高森太郎の日記。@B-g 本の虫の書庫

 ライトノベルを中心に読む本の虫で専門学生の、書籍に関する日記であります。

 このページについて、about it?を、できましたらはじめにお読みください。はてなアンテナにこのページを追加(ログイン中のみ有効) I-knowへこのページを追加(ログイン中のみ有効)

ご案内

高森太郎の日記」というものもございます。そちらもよろしくおねがいします!
評価について。たぶん一般的な基準と違います。一度読んでいただけるとうれしいです。

日記を絞込み

<< 2004/06 >>
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

2004年06月01日(火曜日)

[]企画「今月の三冊」2004年05月

順不同。

 感想はリンクから~。

 選定理由は、単純に読んで楽しかったからです! って、こんなのでいいのかなぁ(汗あとで追記するかも知れません。


[][]今月発売の新刊チェックリスト。

 今月購入する予定の新刊のチェックリスト。 情報は、、小売各社サイトと、FANTASY BookMarkさまどを拝見させてもらい、自分でまとめました。

 間違っていた場合は、自分に責任であります。その、自分用のメモなので……(汗

 また、ISBN、出版社データベースなどへのリンクは、発売されたころに有効になります。現在はエラーページ、または待ったく空っぽのページにいきます。

20冊……うわ~。えっと……これはあくまでもチェックリストなので買えるかどうかは全く関係がありません(爆

今月はチェックしている漫画が発売になってうれしい。

 さて、注目新刊リストに書き出しですが……さすがに全部転記するとやばいので(汗 特に注目のものだけ転記いたします。

[]ライトノベルの名付け親。

 本日の有里 さまより、神北情報局さま2004年05月28日「名付け親だぞ」

 そして、このかたが、よく言われるニフティーサーバでライトノベルの名前をつけた方だそうである。

 拝読させていただき、そしてぐだぐだ雑感。

 そういえば……一時「ヤングアダルト」という言葉が激しく使われた時期があって、その時期って……自分の感覚だと、なんかあんまり良い雰囲気で使われていなかった書籍や、話がたくさんあって、また語感もあって、良いイメージではなかったなぁ。そのころ自分はまだライトノベルというものをあんまり読んでいなかったのだけれど、そのころ、そうやって良くない意味にも使われていたような気が……おぼろげなかがら覚えている。

 そして……「字マンガ」か……。いったやつの背中を蹴ってやりたい(笑 まぁ、たぶんその方は、今はきっと凝り固まった思想にはまっていて、人生の九割は損しているでしょうからまぁ哀れに思っておきます。と、怒りを穏やかに表してみる。


 そして、やはり当時ももめたようである。そして、新しい言葉が生まれたわけで……そうじゃなかったら、いろいろ今ここまで統一されたジャンルになっていたかどうか……いや、すばらしい作品が出たが、それはただたんに「ミステリー」とか「ファンタジー」のひとつとしてカウントされて、今のように、ジャンル横断的にくくられたカテゴリにならなかったのではないか。何しろ、提供される側の都合で名前だのが決められて、妙なことになるなんていうのは、いくらでもある*1し。

[][]MF文庫J公式サイト更新。8月の刊行予定追加と……ちょっと延期。

 MF文庫Jの公式サイトが更新された。そして6月発売予定新刊の追加と、そして8月刊行予定が掲載された。

 そして……清水マリコ氏の予定されていた「ゼロヨンハチロク」が、6月予定から7月に延期された。まぁ、こちらは必ずでるなら、いくらでも待ちますよ。どっかの某本みたいに、蜃気楼みたいに近づくと消えるみたいじゃなければ……。*2

 そして!8月に『あそびにいくヨ!』の4巻、『神様家族』の5巻が発売予定になった!ばんざ~い! まだサブタイトルは掲載されていないけれど、とりあえず確実に出るということだ。安心して待つことにする。

[]冲方丁×乙一によるライトノベル必読書100冊・アンケート をながめながら。

「Quick Jpan Vol54」(ISBN:487233857X)を元に、一歩さまがアンケートかした冲方丁×乙一によるライトノベル必読書100冊・アンケート をながめながら。自分的にちょっと気になったというか、残念なこと。

 ……「ウソイモ」「あそびにいくヨ!」 のランキングが低い……。いや、まぁ、そりゃあそんなもんだろうとは思うけどさ、だけど、あれだけキツキツのスペースで、タイトルだけも多いなかで、冲方丁氏が結構言及しているんですよ! 冲方丁氏がMF文庫Jで本を出されているということもありますが……つーか、MF文庫Jってレーベル自体マイナーだよなぁ。それぞれ得意分野がある街の本屋さんならともかく、大型スーパーに併設されている本屋さんで一冊もなかったりするとなんというか……。

 現在ここで書評リストを作るという試行がおこなわれておりますし……。いろいろ広める活動をやってみようかしら。とか……。

……とりあえずもっと、レーベル買いする人が多いくらいMF文庫Jが有名で、たくさんの本屋にでまわったら、かなりヒットしていると思える二冊ではと思うんだけどなぁ。さらに、同じMF文庫J「神様家族」 も。少なくとも、自分の中ではもうここのところのベストな作品なんだけど。


[]クロスレビュー状態、初めて(?)成立?

『あそびにいくヨ! (3) たのしいねこのつかいかた』にて、初めて……たぶん初めてクロスレビューが成立した模様であります。

 無理とあわせる必用は全くないけど、こうやってゆるやかにできたらいいなぁ。とか思う。

 今、ここに参加している人たちは、結構読書量が多い人たちでありますが、もちろん、べつに読書量がすくなくたって、参加したっていいんですよ。本が好きならば。本の関連、本の感想が書きたければ。たくさん書かなければならないということはないはず。はてなダイアリーで書いていて、感想を書くときだけこっちに書く、とかそういう方法でいいとおもうんですけど。どうでしょ。多くなればなるほど有意義になっていくと思うんです。同じジャンルの本を読む人が増えれば増えるほどね。

 また、いろいろ活動もはじまってますし、なんかいろいろ。こういうのってわくわくしてくる。というわけで、今日は今まで伸ばしてきたキーワードを登録してみた。

 さて……明日、レーベルのキーワードを登録してみようかしら。

*1:FireWireが、IEEE1394と規格化されたのはまだよいにしても、ILINKと読んでみたり、メディアリンク、と呼んでみたり……。挙句の果てに「デジタルビデオ端子」だ? 厳密には違うんだろうけれど使う側にとっては統一しろ読めてめぇ、というようなものがたくさんある。通信用語なんか、シスコ語とかあげればもう腐るほど……。こういう風に名称が乱立するものって往々にして一部の人だけのものになっている気がする。

*2:ははは、某本って、そういう本が多すぎて特定できないだろ、はははは……orz

トラックバック - http://book.g.hatena.ne.jp/TakamoriTarou/20040601

最近の日記の見出し

bookグループキーワードの検索
 
-広告-

↑adsenseモジュールです。(javasprctが使用できない方は見えません。)

 
2000 | 01 |
2004 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 |
2005 | 01 |
2006 | 03 |

Valid CSS!

308628 pagerank anniversaireRSS feed meter for http://book.g.hatena.ne.jp/TakamoriTarou/