラスト/矢上裕の同名の小説の、イラストをつけた矢上裕自らの漫画版であります。が、漫画版といっても、ただ小説を漫画にしたんじゃなくって、どっちかっていうと住めば都のコスモス荘シリーズの、2.5巻とか3.5巻とかそういった感じの作品、三巻で完結です。

 というか……意地っ張りでどっこいとか、最後のあたりなんて、もう泣けるっていうかもう……。なんかすげーほっこりしちゃう。『GO West!?』の疾走間というかそういうのは無いけれど、だけど、なんかこう、おちついてほっこり出来る感じであります。

評価は10中8。 とりあえず阿智太郎『住めば都のコスモス荘』が好きな人は読みましょう。読んで泣け!


[][][][]続きの本を数冊と、月刊ASCII入手。

 起きてすぐ、マルドゥック・スクランブルを読み……一巻を読み終わったが続きが無い! というわけで、まだ食事も取ってないのに本屋さんへ直行。そのたもろもろ買い込みました。

 購入リスト。

  1. 『月刊ASCII? 2004年08月号』(雑誌コード:03595-8) 発行/株式会社アスキー
  2. 『マルドゥック・スクランブル The Second Combustion――燃焼』 著/冲方丁ISBN:4150307261)発行/早川書房 ハヤカワJA
  3. 『マルドゥック・スクランブル The Third Exhaust――排気』 著/冲方丁ISBN:415030730X) 発行/早川書房 ハヤカワJA
  4. 『ネコの王? (5)』著/小野敏洋 (ISBN:4091570151)発行/小学館
  5. 『GO West!? (2)』著/矢上裕ISBN:4840225656)発行/メディアワークス
  6. 『GO West!? (3)』著/矢上裕ISBN:4840227381)発行/メディアワークス
  7. 『住めば都のコスモス荘? (3)』著/矢上裕 原作/阿智太郎ISBN:4840227411

 第一印象など

 月刊ASCII8月号は、特集1915.925で世界が変わる!?「新プラットフォームに隠された未来」と、それに関連した特集2、「読まないわけに行かない最強自作」の日本。また、夏の最新CPU特集なんてものもあるが、自分はあんまり自作の周りというか、製品カタログと言うのは大抵の動向にはそれなりに興味があるけど、自作などというものが出来るほどお金が無い自分は、それよりもWindowsXP SP2の記事などが興味深い。また、「ブルースクリーンの世界」など興味深い連載も。またスチームボーイに関する記事も。アニメ誌などの方向ではなく、技術的な方向から考察していて、なかなか興味深い。

 また、もっと注目は、今月号からCD-ROMの付属がなくなった。おかげでかなり非常に読みやすくなった。なんか最近の月刊ASCIIの付属CD-ROMは特に特集でも無いのに大量にフリーソフトを収録してみたりと迷走気味だったけれど、落ち着いた感じ。その代わりに、月刊アスキーWebがオープンした。(http://www.ascii.co.jp/pb/ascii/)サイトもなんか充実したかんじでありまして。

 マルドゥック・スクランブルは、「なぜ一巻を買ったと、すべてそろえておかなかったのか」とそのときの自分に言いたい。速攻購入。感想は全巻読み終わってから。

 ネコの王は、バーコードファイター復刊決定記念、というわけじゃないけれど、なぜか最終巻を買って田舎ってので購入。

 GO West!と、住めば都のコスモス荘も、発売されたときに変えなかったので購入。漫画三冊は後で読了にいたしますのでそちらで。

トラックバック - http://book.g.hatena.ne.jp/TakamoriTarou/20040718

最近の日記の見出し

bookグループキーワードの検索
 
-広告-

↑adsenseモジュールです。(javasprctが使用できない方は見えません。)

 
2000 | 01 |
2004 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 |
2005 | 01 |
2006 | 03 |

Valid CSS!

309677 pagerank anniversaireRSS feed meter for http://book.g.hatena.ne.jp/TakamoriTarou/