芹沢蔵書目録 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2012-12-29

[]『WOMBS』 『WOMBS』 - 芹沢蔵書目録 を含むブックマーク はてなブックマーク - 『WOMBS』 - 芹沢蔵書目録 『WOMBS』 - 芹沢蔵書目録 のブックマークコメント

WOMBS 1 (IKKI COMIX)

WOMBS 1 (IKKI COMIX)

WOMBS 2 (IKKI COMIX)

WOMBS 2 (IKKI COMIX)

WOMBS 3 (IKKI COMIX)

WOMBS 3 (IKKI COMIX)

WOMBS ウームズ 4 (IKKI COMIX)

WOMBS ウームズ 4 (IKKI COMIX)

WOMBS ウームズ 5 (IKKI COMIX)

WOMBS ウームズ 5 (IKKI COMIX)

異世界の風習や生活の描写を得意とする白井弓子の、異星SF漫画。

一言で言うならば「戦略の要を担う、女だけの部隊」の話……なのだが、恐らくこの言葉からイメージされるものとは程遠い、がっしりと骨太な戦争SFである。


長く続く、第一次入植者ファースト第二次入植者セカンドの戦争。両者の出航時期には200年に及ぶ断絶があり、科学技術の発展にもまた同じだけの差がある。

ファーストから見れば、長いテラフォーミングを経てようやく開拓を開始したところに現れ惑星の自治権を主張するセカンドは「侵略者」であり、これに屈することは入植の努力を、先人の犠牲を無にすることと同義となる。

物語はファースト側の視点から描かれるため、セカンドの思惑を諮るのは難しい。ただ、(何故既に入植の目的地として選択されていた星を目的地としているのかは不明ながら)(ファーストは事故に伴う空間漂流の末に本来とは異なる惑星に入植しており、偶然それがセカンドの目的地と重なったようだ)彼らとて長い距離を越えてここまで来た以上、今更撤退もしくは他星への移動という選択肢は恐らくあり得ないのだろう。

いずれにせよこれは両者とも引くに引けないアイデンティティの戦いでありイデオロギーの戦いである。戦争の動機としては最悪の。


前述の通り、両者の科学技術には格段の差がある。正攻法では、戦力差は明らかだ。ここでファースト側は、原生生物の「空間転移能力」を活用した特殊輸送部隊を創設することでセカンドとの格差解消を試みた。空間を飛び越えて部隊ごと移動する強襲部隊によるゲリラ戦術。

その特殊部隊こそが、「女だけの部隊」である。それがどのようなものかは敢えて語らないが、決してアイドルのような代物ではないとだけ述べておく。


セカンドは特殊部隊、及びその技術手法を「非人道的」として非難し、嫌悪感を植え付けるプロパガンダを展開する。ファーストもセカンドの「欺瞞的虐殺」を非難し、また情報統制や民衆への「教育」によって戦意を支える。

どこかで聞いたような話だが、つまるところ全面戦争とはいつの世でもこういうものだ。

国には国の思惑があり、上層部には上層部の思惑が、個々の兵士にもまた個人の思惑が。どれが正しいのでも間違っているのでもなく、それらが絡み合い織り成す中に物語がある。こういうものをきちんと描ける人は、それほど多くない。

物語は主に、新米転送兵の視点を通じて描かれる。どのような訓練を経て、どうやって惑星規模の空間認識を得、それを使いこなしてゆくか。人間的成長というより、超能力の開拓過程といった風情であるが、「人間が本来持たぬ知覚」の描写は実に力強い。


白井弓子は2007年度の文化庁メディア芸術祭に於いて、「天顕祭」でマンガ部門奨励賞を受賞しているが、同作は同人誌(というか個人誌)であり、商業出版されていない作品の受賞は初めてのことであった。

それほどの力量で描かれた作品ながら、2年前に刊行された1巻から2012年の3巻まですべて重版のかかった形跡がないというのは不思議なことだ。よほど初版刊行数が多かった……とは考え難い。つまり、注目されていないということだろう。実に勿体ない。


若い世代には受けの悪い作品なのかも知れないが、竹宮恵子「地球へ……」や萩尾望都「銀の三角」など70年代頃の名作SF漫画に匹敵する傑作であると言い切りたい。

WOMBSが、2017年2月に発表された第37回日本SF大賞を受賞

s-fugas-fuga2012/12/29 13:04>何故既に入植の目的地として選択されていた星を目的地としているのかは不明ながら
ファーストは、漂流してたどり着いた旨の記述があったので、当初目的としていた星じゃなかったんじゃないかな。
試し読みしたけど、確かに力強い。

DocSeriDocSeri2012/12/29 13:12ああ、確かに「漂流の末」とはあるんですよね。これは事故か何かで当初の目的地ではない星に到達したってことなんだろうか。

トラックバック - http://book.g.hatena.ne.jp/DocSeri/20121229