芹沢蔵書目録 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2007-09-26

[]『フォーチュン+ブリゲイド』 『フォーチュン+ブリゲイド』 - 芹沢蔵書目録 を含むブックマーク はてなブックマーク - 『フォーチュン+ブリゲイド』 - 芹沢蔵書目録 『フォーチュン+ブリゲイド』 - 芹沢蔵書目録 のブックマークコメント

フォーチュン+ブリゲイド 1 (バーズコミックス)

フォーチュン+ブリゲイド 1 (バーズコミックス)

d:id:mantovajin氏によるロボットもの戦争漫画。

いつの時代、どこの世界なのかはよく判らない。服装や一般工業デザインは大戦期のヨーロッパを思わせる、けれども主砲弾にAPFSDSを採用した人型歩行兵器を製造するほどの軍事技術を有してもいる。


作中ではまだ詳しく語られていないが、ここにいても、よい理由 - 天翔けるマントヴァ人改によればこの世界にはナノマシンによる局地的/突発的な磁力障害が存在し、これが電子装置の信頼性を著しく損なっているようだ。つまり、かつてはナノマシン製造までの技術を誇ったものが現在は精々人型兵器程度までに落ちぶれたと見るべきか。


不必要に騎士的装飾が施されている以外の点では、この主戦闘騎兵-----ストリドヴァンゲンは極めて兵器らしい無骨さで描かれているし、オッサン連中の骨太さも魅力的だ。なにより描き手が軍事マニアで戦争を楽しんで苦しそうに書くのが良い。

ただ、正直そんな中で主役2人だけが絵柄的に浮いている感は否めない。まわりがおっさんだけに……


軍事好きの人は、まず御本人の日記での解説から読まれることをお薦めする。

で、これが気に入った人は是非、以下の小説もどうぞ。

[]『大東京トイボックス(2)』 『大東京トイボックス(2)』 - 芹沢蔵書目録 を含むブックマーク はてなブックマーク - 『大東京トイボックス(2)』 - 芹沢蔵書目録 『大東京トイボックス(2)』 - 芹沢蔵書目録 のブックマークコメント

大東京トイボックス(2) (バーズコミックス)

大東京トイボックス(2) (バーズコミックス)

刮目せよ!熱い東京トイボックスの復活である。

1巻では正直、新キャラ登場&スタジオG3の現状説明に留まった感があったが、2巻では素晴らしい「魂」をしかと見せつけてくれる。

ただし……今回は前作のように「魂」を連呼する熱さはない。代わりに、熾火の如くじっくりと徐々に加熱してくる。


今回は新たな「敵」が登場する。そしてこれまでの敵が、味方として一味違った貌を見せる。MMGの須田は、仙水は一体何を考えているのか。

トラックバック - http://book.g.hatena.ne.jp/DocSeri/20070926

2007-09-22

[]『カルドセプト(6)』 『カルドセプト(6)』 - 芹沢蔵書目録 を含むブックマーク はてなブックマーク - 『カルドセプト(6)』 - 芹沢蔵書目録 『カルドセプト(6)』 - 芹沢蔵書目録 のブックマークコメント

Culdcept 6 (マガジンZコミックス)

Culdcept 6 (マガジンZコミックス)

ついに黒のセプターと全面対決。見所はミ=ゴールと騎士。

本当に力量のある漫画家だと思う。画力だけならもっと上も沢山いるだろう、けれどもストーリーテラーとしてこれを上回る作家がどれだけいるか。

なんでこの人、他に作品がないんだ。

[]『もっけ(7)』 『もっけ(7)』 - 芹沢蔵書目録 を含むブックマーク はてなブックマーク - 『もっけ(7)』 - 芹沢蔵書目録 『もっけ(7)』 - 芹沢蔵書目録 のブックマークコメント

もっけ(7) (アフタヌーンKC)

もっけ(7) (アフタヌーンKC)

短編読み切り方式なので1巻ごとに言うべきことはあまりないのだが、姉妹の成長に伴い徐々に能天気さが薄れ、重い話が増えてきたようだ。

[]『パノラマデリュージョン(2)』 『パノラマデリュージョン(2)』 - 芹沢蔵書目録 を含むブックマーク はてなブックマーク - 『パノラマデリュージョン(2)』 - 芹沢蔵書目録 『パノラマデリュージョン(2)』 - 芹沢蔵書目録 のブックマークコメント

パノラマデリュージョン 2 (アフタヌーンKC)

パノラマデリュージョン 2 (アフタヌーンKC)

2巻にして早くも急展開。中核に新キャラを投入しているから、すぐに収束ということはないと思うけれど、元々あまり長く引っ張るのが得意そうな人でもない。

妄想 妄想 - 芹沢蔵書目録 を含むブックマーク はてなブックマーク - 妄想 - 芹沢蔵書目録 妄想 - 芹沢蔵書目録 のブックマークコメント

「吾ら人間が百万と二千年もの繁栄をただ安穏と享受せしと思うたか!

害なす存在をすべて討ち滅ぼし、環境さえも創り変える!

神をも恐れぬ覚悟あっての繁栄よ!


滅びゆく種族風情が人間に刃向かおうとは、傍ら痛いわ!」

……ミ=ゴール出現シーンを見てて、そんなことを考えた。

トラックバック - http://book.g.hatena.ne.jp/DocSeri/20070922

2007-09-09

[]『チョコレートコスモス』 『チョコレートコスモス』 - 芹沢蔵書目録 を含むブックマーク はてなブックマーク - 『チョコレートコスモス』 - 芹沢蔵書目録 『チョコレートコスモス』 - 芹沢蔵書目録 のブックマークコメント

チョコレートコスモス

チョコレートコスモス

演劇を題材とした作品である。

恩田陸はデビュー作『六番目の小夜子』でも演劇を扱っているほか、映画を題材としたものや脚本風な作も発表していた(ような気がする)。詳しい来歴は知らないが、学生時代に演劇に関わっていたのかも知れない。


ところで恩田は非常に緊張感と不安感の描写が巧みな作家であり、ミステリ/ホラー方面に強いことで知られるのだが、本作でもその力量は如何なく発揮される。変則的な演出による役者同士の緊張感や変則的な演出による観客の不安感……それを伝えるものとして。

サスペンスでも何でもないのに、この緊張感は何だ。読んでいてある種不快感すら覚える(そしてそのことに快感を感じる)不思議な感覚。

[]*『カルバニア物語(11)』 *『カルバニア物語(11)』 - 芹沢蔵書目録 を含むブックマーク はてなブックマーク - *『カルバニア物語(11)』 - 芹沢蔵書目録 *『カルバニア物語(11)』 - 芹沢蔵書目録 のブックマークコメント

カルバニア物語 (11) (キャラコミックス)

カルバニア物語 (11) (キャラコミックス)

とうとう新公爵に即位するエキュー、結婚を控えた前公爵カイル。

……なのに話の中心はむしろ黒髪の熟女という変な構成。

元々、男勝りで男尊女卑の風潮をひっくり返して見せる「強い女」の話ではあるのだが、最近とみに女性が強い。それも周囲の女性が。

エキューのように、ある種男性的な強さではなく、女性としての強さ、したたかさ。

これはこれで、小気味よい話だ。

[]『宗像教授異考録(6)』 『宗像教授異考録(6)』 - 芹沢蔵書目録 を含むブックマーク はてなブックマーク - 『宗像教授異考録(6)』 - 芹沢蔵書目録 『宗像教授異考録(6)』 - 芹沢蔵書目録 のブックマークコメント

宗像教授異考録 第6集 (ビッグコミックススペシャル)

宗像教授異考録 第6集 (ビッグコミックススペシャル)

今回は星に纏わる話。環太平洋の民話に伝わる渾天説を中心に浦島太郎や輝夜姫を読み解く。

前作である『宗像教授伝奇考』は民俗学/考古学漫画の傑作だが、ややSF漫画家としての発想が残留しており、巨人が出現するなどリアリティを欠く部分が見え隠れした。しかし本シリーズは完全に民俗/考古に特化しており、その説得力は比類なく高まっている。

[]『今日の早川さん』 『今日の早川さん』 - 芹沢蔵書目録 を含むブックマーク はてなブックマーク - 『今日の早川さん』 - 芹沢蔵書目録 『今日の早川さん』 - 芹沢蔵書目録 のブックマークコメント

今日の早川さん

今日の早川さん

g:horror:id:COCO氏によるWeb4コマを書籍化。全部読んでいるので今更ではあるのだが、応援半分、書き下ろし期待半分で。


そう言えばこの作品を知ったのは確か魚蹴さんとこで言及されてた異形の群れシリーズからだったようが気がする。現実世界ではなかなか接点のない濃い人達に軽々しくアクセスできるのがネットの良いところ。

トラックバック - http://book.g.hatena.ne.jp/DocSeri/20070909