芹沢蔵書目録 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2004-08-20

[]『沈夫人の料理人(2) 『沈夫人の料理人(2) - 芹沢蔵書目録 を含むブックマーク はてなブックマーク - 『沈夫人の料理人(2) - 芹沢蔵書目録 『沈夫人の料理人(2) - 芹沢蔵書目録 のブックマークコメント

沈夫人の料理人 2 (ビッグコミックス)

沈夫人の料理人 2 (ビッグコミックス)

奥様を慕う気の小さい料理人「李三」と、旨い料理と李三虐めが何より好きな奥様のSM料理漫画。

筋と言えば毎回毎回奥様が李三に難癖を付けて困らせ、その度に李三はご機嫌を伺おうと美味しい料理を作るという、只それだけのものなのだが、その「それだけ」に矢鱈とヴァリエーションがあることと、料理及びレシピの描写に力が入っていること、この2点により面白い漫画として成立する。

[]『虚数霊(1)』 『虚数霊(1)』 - 芹沢蔵書目録 を含むブックマーク はてなブックマーク - 『虚数霊(1)』 - 芹沢蔵書目録 『虚数霊(1)』 - 芹沢蔵書目録 のブックマークコメント

虚数霊 1 (バーズコミックス)

虚数霊 1 (バーズコミックス)

富士見ドラゴンコミックの「Ringlet」以来ファンになった漫画家であるが、悲しいことに極めて寡作で、知る限りこれが3冊目である。

富士山の大噴火により首都圏が壊滅して後の世界。霊現象は「物に込められた人の想い」として説明され、虚数により表される*1

古物の価値は美術的価値以外に、そこに込められた想いで判断される。即ち備品でも「悪霊憑き」は敬遠されるというわけだ。

1話読み切り構成ながらあちこちに伏線を鏤めており、続きが期待される。

[]『ストーム・ブリング・ワールド カルドセプト創伝(1)星の降る都市』 『ストーム・ブリング・ワールド カルドセプト創伝(1)星の降る都市』 - 芹沢蔵書目録 を含むブックマーク はてなブックマーク - 『ストーム・ブリング・ワールド カルドセプト創伝(1)星の降る都市』 - 芹沢蔵書目録 『ストーム・ブリング・ワールド カルドセプト創伝(1)星の降る都市』 - 芹沢蔵書目録 のブックマークコメント

カルドセプトのノヴェライズ。と言っても原作のベタベタなストーリーを小説に書き起こしたようなものではなく、世界設定を概ね引き継いでオリジナルを書いたもの。創世の女神カルドラはそのままだが抑制神/反逆神バルテアスはバルテースに、4大精霊を司る神に至っては全く違う名になっている。まあ単にここがリュエードではない別の神の作りし世界であると考えれば、そう不自然でもないのだが。

ライトノベルを読んだのは久しぶりで、ちょっとした文体や些か誇張されたキャラ描写に戸惑いはするものの、なかなか楽しめる。元のゲームを知っているだけに、解釈に新鮮さを感じつつももどかしく思ったりする。カードの出現頻度について何故かレアが抜けているとか、パラメーターで見ればこの戦闘結果は違っているはずだ、とか。むしろ原作を知らない人の方が魔法の概念などを楽しめるかも知れない。

2巻は取り寄せなので読めるのは少し先になる。で多分1巻でこのペースだと2巻でも完結していないと思うのだけれど、続きはいつ書くんですか冲方センセ。

*1:実はこの設定、作中で「皆川ゆか」なるライトノベル作家の作中で初めて提唱された、とあるのだが、まさかこれが実在の作品とは思わなかった

トラックバック - http://book.g.hatena.ne.jp/DocSeri/20040820