BookSynapse

一部物語の種明かしの部分をCSSで隠してあります。
消えている部分」を見たいときはマウスで選択、反転して読んでください。

カテゴリ一覧: [Reader日記]/ [今月の三冊]/ [注目新刊]/ [bk1はてな]/ [その他本に関する話題]/ [bookG]/ [はてな全般]
[過去の記事一覧]   id:Hebi:about/ 24d/ a/ b/ d/ f/ i/ グループ:BookSynapse/MultiSynapse

2004-09-302004年9月

[]今月の三冊 3/28 はてなブックマーク - 今月の三冊 3/28 - BookSynapse

なんか一発芸みたいなものが多くなってしまった。寒くなってきたせいか心温まるものも多い。

  • レーモン・クノー著/ 朝比奈弘治訳『文体練習』ISBN:4255960291
    • 文学賞メッタ斬り!』でトヨザキ社長が激賞してて、読書人生の一冊*1でも話題になっていたので気になって読んでみたら、ちょっとした出来事を手を変え品を変えて99タイプ全部読ませるという力業。そうきたかー、と思わず吹き出すこと数度。何でこんな本で笑えるのかということ自体がおかしい。読み進むうちにほんの少しずつ新たな情報が明かされるという、推理小説みたいな構成も、おもしろく感じた一因かも。rou6331さんの指摘通り、これは半分翻訳者の作品でもある。
  • 早川いくをへんないきものISBN:4901784501
    • 学術的にならずに笑いながら読める軽さが貴重。ドゥーガル・ディクソンの『アフターマン』がおもしろいんだけど文章が硬すぎて、イラスト眺めただけで終わってしまうのとは対照的にさらさらと「読めてしまう」本。
  • あとり硅子『ばらいろ すみれいろ』ISBN:4403617662
    • ラストコミックス。湿っぽくなるかなと思いながら読みすすむうちに、まったくいつものとおりの作品たちにすっかり気を緩める。それが最後のデビュー当初の未発表作品で「こんなに変わったんだな…これからはもう絶対に変化しないのに」と思った瞬間にこみあげるものが。

次点(多すぎ)

  • モブ・ノリオ『介護入門』ISBN:4163234608
    • 正面突破したらただのありがちなノンフィクションになるところを、あえてかっこよさを装ったかっこわるさで演出した心意気。完成度は置いといて、このタイミングで介護が「文学」として喧伝されたことは世の中にとっては必要で必然だったと思う。いまどき『恍惚の人』じゃ暗すぎる。*2
  • 奥田英朗『空中ブランコ』ISBN:4163228705
    • ほんとはまだ型ができあがりきってない『イン・ザ・プール』の方が好みなんだけど、一時期のサイコスリラーとかプロファイリングの過剰供給を抜け出して「精神分析くそ食らえ」「笑って切り抜けろ」が売れまくるのは爽快。
  • 河合香織セックスボランティアISBN:4104690015
    • 終始一貫して大まじめなので安心して読める。物理的に「不可能」な部分はともかく、基本的に健常者だって悩みは変わらない。本当のボランティアは「自分がやりたいから」するんだって、よく言われるし、ボランティアの定義からして人の数だけありそうだ。
  • 漆原友紀フラグメント』ISBN:4063143570
  • カフカ『変身』ISBN:4102071016
    • 何でこんな変なのにおもしろいんだろう。『介護入門』の直後だったので、思わず主人公を被介護者にみたてて読んでしまったり。焚書官さんのところで知った文体模写してくださいがまたおもしろい。『変身』+『文体練習』。
  • フジモトマサル『ダンスがすんだ』ISBN:4104704016
    • 回文絵本。回文に合わせてシュールな展開をみせる話の無理矢理さが回文の無理矢理さとの相乗効果を生んでいる、ような気がする。表題が意味深なのは読まないと分からない。鍋の後のうどんの場面は絵を読んで楽しむ。

*1http://www.hatena.ne.jp/1094655207

*2清水義範の「靄の中の終章」はけっこう突き抜けてたけど

2004 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 |
2006 | 05 |
2012 | 01 |