BookSynapse

一部物語の種明かしの部分をCSSで隠してあります。
消えている部分」を見たいときはマウスで選択、反転して読んでください。

カテゴリ一覧: [Reader日記]/ [今月の三冊]/ [注目新刊]/ [bk1はてな]/ [その他本に関する話題]/ [bookG]/ [はてな全般]
[過去の記事一覧]   id:Hebi:about/ 24d/ a/ b/ d/ f/ i/ グループ:BookSynapse/MultiSynapse

2005-04-23サンジョルディの日

焚書官(d:id:mutronix:20050416)さんへ『書物の敵』ISBN:4896948491 はてなブックマーク - 焚書官(d:id:mutronix:20050416)さんへ『書物の敵』ISBN:4896948491 - BookSynapse

まずは企画の発案者さんに。

火、水、埃に紙魚に、無知で狭量な人間たち。10種類の書物の敵を取り上げて、それらのもたらす甚大な被害を語った本です。書かれたのが一世紀以上前とあって、時代背景からくる偏った内容もまた乙。貴重なものが失われるエピソードって何でこんなに魅力的なんでしょうか。そして、本当に貴重なものというのは、限られた一握りの人にしかその価値がわからないからこそ、貴重でもあるのだと再認識した本です。私も百年後には「書物の敵」として後世の人にののしられているかもしれません。

一目見て焚書官さんのことを思い出したので、この機会に謹んでお贈りします。

2004 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 |
2006 | 05 |
2012 | 01 |