BookSynapse

一部物語の種明かしの部分をCSSで隠してあります。
消えている部分」を見たいときはマウスで選択、反転して読んでください。

カテゴリ一覧: [Reader日記]/ [今月の三冊]/ [注目新刊]/ [bk1はてな]/ [その他本に関する話題]/ [bookG]/ [はてな全般]
[過去の記事一覧]   id:Hebi:about/ 24d/ a/ b/ d/ f/ i/ グループ:BookSynapse/MultiSynapse

2005-02-28

Hebi20050228

[]NHK-FM青春アドベンチャーで『家守綺譚』 はてなブックマーク - NHK-FM青春アドベンチャーで『家守綺譚』 - BookSynapse

梨木香歩の『家守綺譚』ISBN:4104299030ラジオドラマが今夜から放送。全10回、2週間のプログラム。とぼけた主人公、おおらかな高堂、妙に肝のすわった隣家のおかみさん、古い家を守りながら怪異に親しむ地味な暮らしがツボなのです。原作の味わいを壊さない淡々とした語り口が好もしいです。



[]今月の三冊200502 3/34冊 はてなブックマーク - 今月の三冊200502 3/34冊 - BookSynapse

今月は前半とばして後半息切れ。(3/1更新)

山田昌弘『希望格差社会』ISBN:4480863605

「リスク化」と「二極化」で大量の負け組を産みつつある今の社会の行方に警鐘をならす一冊。とりあえずフリーターニートひきこもりパラサイト負け犬も全部カバーしているので、これ一冊読めばそのあたりの現状認識としては十分。ただこの本の手法はあくまで統計分析して、そこから導き出されるメンタルなもの(希望)をキーワードに現象を説明するというものなので、全体的に薄っぺらい*1のは仕方がないか。そのせいか解決策もおおざっぱで頼りないので、あとは各自がこの現状を克服する方法を模索する、と。

文中や巻末に参考文献が頻出するので、ブックガイドとしてもあらすじ本としても使えるあたりもかなりお得。

内田樹『先生はえらい』

己の心がけ次第で森羅万象すべてのものが師たりうる。学ぶものの心得を説いた、実は大人向けかもしれない勧学の書。

http://book.g.hatena.ne.jp/Hebi/20050202


仲正昌樹『「不自由」論』ISBN:4480061320

サブタイトルに「「何でも自己決定」の限界」ってついてるから『若者はなぜ「決められない」か』とか『若者が社会的弱者に転落する』の系統かと思ったら、それよりもっと抽象的・哲学的に追究した本。

社会と個人をつなぐ思想は確かにあって昔から営々と考えられつづけてきたんだなぁと感心した。たどり着く結論が、急がず考えつづけようという当たり前のものなので、ちょっとがくっとくるんだけど、この本でみるべきはその過程。ものすごく回りくどくてわかりにくくて、でもすごく大事なことを言っている気がする。ぜひ少し間をおいて読み直したい。

次点

  • 米澤穂信『春期限定いちごタルト事件』ISBN:4488451012
    • 小市民を目指して互恵関係を結んだ狐少年と狼少女の求道の物語。ベースは北村薫とか加納朋子とかに連なる日常の謎系なんだけど、そこに思春期らしい「演じられる自己」を絡めたのが巧い。片山若子さんの挿画もマッチしてて最高(←入手動機は表紙だった)。
  • こうの史代こっこさん』ISBN:4776791277
  • 村上春樹『ふしぎな図書館ISBN:4062127393
  • 横山光輝史記
    • 今までどこが面白いのか皆目見当がつかなかった、歴史物シミュレーションゲーム(KOEIとかの)が世の中に存在する意味を遅ればせながら納得してしまった。あまりにも同じシチュエーション繰り返しすぎ。そして似たような故事を参考に戦略を練った結果が180度違ったりするので、たまらない(いい意味でも悪い意味でも)。水滸伝西遊記の大いなるマンネリズムはこういう歴史的背景から生まれるものなのかもとも思ったり。唯一特異で印象的なエピソードが作者の司馬遷の伝記だったりするところがまた面白い。

*1:リスク化や二極化をもはや止められない現象と決めつけるのはあまりに早計すぎるし、競争から降りたスローライフを強者の趣味的なものと見なすのもちょっと強引。強者連合の妻の側の満足度が低い事なんかを無視するあたりも気になった。

2005-02-11遅ればせながら

1月のベスト書きました。三冊になってる月の方が少なくなりそうな勢い。→http://book.g.hatena.ne.jp/Hebi/20050131

2005-02-10企画案

[]4/23にトラックバックで本をプレゼント はてなブックマーク - 4/23にトラックバックで本をプレゼント - BookSynapse

今とつぜん、サン・ジョルディの日に人に何か本を送る(ISBN/ASINを書いてTBする)というのを思いつきました。

http://d.hatena.ne.jp/mutronix/comment?date=20050209#c

ブックグループの企画にならないかなぁと思いました。バレンタインデーばっかり流行るのはずるいと思います。

[]リストを作るグループを作りました はてなブックマーク - リストを作るグループを作りました - BookSynapse

http://list.g.hatena.ne.jp/

最近ちょっと時間に余裕が出来たからって、調子にのってこんなことはじめていいんでしょうか。

2005-02-04はてなダイアリーへの要望/archiveとabout

[]archive(過去の見出し一覧)へのリンクをヘッダにつけて欲しい はてなブックマーク - archive(過去の見出し一覧)へのリンクをヘッダにつけて欲しい - BookSynapse

1月の3冊を決めねばと思って日記のアーカイブページを使っていて(←すごく便利です)、そういえばグループではこの機能使えなかったような…とふと試したら見事表示されて感動しました。いつの間に!

というわけでヘッダに手書きで「過去の記事見出し一覧」を追加しました。が、この機能が必要なのはどっちかっていうと他人のダイアリー読む時なんですよね…。

でもって、そういう要望を書いていた人がいたなぁと記憶を頼りに探したらいらっしゃいました。

どうせならはてなダイアリーヘッダテーブルにArchiveとAboutへのリンクをつけてくれればいいのに、と思うのは僕だけなのかしら。管理メニューで表示/非表示を選べればリンク張られるのが嫌な人への配慮もバッチリ。

無風地帯?1/29 http://d.hatena.ne.jp/calmzone/20050129

というわけで、私も同じ要望を出します。はてなダイアリーへの要望d:id:hatenadiary

[]プライベートモードの人のaboutページ はてなブックマーク - プライベートモードの人のaboutページ - BookSynapse

日記をプライベートモードにしていると、aboutページを編集してもデフォルト部分以外は非表示になるのですが、日記はプライベートでも人力には答えてたり、グループではパブリックで書いていたりするユーザー*1にとっては、表示非表示が選べるといいなぁと。こちらも合わせてご検討いただけると嬉しいです。

でもってこちらの要望にも賛同します。

個人的には、

?Dのユーザーのaboutページにリダイレクトする

のが良い解決策なのではないかと思う。

betaグループ-?で 「あれ?」http://beta.g.hatena.ne.jp/mohri/20050203/p1

*1:そんな人は少ないとは思いますが

2005-02-02内田樹『先生はえらい』

内田樹『先生はえらい』

[][][]『先生はえらい』 はてなブックマーク - 『先生はえらい』 - BookSynapse

内田樹 ISBN:4480687025

ちくまプリマー新書*1創刊ということで、タイトルだけはもうだいぶ前から知ってて、まだかまだかと待っていた一冊。

「先生はえらい」のです。/たとえ何ひとつ教えてくれなくても。/「えらい」と思いさえすれば学びの道はひらかれる。/だれもが幸福になれる、常識やぶりの教育論。

カバーより

内容的にはいままでの著書のダイジェスト&ジュニア版(一部をピックアップしてクローズアップして詳説)みたいな感じ。語り口は丁寧すぎるほど丁寧、でも中学生にはちょっと難しいんじゃないかという単語*2も織り交ぜつつ、冒頭で示されたたったひとつの問いのまわりをぐるぐると遠回りしながら、最後の一章で一気呵成に核心に迫るその構造が小気味いい。ラストにはおきまりのずるい予防線と、仕掛けでもって終わる。ちょっとかっこつけすぎですよ先生。

読む前はなんで生徒である中高生を相手に「先生はえらい」なんて本を書くのかと思ってたんだけど、ようは「学び」のなんたるかを学ぶ者に懇々と説いている本なのだった。正直にタイトルをつけたら「学びとは何か、いかに学ぶべきか」なんだけど、それじゃあ読んでもらえないだろうし*3。問題はこの本を読み通せるだけの地力を持った子どもがどれだけいるかって話ですが、子どもが読んでくれなくても大人が読んで学べばいいんだと思います。

首大に「学び」はあるのか

しかしこれを読んだことで、なんで最近内田先生があんなに大々的にクビ大*4のネガティヴキャンペーン*5をやってるのか納得できました。あの大学は、この本で言うところの「学び」ではなくあくまで「商取引」を提供する機関にしかなれそうにないからなんですね。(多分)

というわけで、世の中はもはや「学び」を必要とせず「商取引」がすべてになりつつあるのではないのか、という哀しい予感におびえつつ、あえてこれからも内田樹を「誤解」し続けていこうと決意するものであります…。

装丁

クラフト・エヴィング商會の装丁はちょっとレトロで大人が手にとっても違和感のない感じ。そういう意味では「よりみちパン!セ」よりちくまプリマー新書の方が比較的高学年ねらいなのかも。

*1:中高生向けの新書。他に老舗の岩波ジュニア新書、最近出ている理論社の「よりみちパン!セ」ともコンセプトが近い

*2:のっけから「現象学」とか。

*3:そんなタイトルの本はごまんとある

*4首都大学東京、通称首大

*5首都大学東京の光と影http://blog.tatsuru.com/archives/000688.php/『先生はえらい』!http://blog.tatsuru.com/archives/000692.php首都大学東京の予告された没落http://blog.tatsuru.com/archives/000733.php

2004 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 |
2006 | 05 |
2012 | 01 |