高森太郎の日記。@B-g 本の虫の書庫

 ライトノベルを中心に読む本の虫で専門学生の、書籍に関する日記であります。

 このページについて、about it?を、できましたらはじめにお読みください。はてなアンテナにこのページを追加(ログイン中のみ有効) I-knowへこのページを追加(ログイン中のみ有効)

ご案内

高森太郎の日記」というものもございます。そちらもよろしくおねがいします!
評価について。たぶん一般的な基準と違います。一度読んでいただけるとうれしいです。

日記を絞込み

<< 2004/06 >>
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

2004年06月17日(木曜日)

[][]林ふみの?『新世紀エヴァンゲリオン 鋼鉄のガールフレンド(2)』

『新世紀エヴァンゲリオン 鋼鉄のガールフレンド(2)』(はてなダイアリーキーワード:新世紀エヴァンゲリオン

著/林ふみの?

発行/角川書店 アスカコミックス?

ISBN:404924974X)(高森太郎書店では『新刊読了!』のコーナーに。)

 アスカがみた光の巨人……それは流れた情報では「アダム」と呼ばれていた。そして、弦高い体制が引かれる、NERV研究所。しかし、それでも日常は進んでいた。

 そしてある日、ケンスケが廃坑道を探検しないかと言い出す。 そして、シンジ、アスカ、レイ、トウジ、ケンスケ、そして、カヲルたちはその坑道の奥へと入っていくが……

 「もしも」のエヴァ、「鋼鉄のガールフレンド」の漫画版。二巻目読了。

 今回は、ついに動き出す物語。前回の最後、アスカが目撃した光の巨人、それが今回……。そして、ついに戦いが始まる。エヴァンゲリオンの違う世界の物語なはずですが、やっぱりそこはエヴァです。

 しかし……あの世界では「セカンドインパクト」はなかったわけで……とか、エヴァオリジナルとの違いを見てみても面白い。


 また、主要になるストーリー意外は、こう、純粋な恋愛の少女漫画していて、なかなかいいかんじ~。なんというか……うずうずしちゃうっていうか。べたべたなんですけどね。

以下ネタバレ含む。

 そしてついにエヴァ起動。です。 戦いが始まります。

さらに、怪しい感じのカヲル君……。なんとなくカヲル君が、「オリジナルエヴァ」と「もしもエヴァ」をつなぐ存在なんじゃないかとか考えたりして……。って、当時から一時期、エヴァの同人小説を読み漁っていたせいかもしれませんが(汗


評価は10中7。こうやってリアルタイムで待つ、新書サイズのコミックスって久しぶりだな~とか思ったり。アレは今泊まったままだし、アレはビックコミックスサイズになってるし。

[][][][]電撃hp最新刊とその他もろもろ入手!

 学校帰りに姉貴にピックアップされて電気屋にいく道すがら、本屋による。……本当は使っちゃいけないお金を使って本をかっちゃったりしつつ……(汗

 というわけで購入リスト

  1. 『電撃hp Volune30』 (ISBN:4840227500) 発行/メディアワークス
  2. 『復活の地 (1)』 著/小川一水ISBN:415030761X) 発行/早川書房 ハヤカワ文庫JA
  3. 『新世紀エヴァンゲリオン 鋼鉄のガールフレンド(2)』 著/林ふみの (ISBN:404924974X)原作/GAINAX 発行/角川書店 アスカコミックス
  4. 『時をかける少女?(1)』 著/ツガノガク (ISBN:4047136204)原作/筒井康隆 発行/角川書店 角川コミックスA
  5. 『ブレンパワード?(1) 深海より発して』 著/両出明美?(ISBN:4894564785) 構成/富野由悠季 発行/角川春樹事務所 ハルキ文庫
  6. 『ブレンパワード?(2) カーテンの向こうで』 著/両出明美?(ISBN:4894564866) 構成/富野由悠季 発行/角川春樹事務所 ハルキ文庫
  7. 『ブレンパワード?(3) 記憶への旅立ち』 著/斧谷稔?ISBN:4894564963) 構成/富野由悠季 発行/角川春樹事務所 ハルキ文庫
  8. 『ファウ・ファウ物語? 上』 著/富野由悠季(ISBN:4041663024) 発行/角川書店 角川文庫
  9. 『ファウ・ファウ物語? 下』 著/富野由悠季ISBN:4041663016) 発行/角川書店 角川文庫
  10. 『美少女同級生 秘蜜の誘惑』? 著/橘真児?(ISBN:4766934171) 発行/頸文社? グリーンドア文庫

 計10冊……買いすぎ。

 というわけで、第一印象など。

 電撃hpは、祝30冊目、というわけである。自分が買い始めたのは……たしか6号からだった。当時はまだ季刊だった。その後二号ほどかって、そしてお年玉か何かはたいて全巻そろえたんだけっけか。それから欠かさずにかって、三十号か。

 昔のと比べるとどんでもなく厚くなっているのが分かる。最近はスペシャル、ってなものもでているし。

 今回の内容は、なんか昔の「6MAN'S BBS」を思わせるコラボレーション企画、というもの、また、上遠野浩平と、緒方剛志の電撃エンターテイナークローズアップSpecialなど。

 まだ読んでないので感想は後で。しかし……。この号には当然、『イリヤの空、UFOの夏』のメディアミックス(アニメ化)の速報が出ているんですが……いくら速報も速報とはいえ……なんとなくその……「東映アニメーションの広告」という印象も受けるよな、しごくあっさりした感じだなぁ。「製作:東映アニメーション」って、製作ってさよくある「XX作成委員会」とかって付くような気がするけど。なんといっても、『キーリ』のラジオドラマ化よりも記事が小さい……。まぁ、まだ各情報がないだけだろうけどさ。と、さらに微妙な方向に心配してみる。


 ブレンパワードは、探していたもの。やっとみつけました。

 ファウ・ファウ物語は……なんか富野由悠季監督の作品。昭和62年の初版本。作家買いで、著作リストに「ガンダム」が載っていないという……そういう頃の本です。だけど、内容は、ちょっと見た感じ、なんかちょっと毛色がちがうみたい。興味深く読ませていただく。

 時をかける少女、は話題になっていたことがあったな~と思い出し購入。まだ読んでませんが……実は自分、高畑京一郎著『タイム・リープ』の感想で良く「時をかける少女」の名前を見て、以前から名前とぼんやりとしたイメージは持っていたけれど、どんなものかしらなくて興味を持った、と言う感じなのであります。実際には原作が知らないという。原作の筒井康隆氏は……『最後の喫煙者』のイメージがつよすぎて(ぉ

『美少女同級生 秘蜜の誘惑』は……そうですよ、アダルト小説ですよ!ですが、熱く語る。どうしてかというと、今は亡き頸文社の「グリーンドア文庫」は、すでにもはや手に入らなくて、橘真児氏の本は、これとあと、最近お金が無くて買えていないやつだけ持っていなかった。そして、前から気になっていた奴なのだ。なんか……最近の橘真児氏は、こう、意識して「即物化」している気がする。また、パターンになってきてしまった。いや、パターンもいいのだ。しかし……読んでいてこう「うわ」と思うようなのがなくなったというか。いや、今のは今ので好きなので、単に少々最近書かなくなってきたと言う話なのだが、しかし前の作品。なんとか入手しました。

 電子版じゃ味気ないしね。


 エヴァ、鋼鉄のガールフレンドは、今日の読了にしましたのでそちらで。

トラックバック - http://book.g.hatena.ne.jp/TakamoriTarou/20040617

最近の日記の見出し

bookグループキーワードの検索
 
-広告-

↑adsenseモジュールです。(javasprctが使用できない方は見えません。)

 
2000 | 01 |
2004 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 |
2005 | 01 |
2006 | 03 |

Valid CSS!

356171 pagerank anniversaireRSS feed meter for http://book.g.hatena.ne.jp/TakamoriTarou/