芹沢蔵書目録 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2009-09-09

[]『失われた町』 『失われた町』 - 芹沢蔵書目録 を含むブックマーク はてなブックマーク - 『失われた町』 - 芹沢蔵書目録 『失われた町』 - 芹沢蔵書目録 のブックマークコメント

失われた町

失われた町

三崎亜記渾身のSF。


町ひとつの住民が忽然と消え失せる「消失現象」。既に2つの町が虚空に呑まれ、国家は全力を挙げてこの現象の抑制に努めている。

悪いことに消失は「感染」する。町の外にいて消失を逃れた者も程なく周囲を巻き込んで消失。町の記憶を留める一切は毒となって触れる者を蝕む。人口への膾炙それ自体が汚染拡大を引き起こすため政府は消失した町に関する記録はおろか追憶の一切を禁止。

つまりこれは多分に郷愁を含んだディストピア小説と言える。汚染拡大の恐怖、思想・言論の制限と監視、人権を無視した人体実験、都市を取り囲む防衛施設……そうした抑圧的な描写と、そこに暮らす人々の感情、あるいは異国情緒や過去への憧憬のようなものが綯い交ぜになったメロウな描写が混在する。


欠点も記しておく。

三崎亜記は決して力量に優れた作家とは言えない。人物描写では厨二病とも取れる完璧超人や変に気取ったような人物像を多用するし、地の文に於いても同じ言い回しが複数回(恐らく何らかの意図を持ってのことではなく)出現する、また異世界感の演出を意図してのものと思われるが造語の多用を、鉤括弧括りや日本語にカタカナルビ、英字などを混じえて散りばめてあるのが読み難さ──喩えて言えばコンピュータ用語やビジネス用語に多用されるカタカナ語のような──を引き起こしているなど、こなれていない印象は強い。

しかし、それら欠点を差し引いて尚、本書は魅力的なSFたり得る。


突発的な広域災害、汚染拡大とそれへの忌避・差別感情、いくつもの特異存在、災厄の予測・防止のためだけに組織された強権的機関。一作で終わらせるには惜しいほどのギミックがここには詰め込まれている。

三崎は世界を描く作家であり、描かれる世界は現実のそれをなぞりながらもある一点を境に別の相へと転移している。その意味に於いてこれは純粋な平行世界SFだ。しかし惜しむべくかな、世界だけを強固に描くには彼の筆致は拙い。ために過剰なまでに人物描写の牽引力に頼ってしまい、その心理フィルタを通してぼやけた風景しか描くことができずにいる。

本質的には、彼はむしろ設定をこそ愛する作家なのではないかと思う。なれば小説ではなく、設定資料集を書いてはどうか。ドキュメンタリーの形式を採って架空の世界を描く。その方が純粋に、魅力ある世界を表現できるのではないかと思う。──ただ、現状まだ雰囲気に留まって奥行きを描けずにいるように見えるので、是非そこを突き詰めて頂きたい。本作の設定で言えば、例えばこの国以外でも消失は発生しているのか。いるなら/いないならその共通点/相違点は何か。日本語を使い日本名を持つが日本ではないこの国の成り立ちは。書けることはいくらでもある筈だ。

トラックバック - http://book.g.hatena.ne.jp/DocSeri/20090909

2008-11-27

[]『赤い星』 『赤い星』 - 芹沢蔵書目録 を含むブックマーク はてなブックマーク - 『赤い星』 - 芹沢蔵書目録 『赤い星』 - 芹沢蔵書目録 のブックマークコメント

赤い星 (ハヤカワSFシリーズ・Jコレクション)

赤い星 (ハヤカワSFシリーズ・Jコレクション)

ハヤカワのJコレクションから発売したものとしてはアイオーン、ラーに続く3作目となる、例によって歴史改変ものSF。「ネット技術が歪に発達した/帝政ロシアの属国となった/江戸」既にこれだけで満腹すぎるほどの高野節炸裂である。

陰謀の国ロシアの二重三重に張り巡らされた謀略、仮想現実と現世の重ね合わせ、我々の知る歴史と書中の架空史の二重露光。どこからが正史でどこまでが架空史なのか、作中ですら混迷し眩惑される。とりわけロシア史は我々にとって馴染みの薄い代物であるから尚更だ。

冒頭のボリス帝戴冠は史実ならば16世紀の話らしい。確かにそれなら日本は江戸時代だ。けれど一方で「ソ連時代には」なんて一文が紛れ込んでいたり、遺失技術らしい(恐らくはソ連時代のものなのだろう)攻撃衛星まで登場したりと時代設定は混沌を極める。


作者も認めるように、本作には普通ならば中〜長編が書けるだろうプロットが数本分詰め込まれている。ために焦点が定まらず散漫な印象は否めない。しかし眩惑を旨とする氏の作風に於いては、それは必ずしも悪いことではないのかも知れないが。

惜しむらくは、過去の作品同様、他作品との繋がりが見えない点か。別に繋げる必要があるわけでもないのだが、同一手法で書き継いでいる以上、読者としてはついそれらを複合した「大きな世界」を夢想してしまう。

多分、作品ごとに完結した設定として構想されているもので別作品との整合性を撮るのはかなり困難だろうとは思うのだが、それができれば一層の深みが得られるのに、と思うと残念でならない。

トラックバック - http://book.g.hatena.ne.jp/DocSeri/20081127

2008-09-09

[]『イナイ×イナイ』『キラレ×キラレ』 『イナイ×イナイ』『キラレ×キラレ』 - 芹沢蔵書目録 を含むブックマーク はてなブックマーク - 『イナイ×イナイ』『キラレ×キラレ』 - 芹沢蔵書目録 『イナイ×イナイ』『キラレ×キラレ』 - 芹沢蔵書目録 のブックマークコメント

イナイ×イナイ (講談社ノベルス)

イナイ×イナイ (講談社ノベルス)

キラレ×キラレ (講談社ノベルス)

キラレ×キラレ (講談社ノベルス)

新シリーズ「Xシリーズ」2作。これまでの作と違い、過去シリーズとの接点に乏しい。

はじめて探偵役が職業探偵に。ただし3人中一人はバイト、一人はバイトですらない。設定的にも「飛び抜けて鋭い」という感じではなく、むしろ足で稼ぐような地道さが見える。

登場人物たちのぎこちない会話は、なんとも「理系の考える文系の会話」みたいな印象。

総体としてはカタルシスに欠ける。森がこのシリーズで何を狙っているのかよく解らない、とはいえ面白くないというわけでもない。微妙な路線だ。

トラックバック - http://book.g.hatena.ne.jp/DocSeri/20080909

2008-09-05

[]『ファイナル・シーカー レスキューウィングス』 『ファイナル・シーカー レスキューウィングス』 - 芹沢蔵書目録 を含むブックマーク はてなブックマーク - 『ファイナル・シーカー レスキューウィングス』 - 芹沢蔵書目録 『ファイナル・シーカー レスキューウィングス』 - 芹沢蔵書目録 のブックマークコメント

自衛隊の航空救難隊、なかでもとりわけハードな降下救助員の話。


航空救難というのは第二次大戦期のドイツ空軍に始まったもので、当初は主に北海に墜落したパイロットの救助を想定していたという。(海面着色剤ダイマーカー)などもドイツ軍による発明。

この当時は

  1. 水上機で遭難者捜索
  2. 浮舟を投下
  3. 着水して救助

だったが、現在ではヘリによる救助が主となっている。時折災害救助を行なっているのが報道されるので見覚えあるだろう。


ヘリからのロープによる(懸垂降下ラペリング)といえば空挺部隊の任務とするところであり、空挺部隊はどの国でも陸軍きっての精鋭部隊であるが、降下救助員というのは正にそれを専門とし、かつ(実戦投入されることのない空挺と異なり)実務を幾度も経験しているという稀有な存在である。

海上保安庁が海上自衛隊よりも実戦経験豊かであるように、航空救難隊は習志野の空挺部隊より精鋭であると言える。なにしろ彼らの出番というのは自衛隊ならまず出動しないような状況-----濃霧による視界不良や荒天の中での飛行・滞空、増水する急流や高波で荒れる海面への降下など、救助作業それ自体が自身の身を危険に晒すような行ないなのだから。


自衛隊の救難部隊というのは色々な意味で矛盾に満ちた存在である。人を殺すのが仕事の軍隊にあって人を助けるのが任務の部隊であり、また人を助けるために自らの命を賭す存在。


プロフェッショナルを書かせたら右に出るものはない小川一水による、プロ中のプロの仕事を書く一作、面白くなかろう筈もない。

ただ、ライトノベルレーベルからの出版だったためか「幽霊憑き」などの設定がやや邪魔ではあるかも知れない。それだけが残念。

トラックバック - http://book.g.hatena.ne.jp/DocSeri/20080905

2008-08-28

[]『ZOO KEEPER(6)』 『ZOO KEEPER(6)』 - 芹沢蔵書目録 を含むブックマーク はてなブックマーク - 『ZOO KEEPER(6)』 - 芹沢蔵書目録 『ZOO KEEPER(6)』 - 芹沢蔵書目録 のブックマークコメント

ZOOKEEPER(6) (イブニングKC)

ZOOKEEPER(6) (イブニングKC)

これまではっきりした原色だった表紙色がややくすんだ青に。

今回は象とヤマネの話。前巻までのインドゾウではなく老アフリカ象を軸に、動物園と老い、そして死について。

それにしても最近は単行本化が早い。ヤマネはこの前誌面掲載されたばかりではなかったか。まあそれだけ「直しの必要がない」作家ということなんだろう。

[]『もっけ(8)』 『もっけ(8)』 - 芹沢蔵書目録 を含むブックマーク はてなブックマーク - 『もっけ(8)』 - 芹沢蔵書目録 『もっけ(8)』 - 芹沢蔵書目録 のブックマークコメント

もう8巻か。結構長く続いてるな。

嫌な感じの人間関係。本作では「物の怪」が実在するわけだが、その立場はあくまで「得体の知れぬ何か」であり、物語の中心を担うキャラクターなどではない。物語を駆動するギミックではあるものの、主眼は少女の成長に置かれているようだ。

ホラーでもサスペンスでもない、しかし明るくもない。軽めな画風ながら雰囲気はやや陰鬱さを漂わせる、総体として落ち着いた作品。

もっけ(8) (アフタヌーンKC)

もっけ(8) (アフタヌーンKC)

トラックバック - http://book.g.hatena.ne.jp/DocSeri/20080828