BookSynapse

一部物語の種明かしの部分をCSSで隠してあります。
消えている部分」を見たいときはマウスで選択、反転して読んでください。

カテゴリ一覧: [Reader日記]/ [今月の三冊]/ [注目新刊]/ [bk1はてな]/ [その他本に関する話題]/ [bookG]/ [はてな全般]
[過去の記事一覧]   id:Hebi:about/ 24d/ a/ b/ d/ f/ i/ グループ:BookSynapse/MultiSynapse

2005-01-312005年1月のベスト

[]今月の三冊200501 6/40 はてなブックマーク - 今月の三冊200501 6/40 - BookSynapse

正月休みに気になってた本をまとめて読んだので3冊を軽く超過。またもや遅れに遅れて更新(2/11)

宮本みち子『若者が社会的弱者に転落する』ISBN:4896916786

2002年11月に出た本で、各章の初出はさらに前なので、言葉としては「負け犬」も「ニート」も出てこないけど、その辺まとめて先取り。みんな読んで暗くなったって言うんだけど、かえって「しょうがないじゃんそういう時代なんだから」って気になったりして。結局この本で言われてるみたいに「失敗してもやり直しがきく」社会を作っていくしかないんだろう。いま上山和樹さんがはてなでやってるプロジェクトがまさにそんな感じです。

佐野洋子『神も仏もありませぬ』ISBN:4480814582

数年前に出た『あれも嫌いこれも好き』があまりにも自由自在ですばらしかったので、これも楽しみにしてました。もっとエネルギッシュかつ老成していて、しかもいままでより自然に近いところで暮らしているせいか野性味と温かみのある土のにおいがするような文章。そして、避けがたい老いと死への、覚悟と呼ぶにはあまりにもあっけらかんとした、悟りにも似た境地。もう一度最初から佐野さんのエッセイを順番に読みたくなる。

堀江敏幸『雪沼とその周辺』ISBN:410447102X

田舎で人生の終盤を生きるシチュエーションは『神も仏もありませぬ』とあんまり変わらないんだけど、こちらはうってかわって枯れた風情。人が生きる事の歓びと哀しみが読み進むうちにじわじわとしみてくる短編集。「河岸段丘」の最後のひやっとするような不安感や、「レンガを積む」のレコード屋さんの温かみ、「ピラニア」の定食屋さんの慎ましさ、どれもがいとおしい。

角田光代『対岸の彼女』ISBN:4163235108/『空中庭園』ISBN:416321450X

負け犬VS勝ち犬小説化か…と思った私は宣伝に踊らされていました。よく考えたら角田光代がそんな小説書くわけがない。『対岸の彼女』はむしろ自分の対人スキルに自信がなく、女同士のつきあいに嫌悪感がある若い女性向きだと思います。小説としてはこなれてて順当。京極フリークの私は『魍魎の匣』の女の子ふたりの関係を思い出したり。

ただし、小説としての「やってやったぜ!」読者としての「読んだぞ!」感は断然『空中庭園』のほうがあると思います。家族というテーマに真っ向から挑んで勝ち取った一冊。

『使える新書2 21世紀の論点編』ISBN:4872902076

1に比べて時事性に特化したパート2。これ、「使える新書」を紹介する本というより、一冊で何冊も読んだことにできる「これ自体が使える新書」なんじゃないかと。なんか既刊新書で『日本の論点』やってみましたという感じでとってもお得。レポートのネタに困った大学生がこの中からテーマ選んで適当に書くのに「使え」そう。

次点

2004 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 |
2006 | 05 |
2012 | 01 |