BookSynapse

一部物語の種明かしの部分をCSSで隠してあります。
消えている部分」を見たいときはマウスで選択、反転して読んでください。

カテゴリ一覧: [Reader日記]/ [今月の三冊]/ [注目新刊]/ [bk1はてな]/ [その他本に関する話題]/ [bookG]/ [はてな全般]
[過去の記事一覧]   id:Hebi:about/ 24d/ a/ b/ d/ f/ i/ グループ:BookSynapse/MultiSynapse

2012-01-22

[][]Reader Storeで青空文庫のテキストを無料でダウンロード はてなブックマーク - Reader Storeで青空文庫のテキストを無料でダウンロード - BookSynapse

プリインストールの試読版で、読書環境の快適さを実感した後は、「eBook Transfer for Reader」という専用ソフトをインストール。ネットで見ると重い、使い勝手悪い、とさんざんな評価だけれど、期待してなかったのでそんなに悪くない。

つぎにソニーがReader用に用意したReader Storeを使ってみる。

いきなり有料の電子書籍を購入してうまく動かないといやなので、無料でダウンロードできる青空文庫のテキストの中でも短い物を選ぶ。無料のコンテンツでも、My Sony Clubの会員登録はしなければいけない。

新緑の庭

芥川龍之介(著)

青空文庫

2011/01/21 Reader™ Store発売

http://ebookstore.sony.jp/item/BT000011283300100101/

フォントサイズMでも5ページしかない掌編。新緑の頃を迎えた庭の植物たちが会話しているだけのちょっとシュールな描写。

Webでも読める(http://www.aozora.gr.jp/cards/000879/files/4280_6763.html)けれど、明朝体の縦書きだと全然雰囲気が違う。旧仮名遣いがしっくり来る。ルビも()くくりでないので読みやすい。

芥川龍之介(著)

青空文庫

2011/01/21 Reader™ Store発売

http://ebookstore.sony.jp/item/BT000011171500100101/

25ページ。旧仮名。

旧家の庭が荒れ果て、その後穀潰しの次男とその甥によって再建が図られる、というだけの話。全体に暗いけど、この暗さとやっつけ具合がいい。

邪宗門

芥川龍之介(著)

青空文庫

2011/01/21 Reader™ Store発売

http://ebookstore.sony.jp/item/BT000011166200100101/

172ページ。こちらは新仮名遣い。

「地獄変」の続編なんだけど、未完。堀川の若殿のキャラが立ってて面白い。万事風流を愛する優男なのに、「地獄変」に出てきた大殿(父親)との確執や毒舌に、いわゆる文系男子の陰湿な知性の使い方が顕著に出ている。豪儀ですぐ実力行使に出てしまうけれど、口ではとうてい敵わない大殿がまた。

2004 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 |
2006 | 05 |
2012 | 01 |