高森太郎の日記。@B-g 本の虫の書庫

 ライトノベルを中心に読む本の虫で専門学生の、書籍に関する日記であります。

 このページについて、about it?を、できましたらはじめにお読みください。はてなアンテナにこのページを追加(ログイン中のみ有効) I-knowへこのページを追加(ログイン中のみ有効)

ご案内

高森太郎の日記」というものもございます。そちらもよろしくおねがいします!
評価について。たぶん一般的な基準と違います。一度読んでいただけるとうれしいです。

日記を絞込み

<< 2004/05 >>
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

2004年05月14日(金曜日)

[][]雑破業『おねがい☆ツインズ(2) 二人と一人』?

『おねがい☆ツインズ?(2) 二人と一人』(出版社サイト

 著/雑破業著者直営サイト) イラスト/羽音たらく? 合田浩章?

 発行/(メディアワークス)? (電撃文庫)?

 (ISBN:4804226903)(高森太郎書店では『注目の新刊』のコーナーに。)

 なんとなくこっちが先に読了でした。2004年5月発売の電撃文庫二冊目読了。

 麻郁と、肉親かもしれない二人、深衣奈と樺恋は、恋愛同盟を結んだ。それは、二人で協力しよう、そして、どちらかが、肉親だと分かったらもう一人の恋を応援する……。そして、それから、二人は、麻郁のそばで、三人で、暮らしていく。旅行に出かけ、夏祭りをすぎて、そして信州の遅い夏休みに入る前、深衣奈は、あることに気付く。それは、三人の関係の根本的なことだったのだ……。

 おねがい☆シリーズの二作目、おねがい☆ツインズの小説版。くすぐったい青春と恋愛を書く、雑破業氏の本であります。読了。

 話自体は、アニメとは少し時間が、そして偶然がずれた、全く同じ人がいる、ふたつの平行世界の物語と言う感じです……ありていに言えば、「恋愛シミュレーションゲーム」の別の選択肢、っていう感じでしょうか。アニメ下奈作は、深衣奈ルート、今回は、樺恋ルート、という。

 そして、樺恋についての物語があかされます。……といいつつ、ちょっと原作のアニメとは設定が違うのかな?

 以下ネタバレ含む。

 湖のほとりの家で、最後、一斗缶で燃える炎と、空に舞い上がる火と、まあるくやわらかく赤い光でつつまれる……。夏なのに澄んだ風がながれて、そして……。

 なんか美しい情景を思わせる、小説版ならではのシーンだと感じて、やっぱり、アニメに忠実とこだわっていないところがいい。

 また、ゲストと言うか、半ば雑破業氏の趣味かも、とか思いますが。風見はつほ氏も登場したり、ラジオを聴いている人には「ぉ」(お、ではない・笑)と思うネタもありでした。

 やっぱり……正直なところ、アニメを全く知らない人にはお勧めできません。一巻も、二巻も、おねがい☆ティーチャーに登場したキャラクターが何の説明もなく登場していますし。

 ですが、とりあえずあの感覚にはまった方は、読んでも損はないかな。その際は、是非『おねがい☆ティーチャーみずほと桂のMlikyDiary』から読んでください。あっちはエロエロです(笑

 評価は10中6.5.ファンなら、買い。ですな?

 というか、三人で3Pをまってます(ォィ

[]bookグループキーワード作成ガイドライン について

adramineさまのまとめで異存ないです。

 というか注目の新刊リストとかいいですね~。wiki的な使い方で、情報を集積したり、いろいろできそうですし。

 というわけで、自分が作ったキーワードは責任持って自分で修正しますので。


といいますか。 はてなダイアリーつながりません。 23:53

 ど~したもんやら。

トラックバック - http://book.g.hatena.ne.jp/TakamoriTarou/20040514

最近の日記の見出し

bookグループキーワードの検索
 
-広告-

↑adsenseモジュールです。(javasprctが使用できない方は見えません。)

 
2000 | 01 |
2004 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 |
2005 | 01 |
2006 | 03 |

Valid CSS!

310492 pagerank anniversaireRSS feed meter for http://book.g.hatena.ne.jp/TakamoriTarou/