高森太郎の日記。@B-g 本の虫の書庫

 ライトノベルを中心に読む本の虫で専門学生の、書籍に関する日記であります。

 このページについて、about it?を、できましたらはじめにお読みください。はてなアンテナにこのページを追加(ログイン中のみ有効) I-knowへこのページを追加(ログイン中のみ有効)

ご案内

高森太郎の日記」というものもございます。そちらもよろしくおねがいします!
評価について。たぶん一般的な基準と違います。一度読んでいただけるとうれしいです。

日記を絞込み

<< 2004/06 >>
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

2004年06月20日(日曜日)

[][][]木村航?『さよなら、ぺとぺとさん』

 『さよなら、ぺとぺとさん』

著/木村航? イラスト/YUG?

発行/エンターブレイン ファミ通文庫

ISBN:4757719000)(高森太郎書店では『新刊読了!』のコーナーに。)

 妹率100%の街、鮎川町で「末恐ろしい七歳児」のちょちょ丸が立ち上げたプロジェクトで、コンパニオンとなったぺと子と他の妹たちはなんだかんだ言って忙しく、終わりも近い夏休みを過ごしている。そして、ちょちょ丸がはじめた新しいプロジェクトとともに、ぺと子は……

「かわいい溶解と人間のほのぼのな話」な『ぺとぺとさん』?の続編……にして「さよなら、」と冠している……さよならなんて……。

 やっぱり今作品の自分の魅力は、「いとおしいものにぺとってしまう」というような、ふわんとした雰囲気と、なんかくすぐったい感じはもうしっかりとあります。今回はなつやすみで、学校での日常なのがちょっとへっちゃったのは残念だけれど、今回は、そのかわり夏休みでしか会えないことがたくさん。アルバイトにコンパニオンにマスコミを引き連れて突っ走ったり、一日兄妹だったり。


 そして、ちょっとえらそうなことを書きます。

 前、読んだときに、ちょっと全体として起こっている出来事が同時進行過ぎて、ちょっと付いていくのが大変だ、という印象を受けたんだけれど(なんといっても登場するキャラクターが多くって、それがそれぞれ魅力的なキャラクターだから)、今回は、なんか前よりもしっかりまとまっていて、面白かった。

 やっぱり、話が動きすぎていてつらい、っていうのも有るかもしれないけど、そういったどたばたな感じが、やっぱりこの話の持ち味で、リアリティ……というのとは違うかな、なんともいえない雰囲気をだいしていていい。

 さらに、前は「イラストにあわせすぎっていうかやっぱりイラストが主?」と思えてしまう部分があったけれど、今回は小説がおもしろい。前よりより小説らしくなったかんじです。確実に、前より読みやすいし。

 以下、ネタバレ含む

 まず!「妹天国」は笑った。帯に書いてあって「……なんだこの表紙の雰囲気とミスマッチなのは」と思ったのだけれど、これか~。なんか、これが自分的にはリアルに近未来を感じられてなんかすげ。

 ぺと子萌~。はもちろんなんだけれど……ぐぐるちゃん、かっこよすぎ~! というか、なんかすごくその陰で泣いてそう……。そして、カンナちゃんのその後が気になる……。

 そして……何がいいたいかというと、「さよなら編」ではあるけど、続くと信じておりますと言うか作家氏もばりばり続けるようですし。

評価は10中8。続きを待つ。 というか出ない理由が内規がするんだけどなぁ……。

[][][][][]bk1注文本届く&ぺとぺとさん入手!

 ……あれ?もしかしてファミ通文庫もう流通している?とか思って本屋さんにあわてて駆け込……んだんだけど、あるのはかさ上げ用の発泡スチロールばかりで、ファミ通文庫はそもそも入荷数が少ないんだか、それとも自分が出遅れたのか、「ナインインチネイル」と言う本が一冊だけ……う~ん。

 もう一件の本屋さんにはしごして、やっと入手。

 そして、家に帰ったらくろねこさんが注文していた本を入手しました!

 というわけで購入リスト。

  1. 『空の境界 the Garden of sinners 上』著/奈須きのこ?ISBN:4061823612) 発行/講談社 講談社ノベルズ
  2. 『空の境界 the Garden of sinners 下』著/奈須きのこ?ISBN:4061823620) 発行/講談社 講談社ノベルズ
  3. 『マルドゥック・スクランブル hte first comporession 圧縮』 著/冲方丁 発行/早川書房 ハヤカワ文庫JA
  4. 『さよなら、ぺとぺとさん』著/木村航?ISBN:4757719000) 発行/エンターブレイン ファミ通文庫

 空の境界は、「なに?」と聞いたら、みなさまにご教授いただき 、これは買うしか、ということで購入。こりゃあすごい、という豪華装丁で、かなり厚い。 厚いのはどっちかっていうとうれしいんですけど……だけれど、これ、読み始めるとほかの事に一切手が回らなくなりそうだな~、というわけで、しばらくは封印しておこうと心に誓いつつだめそうというか……。

 マルドゥック・スクランブルも、ずーっとなくて探していたけれど、いい加減地元じゃ無理だが、送料が払えるほど買う機会も無く、どうしようかと考えていたけれど良い機会なので購入。

 ぺとぺとさん、は、『今日の読了。』の形にいたしましたのでそちらを。


 ……最近、新書サイズのカバーがほしい今日この頃……といいつつ、文庫で愛用しているカバーを買ったところで売っている奴 は厚いのはだめだろうな~(つーか今はそもそも売り切れ中)そのほかのよさげなの は高いし。

 そもそも、新書にカバーをかけて読もうと言うのが間違っているのだろうか?でもほしいなぁ。

トラックバック - http://book.g.hatena.ne.jp/TakamoriTarou/20040620

最近の日記の見出し

bookグループキーワードの検索
 
-広告-

↑adsenseモジュールです。(javasprctが使用できない方は見えません。)

 
2000 | 01 |
2004 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 |
2005 | 01 |
2006 | 03 |

Valid CSS!

351391 pagerank anniversaireRSS feed meter for http://book.g.hatena.ne.jp/TakamoriTarou/