芹沢蔵書目録 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2008-05-07

[]『大奥(1〜3、以下続刊)』 『大奥(1〜3、以下続刊)』 - 芹沢蔵書目録 を含むブックマーク はてなブックマーク - 『大奥(1〜3、以下続刊)』 - 芹沢蔵書目録 『大奥(1〜3、以下続刊)』 - 芹沢蔵書目録 のブックマークコメント

大奥 (第1巻) (JETS COMICS (4301))

大奥 (第1巻) (JETS COMICS (4301))

話題になっていることだけは知っていたのだが掲載誌との接触もなければ普段読むようなこともない作家なので(だってゲイものばっかりだし)未読だったわけだが。

これは実に優れた歴史改変漫画であった。


「赤面疱瘡」(という架空の伝染病)により若い男性の死亡率が激増したのが江戸時代初期。男性は貴重な存在となり、労働は女性が代わって行なうようになった男女逆転の世界に於いて、つまり大奥とは「一妻多夫」の後宮である。

1巻ではその特殊世界の描写を中心に短かいストーリーを完結させつつ、この状況の成立期へと話を繋ぐ。2巻以降は三代将軍家光の代、赤面疱瘡の流行直後から大奥の変貌を描く。

基本的に改変されているのは伝染病の存在とそれに伴う社会構造の変化のみであるが、歴史的な政策や大奥の特殊構造についてもきちんと説得力のある理由を付けている点が素晴らしい。


これ多分絶対作者が酒の席で馬鹿話として「逆ハーレムが成立する状況」について話し合ううちに生み落とされたのではないかと思うのだが、この圧倒的な仕上がりようはストーリーテラーとしての手腕と、時代劇好きの血に違いない。

[]『エマ(10)』 『エマ(10)』 - 芹沢蔵書目録 を含むブックマーク はてなブックマーク - 『エマ(10)』 - 芹沢蔵書目録 『エマ(10)』 - 芹沢蔵書目録 のブックマークコメント

エマ 10巻 (BEAM COMIX)

エマ 10巻 (BEAM COMIX)

後半を占めるエマの結婚式にて完結。ある意味、いくらでも書き続けられそうな作品だけに惜しくもある。まあシャーリーも続きの予定がありそうだから良しとするか。

巻末に次回作アンケート、断然「海底300哩」!

トラックバック - http://book.g.hatena.ne.jp/DocSeri/20080507