高森太郎の日記。@B-g 本の虫の書庫

 ライトノベルを中心に読む本の虫で専門学生の、書籍に関する日記であります。

 このページについて、about it?を、できましたらはじめにお読みください。はてなアンテナにこのページを追加(ログイン中のみ有効) I-knowへこのページを追加(ログイン中のみ有効)

ご案内

高森太郎の日記」というものもございます。そちらもよろしくおねがいします!
評価について。たぶん一般的な基準と違います。一度読んでいただけるとうれしいです。

日記を絞込み

<< 2004/09 >>
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

2004年09月23日(木曜日)

[][]神代明『Holy☆Hearts!(4)勇気をくれる、なかまです。』

『Holy☆Hearts!(4)勇気をくれる、なかまです。』

著/神代明 イラスト/緋賀ゆかり

発行/集英社

 休暇の終盤。ジンジャーとアリシアの実家のある白都への旅行にでかけ、十分に休暇を堪能したキュノ、ジンジャー、アリシアの三人を待っていたのは昇格試験。勉強のできるジンジャーに教えてもらったりと三人で仲良くすすめる。そして、その中で、アリシアは「シスター・スノーフレイク」のことについて、シスター・レオナの元へ行くが……。

 仲良し三人組の、ミュータントと戦うものとしてのシスター養成学校での物語四冊目。9月発売のスーパーダッシュ文庫新刊。

 今回もほのぼの~です。なんというか安心して読めるゆっくりできるかんじであります。そして、前回の一番最後で旅行に出かけたキュノのその後と、前巻とは完全につながっているかも。 また、あとがきによると次でスノーフレイク編は終わると言うことなので、前、中、後ぐらいの関係でした。そして、なんというかやっぱり事件を追っているんじゃなくて、キュノの日々を追っているのがなんともいいかんじ。やっぱりこれがこの小説のおもしろさというか、ゆっくりのんびり、微笑みながら読むということなのかも。

 そして、そのなかでもでついに時がきます。軸となるストーリーがやっぱりだんだん強まってきていて……

 以下ネタバレ含む。

 そして、ついにキュノは決定的な場面に立ち会ってしまいます。

 ……なんというかすっごくライトでふんわりしているんだけれどそれだけじゃないかも……。というか結構味わい深い感じになっていた世界征服物語の方ですし。期待。

 あと、ジンジャーちゃんのお母様がなかなかいいかんじでした。というかそういう彼女の娘だからそういう風に育ったんだろうな~というのが、ちょとしたことですけど思い浮かんで。きっと結構留守がちだけど、娘に会うとちょっと過激なことをしちゃうんだろうな~みたいな。

 そのほか、課外授業編というのも巻末に収録。いつものキュノの視点ではなくて、違う二人の視点での物語です。

評価は10中8。次でスノーフレイク編は最後とのこと。楽しみに待ちます。

 また、スーパーダッシュ文庫の巻末の既刊リストを確認しました。シンプルでいいかんじ。これで結構一気買いがしやすくなるというものです。感謝。

トラックバック - http://book.g.hatena.ne.jp/TakamoriTarou/20040923

最近の日記の見出し

bookグループキーワードの検索
 
-広告-

↑adsenseモジュールです。(javasprctが使用できない方は見えません。)

 
2000 | 01 |
2004 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 |
2005 | 01 |
2006 | 03 |

Valid CSS!

360143 pagerank anniversaireRSS feed meter for http://book.g.hatena.ne.jp/TakamoriTarou/