BookSynapse

一部物語の種明かしの部分をCSSで隠してあります。
消えている部分」を見たいときはマウスで選択、反転して読んでください。

カテゴリ一覧: [Reader日記]/ [今月の三冊]/ [注目新刊]/ [bk1はてな]/ [その他本に関する話題]/ [bookG]/ [はてな全般]
[過去の記事一覧]   id:Hebi:about/ 24d/ a/ b/ d/ f/ i/ グループ:BookSynapse/MultiSynapse

2004-07-11京極夏彦『百器徒然袋 風』

京極夏彦『百器徒然袋 風

[][][]京極夏彦『百器徒然袋 風』 はてなブックマーク - 京極夏彦『百器徒然袋 風』 - BookSynapse

ISBN:4061823795

感想

榎木津探偵団バカ騒ぎシリーズ(←勝手にそう呼んでいる)。そもそも本島ってだれだっけというレベルなのでいやはや。羽田老人のことも忘れてるし。下記はその辺さっ引いて読んでください。

「五徳猫」は招き猫研究論文、「雲外鏡」は言ってみれば榎木津の体質攻略作戦失敗談。しかし○○してるところも見えちゃうってのは楽しいなぁ。言われてみればその通りだ。かねてから榎木津の体質についてはいろいろつっこみたかったので、これが読んでて一番楽しかった。「面霊気」、ばたばたしている割には最後がちょっと感傷的で変な感じ。雰囲気的にこれで薔薇十字探偵団も大団円?声を出して笑ったのはp371「多分、思い出そうとして被ったんですよ。」なるほどと思いながら笑ってしまった。

京極堂がやたらと軽々しく活躍してておかしかった。そもそもこのシリーズは作者によるパロディ小説みたいなところがあって、基本的にみんな戯画化されてるんだけど、ますます性格が変わってる。本島と被るせいか、はたまた最近どんどん変な人道を極めてきていて書きにくいのか、関口君がかけらも出てこない。鳥ちゃんや青木君や敦っちゃんやマチコや木場はお約束として出てくるのに。ああ伊佐間がいなかったか。最後に出てくる人は、なんかもう少しひねりがほしかった。ほのめかされていた頃の方がものすごく「この人が直接登場する場面を読んでみたい!」と思ってたのに。

関口君視点の話にも言えることだけど、トリックっぽく見えるのはたいてい語り手(この本だと本島)の現状認識がぼけぼけだからなので読んでいて冗長に感じていらいらしてしまう。おまけに関口君視点だとかすかに漂う幻想臭、耽美臭が本島君にはないのでよけいにつらい。まどろっこしい会話といい、どう考えても段ごとに字を納めるために無理してる。おまけに連載ものなのでいちいち人物関係の説明が入っていてもうそんなことはわかってるんだよと飽き飽き。読んでる間、とにかく早く読んじゃえとしか思えなくって、なんだか、もうあのころの気持ちで京極を読むことはないんだろうなぁとしみじみ思ってしまった。

見返しの招き猫群像、逆の手を挙げてる猫がいないか凝視してみたけど、いないみたい。


[]『暗黒館の殺人 愛蔵版』 はてなブックマーク - 『暗黒館の殺人 愛蔵版』 - BookSynapse

綾辻行人著 9月下旬 受注限定 ISBN:4061823906

上の本にチラシが挟まってました。画集付きだっていうのに「誰の絵か」が全然書いてないチラシってはじめて見たなぁ。講談社は何考えてるのか。しょせんおまけ扱い?講談社のサイト(http://shop.kodansha.jp/bc/yoyaku/books/ankokukan/)にも記載なし。

検索したら綾辻行人データベースAyalist(http://www.geocities.co.jp/Bookend-Soseki/3457/)でも7/9づけでこの件に触れてました。連載当時の喜国雅彦挿絵だそうです。

そしてもうひとつ、通常版はいつ出るのか書いてないのも問題あるんじゃないのかなぁ。9月上旬だそうです。十二国記でもそうだった*1けどファンはまた引き裂かれるわけで、講談社はこんなことばかりしている気がする。

*1:ホワイトハートより講談社文庫の方が早く出た…山田さんの挿絵は見たいがなるべく早く読みたくもあった人は気も狂わんばかりだったらしい

2004 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 |
2006 | 05 |
2012 | 01 |